アッラーマ・イクバール国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラホール国際空港から転送)
移動: 案内検索
アッラーマ・イクバール国際空港
Allama Iqbal International Airport

علامہ اقبال بین الاقوامی ہوائی اڈہ
Allama Iqbal Airport, Lahore.jpg
IATA: LHEICAO: OPLA
概要
空港種別 公共
運営者 パキスタン民間航空局
供給都市 ラホール
所在地 パキスタンパンジャーブ州
ハブ空港とする航空会社 パキスタン国際航空、Pakistan Aviators & Aviation
標高 698 ft / 213 m
座標 北緯31度31分17秒 東経074度24分12秒 / 北緯31.52139度 東経74.40333度 / 31.52139; 74.40333座標: 北緯31度31分17秒 東経074度24分12秒 / 北緯31.52139度 東経74.40333度 / 31.52139; 74.40333
地図
ラホールにおける空港の位置
ラホールにおける空港の位置
LHEの位置(パキスタン内)
LHE
LHE
パキスタンにおける空港の位置
滑走路
方向 全長 表面
ft m
18R/36L 9,514 2,900 アスファルト
18L/36R 11,024 3,310 コンクリート
統計
旅客数 650万人
[1][2]

アッラーマ・イクバール国際空港(アッラーマ・イクバールこくさいくうこう、パンジャーブ語ウルドゥー語: علامہ اقبال بین الاقوامی ہوائی اڈا‎、英語: Allama Iqbal International AirportIATA: LHEICAO: OPLA)はパキスタンで2番目に大きい民間空港であり、パンジャーブ州の州都ラホールにある。開業時の空港名はラホール国際空港(ラホールこくさいくうこう、英語: Lahore International Airport)であったが、2003年に新ターミナルビルがオープンした際にパキスタン建国の主要な提唱者であったムスリムの詩人・哲学者ムハンマド・イクバールにちなんで改名された。

空港には現在ターミナルが3つあり、それぞれアッラーマ・イクバールターミナル、ハッジターミナル、貨物ターミナルである。この空港は市中心部から約15kmの位置にある。2009年には年間で3,192,904人の旅客がアッラーマ・イクバール国際空港を利用しており、パキスタンで2番目に忙しい空港である[3]

2010年3月5日、パキスタン民間航空局は空港を拡張する計画を発表した。チェックイン・デスクを24から48に倍増し、出入国管理カウンターも10から20に倍増する予定である。ターミナルも拡張される予定であり、空港建設時に将来の拡張に備えて戦略的に確保していた土地を全て活用するとしている。

歴史[編集]

就航路線[編集]

イクバールターミナルと駐機場(空港出発時に撮影)
出発するPIAのエアバスA310
RAK Airways getting a welcome shower after it's first flight to the Airport.

アッラーマ・イクバール国際空港には旅客便や貨物便が就航し、ラホールと世界中の44都市(国内含む)を接続している。最大で32社の航空会社が当空港発着の定期便を運航する。

旅客便[編集]

航空会社 就航地
エア・アラビア ラアス・アル=ハイマ[4]
エア・ブルー アブダビドバイ/国際ジッダ[5]マスカットリヤドシャールジャ
エア・ブルー カラチラヒーム・ヤール・ハーン
エア・インダス カラチクエッタ
エミレーツ航空 ドバイ/国際
エティハド航空 アブダビ
フライナス ジッダリヤド [6]
ガルフ・エア バーレーン
クウェート航空 クウェート
ミヒン・ランカ コロンボ(2014年11月15日就航)
オマーン・エア マスカット
パキスタン国際航空 アブダビマナーマバンコクバルセロナ北京/首都コペンハーゲンダンマームデリードバイ/国際ジッダクアラルンプールクウェートロンドン=ヒースローマンチェスターマシュハドミラノ=マルペンサマスカットニューヨーク/JFKオスロ=ガーデモエンパリ=シャルル・ド・ゴールリヤド東京/成田トロント=ピアソン
パキスタン国際航空 バハーワルプルハイデラバードイスラマバードカラチムルターンクエッタラヒーム・ヤール・ハーンShaheed Benazirabadサッカル
カタール航空 ドーハ
サウディア ジッダリヤド
シャヒーン・エア アブダビダンマームドーハドバイ/国際ジッダクウェートマシュハドマスカットリヤド
シャヒーン・エア カラチクエッタ
タイ国際航空 バンコク/スワンナプーム
ターキッシュ エアラインズ イスタンブル/アタテュルク[7]

貨物便[編集]

航空会社 就航地
アスカリ航空 イスラマバード
エティハド・カーゴ アブダビ上海/浦東 [8]
ファーストエア コロンボ
ルフトハンザ・カーゴ
運航はエアロロジック
フランクフルト[9]
マキシマム・エア・カーゴ アブダビ、ドバイ
ポレット航空 モスクワ
カタール航空カーゴ コロンボ/バンダラナイケ、ドーハ
ロイヤル航空カーゴ カラチ
TCS Couriers ドバイ、イスラマバード、カラチ、ロンドン
ヴォルガ・ドニエプル航空 ウリヤノフスク

チャーター便[編集]

航空会社 就航地
アスカリ航空 イスラマバード

統計[編集]

以下の表は旅客数と発着回数、貨物・郵便の取扱量を記したものである。パキスタン民間航空局による統計[10]

統計年 発着回数 旅客数(国際および国内) 貨物取扱量 (M. Tons) 郵便取扱量 (M. Tons)
2001 26,518 2,600,000 52,612 N/A
2005 27,716 5,157,354 N/A N/A
2006 43,775 3,189,161 79,894 680.16
2007 39,634 3,091,590 74,664 1,683.79
2008 49,491 3,192,904 75,965 1,113.41

脚注[編集]

  1. ^ World Aero Data による空港情報 (OPLA). 2006年10月時点のデータ. 出典:DAFIF.
  2. ^ OPLAの空港情報 - Great Circle Mapper. 出典:DAFIF(2006年10月時点で有効).
  3. ^ caapakistan.com.pk – Airport Statistics
  4. ^ [ http://www.arabianaerospace.aero/ras-al-khaimah-prepares-to-welcome-new-air-arabia-hub.html?utm_source=googleNews&utm_medium=organic&utm_campaign=news_feed Air Arabia to launch RAK hub]
  5. ^ flight schedules”. Airblue. 2013年10月28日閲覧。
  6. ^ Flynas resuming Riyadh-Lahore
  7. ^ Turkish Airlines Launches a New Route to Lahore”. Turkish Airlines. 2013年10月28日閲覧。
  8. ^ Etihad Cargo schedule
  9. ^ 2013 schedule”. Lufthansa Cargo. 2013年10月11日閲覧。
  10. ^ Statistical Information of CAA Pakistan CAA Pakistan, assessed 8 March 2009

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、アッラーマ・イクバール国際空港に関するカテゴリがあります。