包括政党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

包括政党(ほうかつせいとう、:catch-all party, もしくはbig tentとも)は、特定の階級に限定せず、幅広い階層からの支持を獲得するために、多岐にわたる理念と総花的な政策を掲げた政党大衆政党国民政党と類似するが、前者が複数政党制政権交代が存在することを前提とするのに対し、この状態が成立した場合はその包括性ゆえに政権交代そのものが起きにくくなるなど、一党制の国家政党でも成立しうる余地はある。

概要[編集]

19世紀の政党は特定の名望家によって構成され、都市と地方間など特定の利害のために動くことが多かった。普通選挙によって農民や労働者にも選挙権が与えられると、彼らの階級を代表する政党が形成されるようになり、利害対立は一層激化して、やがてその中で社会的な不満を抱く層と結びついたファシズムが政権を掌握する隙間を生むことになった。

これに対して、大衆民主主義の中で特定の階級のみを支持基盤とするのではなく、全市民の共通する利益の獲得を目指す基本政策を軸に据え、さらに個々の階級の利害に則した政策を付加していくことで、全ての階層の支持を得ていこうとする考え方が生まれた。しかも、それが「特定の社会階級を超えて幅広い国民の支持を得る」だけにとどまらず、イデオロギーの左右さえも問わず、全階級・全階層のあらゆる国民から支持される政党をめざした。これは、政党間の競争がある多党制よりも一党優位政党制ヘゲモニー政党制に親和性のある考え方であり、全て民主主義志向の政党であるとは言い切れない。これが包括政党である。

主な包括政党[編集]

日本[編集]

その他の国[編集]

関連項目[編集]