出戸駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
出戸駅
3号出入口
3号出入口
でと - Deto
T33 喜連瓜破 (1.3km)
(1.2km) 長原 T35
所在地 大阪市平野区長吉長原西1丁目
駅番号  T34 
所属事業者 大阪市交通局大阪市営地下鉄
所属路線 谷町線
キロ程 25.9km(大日起点)
駅構造 地下駅
ホーム 島式 1面2線
乗降人員
-統計年度-
15,089人/日
-2012年-
開業年月日 1980年(昭和55年)11月27日
改札口
ホーム

出戸駅(でとえき)は、大阪市平野区長吉長原西1丁目1-10にある大阪市営地下鉄谷町線。駅番号はT34。谷町線延伸工事期間中の仮称駅名は長吉駅(ながよしえき)とされていたが、「長吉出戸」の地名が駅の北に存在するため、出戸駅となった。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地下駅。改札口は1ヶ所のみ。後述の出戸バスターミナルに直結する出入口が設けられている。また、5号出入口はダイエー長吉店ビルにつながっている。 トイレは改札内のみ。

のりば[編集]

出戸駅プラットホーム
ホーム 路線 行先
1 谷町線 八尾南方面
2 谷町線 平野天王寺天満橋東梅田大日方面

利用状況[編集]

2012年11月13日に実施された調査の結果によると、乗車人員は7,543人、降車人員は7,546人で、両者を合わせた乗降人員は15,089人であった[1]

年度別利用状況(大阪府統計年鑑より)
年度 乗車人員(人/日) 降車人員(人/日) 乗降人員(人/日)
1990年(平成2年) 8,408 8,186 16,594
1995年(平成7年) 8,186 7,743 15,929
1998年(平成10年) 7,679 7,129 14,808
2007年(平成19年) 7,625 7,501 15,126
2008年(平成20年) 7,659 7,598 15,257
2009年(平成21年) 7,520 7,487 15,007
2010年(平成22年) 7,213 7,154 14,367
2011年(平成23年) 7,514 7,480 14,994
2012年(平成24年) 7,543 7,546 15,089

駅周辺[編集]

長居公園通に沿う。付近は市営住宅が多い。

駅の真上を阪和貨物線が通っていた。

バス[編集]

最寄り停留所は、大阪市交通局のバスターミナルである出戸バスターミナル地下鉄出戸となる。以下の路線がそれぞれ乗り入れている。

出戸バスターミナル

大阪市交通局のバス路線が乗り入れている。当ターミナルは、出戸駅の2号出入口につながっている。2号出入口は2012年5月7日から閉鎖され、2013年12月20日にエレベーターの供用を開始した。1998年10月の調査結果では、1日の乗車人員(平日)は3766人である。これは、大阪市営バスの停留所中、9位である。

1番のりば
  • 61A号系統(循環)長吉小学校前経由 長吉六反行
  • 61B号系統(循環)西出戸経由 長吉六反行
  • 61C号系統(循環)長吉小学校前経由 長吉六反・クラフトパーク行
  • 61D号系統(循環)西出戸経由 クラフトパーク・長吉六反行
  • 9号系統 加美南二丁目・平野西口経由 平野区役所前行
2番のりば
3番のりば
4番のりば
  • 4号系統 地下鉄喜連瓜破・地下鉄長居経由 地下鉄住之江公園行
  • 14号系統 地下鉄喜連瓜破経由 高野大橋行
5番のりば

地下鉄出戸

出戸バスターミナル発の系統のうち、2・16・33・61A・61C号系統が発着。

歴史[編集]

  • 1980年昭和55年)11月27日 - 谷町線天王寺~八尾南間延伸時に開業。
  • 1989年平成元年) - 当駅と出戸バスターミナルにバス・地下鉄乗継案内システムを設置。

備考[編集]

当駅は駅名が平仮名で2文字であるが、これは大阪市営地下鉄の中でニュートラムを含めても当駅が唯一である。よって平仮名表記における大阪市営地下鉄の中で最も駅名が短い(文字数が少ない)駅である。英字表記の4文字も大阪市営地下鉄の中では最も少ない文字数だが、中央線九条駅も同じく4文字である。

隣の駅[編集]

大阪市営地下鉄
谷町線
喜連瓜破駅 (T33) - 出戸駅 (T34) - 長原駅 (T35)
  • ()内は駅番号を示す。

脚注[編集]

  1. ^ 路線別駅別乗降人員 2012年11月13日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]