西南王戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

玉渓杯西南王戦(玉渓杯西南王战)は、中国囲碁棋戦。2002年から開始。中国の南西地区、雲南貴州重慶四川棋士が参加する。

  • 主催 中国棋院、成都棋院
  • 協賛 紅塔集団
  • 優勝賞金 (-10期)5万元、(11期-)8万元

かつて「西南王」は、現成都棋院副院長宋雪林の呼び名であり、毎年成都で開催される。棋戦名の玉渓は、紅塔集団のブランド名からとったもの。

方式[編集]

  • 中国囲棋甲級リーグ戦の雲南、貴州、重慶、四川の4チームからの12名と、招待選手4名の計16名によるトーナメント戦。決勝は一番勝負。
  • コミは7.5目。
  • 持時間は1手30秒、考慮時間10分。

第7期は、甲級リーグ四川チームで活躍した韓国李映九も招待で出場した。

優勝者と決勝戦[編集]

(左が勝者)

  1. 2002年 楊一 - 丁偉
  2. 2003年 古力 - 丁偉
  3. 2004年 周鶴洋 - 古力
  4. 2005年 王磊 - 朱元豪
  5. 2006年 王磊 - 王檄
  6. 2007年 古霊益 - 楊一
  7. 2008年 古霊益 - 李劫
  8. 2009年 古霊益 - 古力
  9. 2010年 王檄 - 朴文尭
  10. 2011年 古霊益 - 党毅飛
  11. 2012年 朴文尭 - 彭立尭
  12. 2013年 謝赫 - 古力

外部リンク[編集]