原子力砕氷船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

原子力砕氷船(げんしりょくさいひょうせん)は、原子力機関を動力とする砕氷船原子力船の一つ。

概要[編集]

ロシアの原子力砕氷船ヤマール号
ロシアの原子力砕氷コンテナ船セブモルプーチ号

原子力機関は、高い出力を長時間にわたり引き出せるという点では、砕氷船に理想的な動力である。そのため、原子力船の草創期から砕氷船の建造が試みられてきた。特に、北極海に面した長大な海岸線を持ち、冬期間海氷に閉ざされるシベリア開発を進めてきたソビエト連邦にとっては必要不可欠とされ、1957年には世界初の原子力砕氷艦(船)レーニンが建造されている。その後も、北極海航路の確保を目的としたソビエト連邦による原子力砕氷船の建造は続いたが、軍艦(原子力空母原子力潜水艦)以外の民間原子力船が商業ベースにのらず、事実上失敗したことから、他国で建造されることはなかった。2000年までに、世界で建造された原子力砕氷船(艦)8隻、原子力砕氷コンテナ船1隻は、全てソビエト連邦及びロシアの手によるものである[1]

代表的な砕氷船[編集]

  • レーニン : 世界初の原子力砕氷艦であるとともに、世界初の原子力事故を起こした砕氷艦。
  • アルクチカ : 1977年、水上艦として初めて北極点へ到達[2]
  • セブモルプーチ : 1986年に建造された世界初の原子力砕氷コンテナ船。他の船は、電動モーター駆動推進船であるが、セブモルプーチだけはタービン推進船である。

出典[編集]

  1. ^ ロシアにおける原子力船の開発原子力百科事典ATOMICA
  2. ^ 氷海工学第5章砕氷船野澤和男『氷海工学』成山堂書店出版

関連項目[編集]