サイパン級航空母艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サイパン級航空母艦
USS Saipan CVL-48
艦級概観
艦種 航空母艦軽空母
艦名
前級 インディペンデンス級航空母艦
性能諸元
排水量 14,500t
全長 209m
全幅 23.4m 最大 35.1m
吃水 7.6m
機関 蒸気タービン
120,000馬力(89.5 MW)
最大速力 33kt
航続距離 8,000km (15kt)
乗員 1700名
武装 40mm4連装機銃 5基
40mm連装機銃 10基
20mm連装機銃 16基
搭載機 50機

サイパン級航空母艦(Saipan class aircraft carrier)は、アメリカ海軍航空母艦の艦級。

ボルチモア級重巡洋艦の船体を流用して建造された軽空母。2隻が建造されたが、いずれも完成は終戦後であるため、同じく巡洋艦の船体を流用したインディペンデンス級に比べてマイナーなクラスとなっている。

後に航空機運搬艦(AVT)、通信中継艦(AGMR)、指揮艦(CC)に艦種変更される。通信中継艦として改修された際、両艦とも甲板上に衛星通信用の巨大なアンテナが林立した。

同型艦[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]