関目高殿駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
関目高殿駅*
関目高殿駅改札口(2005年9月)
関目高殿駅改札口(2005年9月)
せきめたかどの - Sekime-Takadono
T14 千林大宮 (1.1km)
(0.8km) 野江内代 T16
所在地 大阪府大阪市旭区高殿4丁目
駅番号  T15 
所属事業者 大阪市交通局大阪市営地下鉄
所属路線 谷町線
キロ程 5.1km(大日起点)
駅構造 地下駅
ホーム 島式 1面2線
乗降人員
-統計年度-
13,807人/日
-2013年-
開業年月日 1977年(昭和52年)4月6日
備考 * 1997年 関目駅より改称。

関目高殿駅(せきめたかどのえき)は、大阪府大阪市旭区にある大阪市営地下鉄谷町線。駅番号はT15

駅構造[編集]

島式1面2線の地下駅である。改札口は1ヶ所のみ。

出入口は5ヶ所あり、大日寄りに1~4号出入口、東梅田寄りに5号出入口がある。

また、今里筋線の関目成育駅とは乗り換え駅ではない。今里筋線とは太子橋今市駅で乗り換えを行う。詳細は外部リンク先参照のこと。

のりば[編集]

関目高殿駅プラットホーム
ホーム 路線 行先
1 谷町線 東梅田天王寺平野八尾南方面
2 谷町線 守口大日方面

利用状況[編集]

2013年11月19日の1日乗降人員13,807人(乗車人員:6,999人、降車人員:6,808人)である[1]

年度別利用状況(大阪府統計年鑑より)
年度 調査日 乗車人員 降車人員 乗降人員
1990年(平成02年) 11月06日 8,970 8,637 17,607
1995年(平成07年) [2]02月15日 8,258 8,212 16,470
1998年(平成10年) 11月10日 7,474 7,596 15,070
2007年(平成19年) 11月13日 7,448 7,075 14,523
2008年(平成20年) 11月11日 7,346 7,010 14,356
2009年(平成21年) 11月10日 7,302 6,947 14,249
2010年(平成22年) 11月09日 7,037 6,706 13,743
2011年(平成23年) 11月08日 6,884 6,639 13,523
2012年(平成24年) 11月13日 6,864 6,630 13,494
2013年(平成25年) 11月19日 6,999 6,808 13,807

駅周辺[編集]

商業施設[編集]

公共施設[編集]

その他[編集]

バス[編集]

大阪市営バスが運行しており、停留所名は高殿

歴史[編集]

  • 1977年昭和52年)4月6日: 谷町線都島 - 守口間延伸時に関目駅として開業。地元自治会の要請により、のちに関目(高殿)駅と表記されるようになる。なお、車内の自動アナウンスは「次は関目高殿、関目高殿でございます」と読まれ、谷町線のもう一つの括弧つきの駅名であった四天王寺前(夕陽ヶ丘)駅(自動アナウンスは「次は四天王寺前夕陽ヶ丘、四天王寺前夕陽ヶ丘でございます」)同様、括弧内の「高殿」もアナウンスされた。
  • 1997年平成9年)8月29日関目高殿駅(高殿の括弧くくり外す)に改称。
※「関目」は城東区側、「高殿」は旭区側の地名である。当駅は両区の境界となっている道路の下にあるが、当駅の公式の所在地は旭区高殿となっている。

隣の駅[編集]

大阪市営地下鉄
谷町線
千林大宮駅 (T14) - 関目高殿駅 (T15) - 野江内代駅 (T16)
  • ()内は駅番号を示す。

脚注[編集]

  1. ^ 路線別駅別乗降人員 - 大阪市交通局(2013年11月19日調査、2014年4月8日閲覧)
  2. ^ 1996年に行われた調査であるが、会計年度上は1995年度となる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]