アービター (護衛空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS Arbiter.jpg
艦歴
発注
起工 1943年4月26日
進水 1943年9月9日
就役 1943年12月31日
返還 1946年3月3日
除籍 1946年4月12日
その後 商船として売却
性能諸元
排水量 9,800トン
全長 492' (150 m)
全幅 69' 6" (21.2 m)
吃水 26' 8" (8.1 m)
機関
最大速 17 ノット
航続距離
乗員 士官、兵員890名
兵装 5インチ砲2門、連装40mm機銃4基、20mm機銃10基
搭載機 18

アービター (HMS Arbiter, D31) は、イギリス海軍護衛空母。その前身セント・サイモン (USS St. Simon, AVG/ACV/CVE-51) は、アメリカ海軍護衛空母ボーグ級航空母艦の1隻。

艦歴[編集]

セント・サイモンは海事委任契約の下ワシントン州タコマシアトル・タコマ造船所で1943年4月26日に起工する。1943年7月15日に CVE-51(護衛空母)に艦種変更され、1943年9月9日にR・H・ルイス少将夫人によって進水する。オレゴン州ポートランドのコマーシャル鉄鋼所で艤装が行われ、1943年12月31日にレンドリース法に基づきイギリス海軍へ引き渡され、アービターとして就役する。(アメリカ軍の艦籍では BCVE-51と分類された)。

アービターは最初ウェスタンアプローチ管区に配属され米英間での航空機輸送に従事した。1945年になると太平洋艦隊に配属され、そこでも航空機運搬任務に従事した。

戦争終結後は香港から元捕虜をオーストラリアとイギリスへ運んだ。イギリス帰還後ロスサイス管区に配属された。

アービターは1946年2月23日にバージニア州ノーフォークに到着、3月3日にアメリカ海軍へ返還された。1946年4月12日に除籍され、1947年1月30日に商船へ改装のためニューポート・ニューズ造船所に売却された。貨物船に改修された艦は Coracero と改名され、その後1965年に President Macapagal に改名、1972年には Lucky Two と改名され、同年台湾高雄市でスクラップとして廃棄された。

関連項目[編集]


外部リンク[編集]