フォレスタル級航空母艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォレスタル級航空母艦
USS Forrestal (CVA-59), trials 1955.jpg
艦級概観
艦種 航空母艦正規空母
艦名 1番艦はジェームズ・フォレスタル初代国防長官に因む。
建造期間 1952年 - 1959年
就役期間 1955年 - 1998年
前級 ミッドウェイ級航空母艦
次級 キティホーク級航空母艦
性能諸元
排水量 基準:59,060 t - 60,000 t
満載:79,250 t - 81,163 t
全長 325 m
全幅 水線39.50 m/最大76.80 m
吃水 11.3 m
機関 蒸気タービン方式,(260,000hp
ボイラータービン
スクリュープロペラ 4軸
速力 最大34ノット(63 km/h)
航続距離
乗員 4,378名
兵装 54口径5インチ単装砲
※1977年までに撤去
8基
シースパロー短SAM8連装発射機
※1968年以降の改装時に装備
3基
ファランクスCIWS
※1985年以降の改装時に装備
3基
搭載機 CTOL機72機 + ヘリコプター6機
FJ-1F9FF3DF3HF4DF-11F-8F-4F-14F/A-18A-DA-1A-3A-4A-5A-6A-7OV-10E-1E-2EA-6S-3C-2SH-3SH-60

フォレスタル級航空母艦(フォレスタルきゅうこうくうぼかん、Forrestal class aircraft carrier)は、アメリカ海軍航空母艦の艦級。同海軍最初の超大型航空母艦(スーパー・キャリアー)。

概要[編集]

同級は、建造中止となった「ユナイテッド・ステーツ」の後を受けたものである。ミッドウェイ級と比較すると全長で27m長く、荒天下でも安定した操艦を行えた。

巨大な排水量(満載排水量約80,000t、第二次世界大戦中に建造されたミッドウェイ級より25%以上大きい)、アングルド・デッキ(斜め着艦用飛行甲板)の採用(「フォレスタル」と「サラトガ」はアクシャル・デッキ(一枚甲板)で建造が開始されたが建造中に変更された)、巨大なアイランド、強力な航空団(80-100機のジェット機)の搭載などキティホーク級ニミッツ級の原型となった艦でもある。

フォレスタル級は最初の近代的な超大型空母であったが、その設計は完全ではなかった。特に艦載機エレベータが貧弱であり、左舷のエレベータはアングルド・デッキにかかる形でカタパルトの前部に設置されていたため、着艦時にも、発艦時にも使用しづらかった。また右舷側のエレベータはアイランドの前部に1基、後部に2基装備していたがこちらも着艦後の搬入には使用しづらかった。後のキティホーク級では左舷エレベータをアングルド・デッキの後部に配置し、右舷はアイランドの反対側に第二エレベータを配置し前部に2基、後部に1基とすることで艦載機の搬入を改善した。

同型艦[編集]

艦番号 艦名 建造 発注 起工 進水 就役 退役
CVA-59
CV-59
AVT-9
フォレスタル
USS Forrestal
ニューポート・ニューズ 1951年
7月12日
1952年
7月14日
1954年
12月11日
1955年
10月1日
1993年
9月11日
CVB-60
CVA-60
CV-60
サラトガ
USS Saratoga
ニューヨーク 1952年
7月23日
1952年
12月16日
1955年
10月8日
1956年
4月14日
1994年
8月20日
CVA-61
CV-61
レンジャー
USS Ranger
ニューポート・ニューズ 1954年
2月1日
1954年
8月2日
1956年
9月29日
1957年
8月10日
1993年
7月10日
CVA-62
CV-62
インディペンデンス
USS Independence
ニューヨーク 1954年
7月2日
1955年
7月7日
1958年
6月6日
1959年
1月10日
1998年
9月30日

外部リンク[編集]