アレキサンダー・ディナーシュタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレキサンダー・ディナーシュタイン
各種表記
ハングル 디너스타인 알렉산더
発音: アレクサーンドル・グリゴーリエヴィチ・ディネルシュテイン
ローマ字 Alexandre Grigorievich Dinerchtein
テンプレートを表示

アレキサンダー・ディナーシュタイン: Александр Григорьевич Динерштейн1980年4月19日 - )[1]は、ロシア韓国囲碁棋士。ロシア出身、韓国棋院所属、三段。スベトラーナ・シックシナとともに、ロシア人としては初めての囲碁のプロ棋士。ヨーロッパチャンピオン7回など。

経歴[編集]

カザン生まれ。6歳の時に父からチェスと囲碁を学ぶが、のち囲碁にのめり込むようになる。1996年に韓国棋院に研修生として招待されて囲碁学校に入り、朴永訓などとともに学ぶ。1999年にヨーロッパ碁コングレストーナメントで優勝、以後ヨーロッパチャンピオン7回。また応昌期杯ヨーロッパ大会、ヨーロッパ囲碁王座、欧州マスターズなどで優勝。2000年に全国アマ最強戦準優勝。2002年に韓国棋院で初段に推薦される。同年トヨタ&デンソー杯囲碁世界王座戦、LG杯世界棋王戦に欧州代表として出場。その後も応昌期杯、富士通杯などの世界選手権に出場。2004年にはLG杯1回戦で王立誠を破る星を挙げた。2008年に三段特別昇段。第1回ワールドマインドスポーツゲームズでは男子団体戦のロシアチームで出場、予選リーグでチーム成績、個人成績とも4勝3敗。

国際棋戦出場歴[編集]

[編集]

  1. ^ 名前表記は『2009年版 囲碁年鑑』(日本棋院、2009年)による。

外部リンク[編集]