中国棋院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中国棋院
各種表記
繁体字 中國棋院
簡体字 中国棋院
拼音 Zhōngguó Qíyuàn
注音符号 ㄓㄨㄥ ㄍㄨㄛˊ ㄑ|ˊ ㄩㄢˋ
英文 China Qiyuan
テンプレートを表示

中国棋院(ちゅうごくきいん、簡体字:中国棋院)は、中華人民共和国の中国全国体育総会の下部組織で、中国の棋類(棋牌)に分類されるボードゲームを管轄している団体。囲碁シャンチー(象棋)、チェス(国際象棋)、連珠(五子棋)、ブリッジ(桥牌)、麻雀麻将)などを実施。1992年に設立。プロやアマチュアの大会の開催、棋士の育成などを行っている。

各地方を統括するための同種の組織として、上海棋院、成都棋院などがある。

組織[編集]

国家体育総局の事業機関に位置づけられる。

初代院長には囲碁の名棋士である陳祖徳が就任。陳は健康上の理由から2003年に退任し、続いてやはり囲碁棋士で副院長であった王汝南華以剛が院長を歴任、それぞれ60歳定年で退任、4代院長には国家体育総局棋牌運動センター主任の劉思明が就任。内部組織としては、囲棋部、象棋部、国際象棋部などがある。

歴代院長

  1. 1992-2003 陳祖徳
  2. 2003-2007 王汝南
  3. 2007-2009 華以剛
  4. 2009- 劉思明

各競技の棋士は、それぞれ中国囲棋協会、中国チェス協会、中国象棋協会、中国ブリッジ協会などに所属している。

棋士ランキング[編集]

1997年から、囲碁、チェス、シャンチー、ブリッジの棋士の成績に応じた点数制によるランキングを制定し、毎年4月、8月、12月の3回発表している。

その他[編集]

  • ヒカルの碁』主人公・進藤の日本棋院院生時代からの友人・伊角が中国棋院に滞在するエピソードがあり(単行本16巻)、中国全土から中国棋院に集められた有望若手棋士達が囲碁の研鑽に励む姿が描かれている。そのレベルは非常に高いものである。
  • 本部は北京の天壇公園のすぐ近くに位置しており、新館、旧館2つのビルからなる。旧館には日中友好の一環として日本の援助の元に建てられ、日本から輸入された建材が多く使われている。また、新館には対局室、貴賓用対局室、宿泊施設があり、2008年に大幅に改修された。
  • 2年に一度、韓国棋院と持ち回りで世界囲碁選手権富士通杯の準々決勝の会場となっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]