名曲喫茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

名曲喫茶(めいきょくきっさ)とは、普通の喫茶店カフェとは異なりコーヒー紅茶をはじめとする飲み物を供するだけではなくクラシック音楽を音響装置によってお客に聴かせる場所である。しかし、イージーリスニング的にクラシック音楽を喫茶店で流していればそれが名曲喫茶になるのか? と言われると難しいところがあるが、この喫茶店は自分が流して欲しいクラシック音楽の曲目、及び演奏者のリクエストに応じてくれる特色がある。また、店によっては生演奏をするところもある。これに近いものに、ジャズ喫茶歌声喫茶等がある。

流行の背景[編集]

この喫茶店が登場・浸透し出したのは、クラシックレコードが高くて個人では購入できなかった時代(1950年代~1960年代頃まで)で、全盛期の1960年代以降は急減、現在では滅多に見かけなくなってしまった。

ブームのきっかけとして、海外の雑誌が新宿の名曲喫茶「風月堂」を「若き芸術家の卵達が集う日本のグリニッジ・ヴィレッジ」と東京の裏観光スポットの如くもてはやし、それを読んだ海外からのバックパッカーが大挙して訪れる様になったことがあげられる。当時はまだ珍しかった欧米系外国人が多数店内に滞在する事で、急激にイメージが好転したのである。また、元々常連客層だった作家芸術家舞台俳優などへの憧れで、クラシック自体に特別の興味はなくともサブカルチャー感覚で来店する客が増え、この事からも(後年も名曲喫茶の代表的存在として語り継がれる)同店が時の文化の象徴として祭り上げられていく。

やがて60年代後半に入ると、カウンターカルチャー系の学識人・芸術家を通して学生運動家・右翼学生・ヒッピーが集い、果てはシンナー中毒に耽る不良が自分を高める(様に錯覚させてくれる)場所、或いは単なる流行の追っかけや異性とのデート先として変容していった。この有様を嘆いた風月堂経営者により1973年8月に閉店している。更に各地の名曲喫茶全般の衰退背景としては、誰もが簡単に安価な家庭用オーディオ機器・レコードで手軽に高音質のクラシック音楽を家に居ながらにして聴く事が出来る様になっていった事も挙げられる。

しかし近年、独特の静かな雰囲気で集中できる場所として再評価され、そこで仕事をする人や読書をする人からの支持、はては昨今のクラシックブーム・癒しブーム・昭和ノスタルジーブーム・清貧ブーム・ロハスブームの影響により、見直されつつある。大概の名曲喫茶は店舗建造物も古く、ある程度は創業の歴史が長い事が伺い知れる(但し、例外もあり得る)ゆえ、珈琲好きの客が店の珈琲を淹れる技術の熟練度が高い事を期待して好んで来店するという傾向も時代の追い風になっている。

音響装置[編集]

音響装置は店によってこだわっているところもあり、高価なオーディオ機器を置いている店も珍しくない。普通の喫茶店ではBGMとして音楽を流しているのだが名曲喫茶に於いては音質重視という店が多い故、おしゃべり禁止、書き物禁止といったルールを課している名曲喫茶も見られる。再生するメディアもコンパクトディスク(CD)が主流となっている現代に敢えてレコード(LP盤)を使用している店も見られる。

「名曲喫茶」の名を冠したCD[編集]

  • 『名曲喫茶のクラシック~懐かしのクラシック小品集』 発売元:コロムビアミュージックエンタテインメント(2003年10月発売)
  • 『続・名曲喫茶のクラシック』 発売元:コロムビアミュージックエンタテインメント(2004年10月発売)

外部リンク[編集]