玉出駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
玉出駅
5号出口(2008年7月)
5号出口(2008年7月)
たまで - Tamade
Y18 岸里 (1.3km)
(1.1km) 北加賀屋 Y20
所在地 大阪市住之江区粉浜西一丁目
駅番号  Y19 
所属事業者 大阪市交通局大阪市営地下鉄
所属路線 四つ橋線
キロ程 9.0km(西梅田駅起点)
駅構造 地下駅
ホーム 島式 1面2線
乗降人員
-統計年度-
20,344人/日
-2012年-
開業年月日 1958年昭和33年)5月31日

玉出駅(たまでえき)は、大阪府大阪市西成区および住之江区の境界にある大阪市営地下鉄四つ橋線。駅の住所は住之江区粉浜西一丁目1-1となっているが、駅施設の大半は西成区側にある。駅番号はY19

駅構造[編集]

島式1面2線ホームの地下駅である。西梅田側には渡り線がある。改札口は南北1ヶ所ずつ設けられている。 北口に1号出入口(国道26号線東側のみ出入口があり、西側にはない)、南口には玉出交差点北東角に2号、南東角に3号(エレベーターもあり)、南西角に4号、北西角に5号の各出入口がある。 北側にはエスカレーター、エレベーターは一切ない。

のりば[編集]

玉出駅プラットホーム
ホーム 路線 行先
1 四つ橋線 住之江公園方面
2 四つ橋線 大国町なんば西梅田方面

2012年11月13日に実施された調査の結果によると、乗車人員は10,364人、降車人員は9,980人で、両者を合わせた乗降人員は20,344人であった[1]

年度別利用状況(大阪府統計年鑑より)
年度 乗車人員(人/日) 降車人員(人/日) 乗降人員(人/日)
1990年(平成2年) 13,198 12,626 25,824
1995年(平成7年) 11,254 10,659 21,913
1998年(平成10年) 11,059 11,020 22,079
2007年(平成19年) 10,940 10,359 21,299
2008年(平成20年) 10,846 10,274 21,120
2009年(平成21年) 10,529 10,018 20,547
2010年(平成22年) 10,398 9,863 20,261
2011年(平成23年) 10,490 10,083 20,573
2012年(平成24年) 10,364 9,980 20,344

駅周辺[編集]

駅の北側の一帯が玉出、南側の一帯が粉浜となる。

社寺
教育
医療
金融・公共機関
企業
商業施設
交通

バス[編集]

最寄り停留所は、地下鉄玉出となる。以下の路線が乗り入れ、大阪市交通局により運行されている。

歴史[編集]

  • 1958年(昭和33年)5月31日 3号線(現在の四つ橋線)の岸里~当駅間延伸時に開業。当初は南の終着駅であった。
  • 1972年(昭和47年)11月9日 四つ橋線が住之江公園まで延伸、途中駅となる。

ホームの柱[編集]

ホーム中央の柱には遠心力鋳鋼管が使われている。遠心力鋳鋼管をホームの柱として使用したのは、この駅が日本初である。この駅をきっかけにして、それまでの太い鉄筋コンクリート柱に代わり、細くて強い遠心力鋳鋼管による柱が主流となった。[2]

隣の駅[編集]

大阪市営地下鉄
四つ橋線
岸里駅 (Y18) - 玉出駅 (Y19) - 北加賀屋駅 (Y20)
  • ()内は駅番号を示す。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 路線別駅別乗降人員 2012年11月13日
  2. ^ 岩村潔 (1981). 大阪の地下鉄 : 発展を支えた遺風と建設技術開発. 日刊建設産業新聞社大阪支社. 

外部リンク[編集]