ヨークタウン級航空母艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨークタウン級航空母艦
USS Yorktown CV-5
艦級概観
艦種 航空母艦正規空母
艦名
建造期間 1934年 - 1940年
就役期間 1937年 - 1947年
前級 レンジャー
次級 エセックス級航空母艦
性能諸元
排水量 基準:19,800t
満載:25,500t
全長 247m(喫水線 228.3m)
全幅 32.7m(喫水線 24.9m)
吃水 7.79m
機関
最大速力 32.5ノット
航続距離
乗員
兵装 38口径5インチ単装砲 8基
40mm4連装機関砲 6基
40mm連装機銃 8基
1.1インチ4連装機関砲 4基
20mm連装機銃 8基
20mm単装機銃 50基
搭載機 約80-90機

ヨークタウン級航空母艦(ヨークタウンきゅうこうくうぼかん、Yorktown class aircraft carrier)は、アメリカ海軍航空母艦の艦級。第二次世界大戦前に3隻が建造され、そのうちの2隻は日本海軍との戦いで戦没した。

概要[編集]

1930年代のアメリカ海軍においては、ワシントン海軍軍縮条約の制限下における空母の建造を検討していた。大型空母レキシントン級の運用経験および専用設計された小型空母「レンジャー」の設計経験、条約による排水量制限から最大トン数25,000トンの新型空母・ヨークタウン級2隻(ヨークタウン USS Yorktown, CV-5とエンタープライズ USS Enterprise CV-6)を計画することとなった。

ヨークタウン級は、レンジャーと同じく開放式格納庫を持っており、これらは舷側を開放した巨大な格納庫と装甲を施していない長大な飛行甲板で柔軟な運用ができた。格納庫の床にあたる船体の主甲板(デッキ)が装甲化されていたため、撃沈されたヨークタウンとホーネットは急降下爆撃の攻撃で飛行甲板に命中弾を受けても艦底の機関室まで被害は及ばなかった。その証拠に、両艦に止めを刺したのは魚雷の命中であった。

レキシントン級、レンジャーとヨークタウン級の空母5隻は合計134,000tに上り、これに加えて20,000tのワスプによってアメリカ海軍の制限トン数は一杯となった。1937年に条約制限が破棄されると海軍は空母の建造を再開し、ヨークタウン級の経験から改良型のエセックス級が設計、建造されることとなる。しかし、それまでのつなぎとして同級3番艦のホーネット(USS Hornet, CV-8)を建造した(「エセックス」が就役するのは1943年になってから)。

エンタープライズを除き同級の2隻は1942年末までに失われた。ヨークタウンは6月のミッドウェー海戦で日本海軍潜水艦伊号第一六八潜水艦」に魚雷攻撃され沈没し、ホーネットは10月の南太平洋海戦で大破、航行不能となって漂流中に日本艦隊の攻撃を受けて撃沈される。エンタープライズは8月24日第二次ソロモン海戦で爆撃を受けて中破、2ヶ月後の南太平洋海戦でエンタープライズも大破した。

翌年、戦線復帰するが対日戦終了時には再びドック入りしており、復帰後はマジック・カーペット作戦に従事しヨーロッパから10,000名以上の復員兵を輸送した。エンタープライズは大戦において最も改修が行われた航空母艦となった。

同型艦[編集]

関連項目[編集]