リューデスハイム・アム・ライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リューデスハイム・アム・ライン(Rüdesheim am Rhein)は、ユネスコ世界遺産であるライン渓谷中流上部にあるワイン醸造の町である。ドイツヘッセン州ダルムシュタット行政管区ラインガウ=タウヌス郡にある。公式の名称はリューデスハイム・アム・ライン(Rüdesheim am Rhein)であり、それによってリューデスハイム・アン・デア・ナーエ(Rüdesheim an der Nahe)と区別される。

歴史[編集]

この地域には、最初ケルト人が定住していたが、紀元後にはウビー族マッティアチ族が取って代わった。1世紀になるとローマ人タウヌスまで進出した。ローマ人はビンゲン・アム・ラインに砦を築き、その対岸、すなわち現在のリューデスハイム付近にはリーメスへ向かう道の途中に橋頭堡を築いた。その後、ローマ人はアラマンニ人に追われ、民族移動時代の到来とともにフランク人がやって来た。考古学の成果によれば、この頃のガラスが発見されているので、その頃からリューデスハイムではワイン造りが行われていた事が示唆される。フランク語のHaufendorf(「木立の村」といった意味)という町名は現代の地図にも載っている地名である。

リューデスハイムの名は1074年の文献に初めて登場する。その生計は主にワイン製造と筏による水運業によっていた。

1818年1月1日、リューデスハイムは町の権利を取得した。

プロイセンが1867年にナッサウ公国を併合して、その地域がいくつかの郡(kreis)に分割されると、リューデスハイムは新設されたラインガウ郡の郡庁所在地となった。その後、1977年に行われたヘッセン州の自治体再編の際にラインガウ郡はウンタータウヌス郡と合併してラインガウ=タウヌス郡となり、この時リューデスハイムは郡庁所在地の地位をバド=シュヴァルバッハに引き渡さねばならなかった。しかしながら、リューデスハイムの知名度は高いため、車のナンバープレートに表示される地名はRÜDのまま変更されなかった。

ニーダーヴァルト記念碑は1877年に建造がはじまり、1883年に完成した。この愛国的な記念碑は町を見下ろす高台にあり、完成当初はラック式鉄道を利用して多くの観光客が訪れたが、現在ではロープウェイによってこの高台まで上がる事が出来る。観光業は水運業に代わる収入源として成長しつつある。

1970年には、「Rudesheim liegt nicht an der Themse」(リューデスハイムはテムズ川にはない)と題したシングル曲がリリースされた。この曲はイギリスの歌手David Garrickによるもので、この曲は大ヒットした。

文化と観光[編集]

博物館[編集]

  • Siegfrieds Mechanisches Musikkabinett:自動演奏式楽器に関するドイツで最初の博物館である。展示面積は400 m2 以上。訪問者は自動演奏式楽器とそれが奏でる音楽の愉快な世界へ誘われる。静かな音楽時計から、重量1トンに及ぶオーケストリオンに至るまで、4つの世紀における音楽の歴史の断面を見て、聴く事が出来る。見所は自動演奏式弦楽器のユニークなコレクションである。例えば六つの弦楽器を自動演奏するHupfeld Phonoliszt Violina、Hupfeld Violina Orchestra (世界で唯一現存する本物である)、Poppers Violinovoなどがコレクションに含まれている。
  • Mittelalterliches Foltermuseum (“中世 拷問博物館”):多くの拷問器具が展示されている。
  • Asbach Distillery(Asbach 蒸留所)
  • Rheingauer Weinmuseum Brömserburg:リューデスハイム地域における1000年のワイン醸造の歴史を、世界遺産ライン渓谷中流上部において最も古い城であるBrömserburgにて展示してある。

建築物[編集]

  • ニーダーヴァルト記念碑 (1883年竣工)。
  • Ostein 家の ニーダーヴァルト景観公園(18世紀)
  • Drosselgasse(つぐみ横丁): Drosselgasse はリューデスハイムの古い街並みの心臓部にあり、美しく飾られたレストランや土産物屋などが立ち並んでいる144メートルの細い石畳の歩道である。夏場になると、この通りに沿って多くのワイン酒場や屋外の庭の酒場が店を出し、連日連夜金管楽器の生演奏とダンス音楽が演奏される。この通りは15世紀に建設された。当時のDrosselgasseは船主らが商品を街の家へ運び込む為の場所であった。この通りはリューデスハイムの中では最も有名な観光地であり、いつも旅行者で混み合っている。
  • Pfarrkirche St.Jakob (“聖ヤコブ教会”)(15世紀)
  • Burg Ehrenfels (アーレンフェルス城。荒城である)
  • Brömserburg:世界遺産ライン渓谷中流上部において最も古い城であり、ワイン博物館が併設されている。元々古代ローマの要塞があった場所に、10世紀になってこの城が建設された。10世紀から13世紀にかけて、この城はマインツ大司教が所有した。当初は城郭であったが、12世紀には住居に改装された。その後リューデスハイムの騎士らの管理下に置かれた。これらの騎士の一派が Brömser であった。1281年、この城をマインツ大司教 Werner II von Eppenstein が取り戻した。この城は多くの攻撃に耐えた。三十年戦争の間の1640年、Henri II d'Orleans, duc de Longueville が指揮するフランス軍によって塔の上部が破壊された。マインツ大司教はこの城を1803年に売却し、それ以降所有者は数回変わった。1941年にリューデスハイム町がこの城を買い取った。今日ではワイン博物館となっている。ここにはワイン搾り機のコレクションのほか、各種のワイン関係品が収められている。この城の壁は2メートル以上の厚みがあり、丸天井の塔の壁は1メートルある。元々この城はライン川の岸辺にあり、水に囲まれていた。
  • ネズミ塔(Binger Mäuseturm)(14世紀)
  • Eibingen Abbey(アイビンゲン大修道院)。アイビンゲンの中心部から離れた場所にある。
  • Hindenburgbrückeの残骸 (第二次世界大戦で破壊された橋)

ハイキング道[編集]

ヴィースバーデン から ラーンシュタインを経てボンへ至る「Rheinsteig」というハイキング道があり、リューデスハイム市街地や修道院・ニーダーヴァルト記念碑を通過している。別の道として「Riesling-Route」という道がある。この道はライン川沿いにリューデスハイムのワイン畑を通ってヴィースバーデン へ向かう。

伝統[編集]

よく知られた古い伝統としては「Weinkönigin」(ワインの女王)とその王女たちである。毎年夏にリューデスハイムのワイン祭りが開かれ、そのハイライトとしてワイン女王とその王女たちの戴冠式が開かれる。ワイン女王とその王女たちはリューデスハイムの町とワインを象徴している。

カッツェネルンボーゲン伯の事業として、ワイン畑は1399年には既にリューデスハイムに存在していたようである。

リューデスハイムはドイツのワイン生産地域の中部に当たる。主に生産されているのはリースリングという品種のブドウで、このブドウから高品質の白ワインが作られる。ドイツ製ワインの90%は白ワインである。リューデスハイムのワイン店で、リューデスハイムのリースリングを使ったワインを含むいくつかの地場ワインを試飲する事が出来る。

定期的なイベント[編集]

  • Magic-Bike-Rüdesheim (バイクショー。通常、聖体祭(Corpus Christi)の週末。)
  • Tal total:自転車レース。毎年6月の最後の土曜日に行われる。この日ライン川右岸の連邦高速道路(Bundesstraße)42号線のリューデスハイム-コブレンツ間、およびライン川左岸の連邦高速道路9号線のビンゲン-コブレンツ間はエンジン付き車両の通行が禁止され、自転車とローラースケートに開放される。
  • Rheingau Musik Festival(ラインガウ音楽祭) : 通常はアイビンゲン大聖堂(Eibingen Abbey)・聖ヤコブス教会(church St. Jakobus)のいずれかまたは両方でコンサートが行われる。
  • Rhein in Flammen :花火祭。7月の最初の土曜日。
  • Club Line Drosselgasse (現在は中止されている)
  • ニーダーヴァルト記念碑の世界遺産祝賀会。2003年以降、通常7月下旬の金曜日か土曜日に行われている。
  • Weinfest:ワイン祭。8月の3度目の週末。
  • St. Gallustag(聖ガルスの日):ブドウの収穫祭。中世風の市場とイベントがある。
  • Tage des Federweißenフェーダーヴァイサーの日。その年の最後のワイン祭である。10月下旬、11月上旬。
  • Weihnachtsmarkt der Nationen (“国民のクリスマス市場”) 120の露店が並ぶ。11月下旬からクリスマスまで毎日開かれる。