伊一六八型潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伊168型潜水艦(海大6型a)
伊号第六八潜水艦
画像は伊68(後の伊168
艦級概観
艦種 一等潜水艦
艦名
前級 伊一六五型潜水艦(海大5型)
次級 伊一七四型潜水艦(海大6型b)
性能諸元
排水量 基準:1,400トン 常備:1,785トン
水中:2,440トン
全長 104.70m
全幅 8.20m
吃水 4.58m
機関 艦本式1号甲8型ディーゼル2基2軸
水上:9,000馬力
水中:1,800馬力
速力 水上:23.0kt
水中:8.2kt
航続距離 水上:10ktで14,000海里
水中:3ktで65海里
燃料 重油:341t
乗員 68名
兵装 50口径八八式10cm単装高角砲1門
(伊171,172,173は12cm砲1門)
13mm機銃1挺
7.7mm機銃1挺
53cm魚雷発射管 艦首4門、艦尾2門
魚雷14本
MV式水中聴音機[1]
九一式探信儀
備考 安全潜航深度:75m
(伊168,169のみ70m)

伊一六八型潜水艦(いひゃくろくじゅうはちがたせんすいかん)は、大日本帝国海軍潜水艦の艦級。海大VI型a(かいだいろくがたエー)とも。同型艦6隻。太平洋戦争中に事故沈没1隻、戦没5隻。伊号第一六八潜水艦はミッドウェー海戦において米空母ヨークタウンを撃沈した。

概要[編集]

ロンドン軍縮会議後の1930年(昭和5年)度のマル1計画において6隻が建造され、1932年(昭和9年)から1937年(昭和12年)にかけて竣工した。計画番号はS31。ロンドン会議の補助艦の制限から基準排水量は1,400トンに抑えられている。

主機には艦本式ディーゼルを採用し機関出力は従来(ズ式3号)のおよそ1.5倍となった。これにより海大型の当初からの目標であった速力23ノットが本型でようやく可能となった。ただしこのエンジンは就役後も初期トラブルが多発し問題が解決されたのは1938年(昭和13年)ごろであった。燃料搭載量はおよそ100トン増加しそれまでの海大型潜水艦よりも4割増し程度の大きな航続力を有した。

備砲は伊168,169,170の3隻は引き続き対水上、対空兼用を意図した10cm高角砲[2]を装備した。伊171,172,173の3隻は代わりに12cm単装砲を装備している。その他の兵装は前型(海大5型)とほぼ同じである。

戦歴[編集]

太平洋戦争開戦時は全艦就役しており、6隻ともハワイ作戦に参加しているが開戦3日目には早くも伊70が撃沈されている。その後も第一線で用いられ伊168が米空母ヨークタウン、護衛駆逐艦ハムマンを撃沈するなどの活躍を見せたが、1隻が事故により沈没、残りもすべて戦没した。

同型艦[編集]

1942年(昭和17年)5月20日に改称、艦番に100を加えた。

1934年(昭和9年)7月31日竣工(呉海軍工廠)。1943年(昭和18年)7月27日 ラバウル北方で米潜「スキャンプ」の雷撃をうけ沈没。
1935年(昭和10年)9月28日竣工(三菱神戸)。1944年(昭和19年)4月4日 トラック諸島で事故により沈没。
1935年(昭和10年)11月9日竣工(佐世保海軍工廠)。1941年(昭和16年)12月10日 ハワイ付近で艦載機の攻撃を受け沈没。
1935年(昭和10年)12月24日竣工(神戸川崎)。1944年(昭和19年)2月1日 ブカ島付近で米駆逐艦「ハドソン」「ゲスト」の爆雷攻撃を受け沈没。
1937年(昭和12年)1月7日竣工(三菱神戸)。1942年(昭和17年)11月10日 サンクリストバル島付近で米掃海駆逐艦「サウザード」の爆雷攻撃を受け沈没。
1937年(昭和12年)1月7日竣工(神戸川崎)。1942年(昭和17年)1月29日 真珠湾付近で米駆逐艦「ジャーヴィス」の攻撃を受け沈没。

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』光人社、1990年 ISBN 4-7698-0462-8
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年 ISBN 4-7698-1246-9

脚注[編集]

  1. ^ ただし伊168の公試時にはKチューブが装備されているのが写真から確認されている。
  2. ^ 『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』p81より。

関連項目[編集]