ボーグ級航空母艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボーグ級航空母艦
USS Bogue ACV-9
艦級概観
艦種 護衛空母
艦名
前級 ロング・アイランド
次級 サンガモン級航空母艦
性能諸元
排水量 基準:7,800トン 満載:15,400トン
全長 151.1m(水線長:149.9m)
(飛行甲板長:137.2m×26.8m)
全幅 21.2m
吃水 7.2m(基準) 7.9m(満載)
機関 フォスター・ホイーラー式重油専焼水管缶2基
+ゼネラル・エレクトリック式ギヤード・タービン1基1軸推進
最大出力 8,500bhp
最大速力 18.5ノット (33km/h)
航続距離 15ノット/26,340海里
燃料 3,068トン(重油)
164トン(航空機燃料)
乗員 646名
兵装 12.7cm(51口径)単装速射砲2基2門
ボフォース4cm(56口径)連装対空機関砲4基8門
エリコン2cm(70口径)対空機銃14基14門
搭載機 24機

ボーグ級航空母艦(ボーグきゅう こうくうぼかん、Bogue class escort carrier)はアメリカ海軍で量産された護衛空母。量産された内34隻は、レンドリース法によってイギリス海軍に貸与、アタッカー級航空母艦またはアタッカー級護衛空母として使用された。

概要[編集]

イギリスに貸与されてカタパルト実験をする「アミール」。

1940年アメリカは参戦を行っていないもののレンドリース法を成立させることで、ドイツ海軍の潜水艦に苦しんでいたイギリスチャージャー級航空母艦チャージャー)を貸与し、イギリスはアヴェンジャー級航空母艦として投入した。しかし、貸与されたアヴェンジャー級はわずか3隻で、対潜水艦に投入できるギリギリの性能であった。

アメリカは自国で利用する護衛空母の建造を計画し、チャージャー級がすでに完成したC3型の規格型貨物船の改造であったのに対し、建造中のC3型貨物船を徴発してボーグ級として建造した。このボーグ級は航空機の格納庫やエレベーターを追加され、より空母に適した機能を加えることができた。間もなくアメリカが参戦、1942年から続々と竣工したボーグ級はアメリカ海軍で運用され、建造された45隻のうち、34隻がアタッカー級としてイギリス海軍で運用された。

排水量はわずか1万トンであったが、大西洋、地中海、インド洋、太平洋など世界中に渡って、船団の護衛任務に従事し、ドイツ海軍のみならず日本海軍の潜水艦も撃沈している。護衛任務だけでなく、上陸作戦の支援も行っており、損失したのはドイツ海軍潜水艦の雷撃で撃沈されたブロック・アイランド (USS Block Island, AVG-21/ACV-21/CVE-21) のみであった。

同型艦[編集]

同型艦(レンドリースされた艦)[編集]

オルタマハ(USS Altamaha / HMS Battler)

名称はボーグ級から、アタッカー級となった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]