ミランダ・カー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミランダ・カー
Miranda Kerr
Miranda Kerr launches new Qantas Frequent Flyer Rewards Alliance - Sydney (4).jpg
2012年
プロフィール
生年月日 1983年4月20日
現年齢 30歳
出身地 オーストラリアの旗 オーストラリア
瞳の色
毛髪の色
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 175 cm / kg
スリーサイズ 81 - 61 - 86 cm
靴のサイズ 24.5 cm
モデル: テンプレート - カテゴリ

ミランダ・カー[1]Miranda Kerr1983年4月20日[2] - )は、オーストラリア出身のファッションモデル[3]。下着ブランド『ビクトリアズ・シークレット』の特別広告塔にあたる“エンジェル”の一員としての活動が最も著名[4]。オーストラリア人初の“エンジェル”となった2008年からは同ブランドのショーの仕事を継続的にこなしてきたほか、テレビや雑誌などの媒体を舞台としての幅広い活動も見せてきた[5]シャネル・イマンドウツェン・クロース、そしてアドリアナ・リマなどと並び立つ著名な“ビクトリアズシークレットモデル”となっている[6]

オーストラリアパースにて 2009年2月21日

来歴[編集]

オーストラリアシドニーに生まれ、ガンネダーで育つ。1997年に雑誌『ドーリー』のオーディションで優勝するも、13歳という若さからオーストラリア国内で議論が起こるに至り、学業を優先しながらモデル活動を開始。高校卒業後ニューヨークへ移り、2004年にモデル事務所のネクストと契約。

ミランダの経歴は、2004年にカメラマンのエリック セバン マイヤーと共に手がけたオーバー・ジーンズ・パリのキャンペーン広告から始まった。(下記写真)

2006年におけるメイベリン・ニューヨークからのキャンペーンモデル起用がきっかけとなって人気が急上昇[7]。さらにオーストラリア人モデルとして初めてヴィクトリアズ・シークレットに起用され、ヴィクトリアズ・シークレット・エンジェルとなる。2007年のフォーブス誌による「モデル所得番付」では10位にランクインした。

カニエ・ウェストファレルのシングル「ナンバー・ワン」のミュージックビデオに出演。また、コメディドラマ『ハウ・アイ・メット・ユア・マザー』に出演。スキンケア・ブランド「KORA Organics」を立ち上げている。

広告塔[編集]

ジーンズの広告(2004年)

2006年から継続してきたビクトリアズ・シークレットの広告塔活動のほかにも、アーデン・ビー(2007年)、クリニーク香水、同年)、プラダ(2010年)など各種ブランドの広告塔を担ってきた[14]。2012年には地元オーストラリアの航空会社カンタス航空の大使に就任[15]。さらに日本のファッションブランド『サマンサタバサ』から広告塔モデル起用[16]松本恵奈のファッションブランド『エモダ(EMODA)』からのイメージモデル起用(2012年秋冬季)もあり、9月よりさっそく同ブランドのカタログに登場[17]。このカタログ上の自身の写真は全てが撮りおろしによるもので、日本のブランドとしては初の試みであった[18]。この年にはさらに、ミラ・ジョボビッチナオミ・キャンベルエヴァ・ハーツィゴヴァクラウディア・シファークリスティー・ターリントン、ならびにケイト・モスなどが歴代の“顔”を担ってきたスペイン発のファッションブランド『マンゴ』の新たなイメージキャラクターともなっている[19]。ケイト・モスとの入れ替わりによる就任であった[20]

私生活[編集]

ニューヨーク在住[14]。2010年7月に俳優のオーランド・ブルームと結婚[21]。翌2011年の1月に第一子を出産した[22][23] 。2013年10月25日離婚。

主な出演[編集]

CM[編集]

書籍[編集]

  • 『トレジャー ユアセルフ』(2011年、トランスメディア)
  • 『まるごと1冊ミランダ・カ― ファッション&ビューティBOOK!』(2012年、トランスメディア、編集:GOSSIPS特別編集)
  • 『MIRANDA KERR Fashion complete book』(2012年、マイナビ[26]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ミランダ・カー、ファッションの影響は祖母から』 2012年8月15日 AFPBB News
  2. ^ 『<速報>ミランダ・カー来日 スラリ美脚で日本ファンに挨拶』 2012年9月7日 モデルプレス
  3. ^ 『ミランダ・カー Miranda Kerr』 エル・オンライン
  4. ^ 『Miranda Kerr』 アスクメン (英語)
  5. ^ 『ミランダ・カーがサマンサタバサの新ミューズに抜擢』 2012年6月8日 Fashionsnap.com
  6. ^ 『Miranda Kerr, Chanel Iman, Doutzen Kroes, and Adriana Lima October Photoshoot - Victoria's Secret Girls』 2011年9月6日 ELLE (英語)
  7. ^ 『【ELLE】ミランダ・カー×バレンシアガ』 2010年3月31日 エル・オンライン
  8. ^ 『英国版エスクァイア誌の「最もセクシーな女」はミランダ・カー』 2012年10月31日 ニュースウォーカー
  9. ^ 『この1年で最も稼いだ超セレブモデルは?長者番付発表』 2012年6月20日 モデルプレス
  10. ^ 『ミランダ・カー、豪誌で最も美しい人に選ばれる 国際ニュース』 2012年4月6日 AFPBB News
  11. ^ a b c 『Miranda Kerr | Aussie Angel | Girls We Love』 FHM.com (英語)
  12. ^ 『世界で最も稼いだモデルは誰?』 2009年6月3日 ヴォーグ
  13. ^ 『In Pictures: The World's 15 Top-Earning Models』 2008年4月30日 フォーブス (英語)
  14. ^ a b 『Miranda Kerr - Fashion Model』 ニューヨーク・マガジン (英語)
  15. ^ 『ミランダ・カー、カンタス航空の大使に就任。』 2012年1月17日 ヴォーグ
  16. ^ 『ミランダ・カー、「サマンサタバサ」とプロモーションモデル契約を締結』 2012年6月8日 モデルプレス
  17. ^ 『EMODA、ミランダ・カーをイメージモデルに起用』 2012年9月3日 AFPBB News
  18. ^ 『ミランダ・カーが「EMODA」イメージモデルに クールなビジュアル解禁』 2012年9月1日 モデルプレス
  19. ^ 『Miranda Kerr named as new face of Mango』 2012年11月22日 Yahoo!ニュース・シンガポール (英語)
  20. ^ 『ミランダ・カー、ミニスカートが風にあおられ、ちょっとビックリ』 2012年11月25日 モデルプレス
  21. ^ 『ミランダ・カー&オーリー、LAで挙式&ハネムーン中!』 2010年7月27日 AFPBB News
  22. ^ 『ミランダ・カー、息子フリン君と雑誌表紙に初登場』 2012年4月5日 モデルプレス
  23. ^ 『Miranda's model life』 2007年11月11日
  24. ^ 『ミランダ・カー、セクシーサンタ姿で美脚披露』 2012年8月20日 モデルプレス
  25. ^ 『【エンタがビタミン♪】ミランダ・カーのサマンサタバサCMを蜷川実花が撮影。オーランド・ブルームも様子見に。』 2012年7月4日 Techinsight
  26. ^ 『ミランダ・カーの最新私服コーディネート公開 夫・愛息との家族写真も』 2012年11月27日 モデルプレス

外部リンク[編集]