シャネル・イマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャネル・イマン
Chanel Iman
ChanelIman.jpg
プロフィール
生年月日 1990年12月1日
現年齢 23歳
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 178 cm / 55 kg
BMI 17.4
スリーサイズ 81 - 58 - 84 cm
股下 / 身長比 92.3 cm / 51.9 %
活動
デビュー 2006年
ジャンル ファッション
モデル: テンプレート - カテゴリ

シャネル・イマン[1]Chanel Iman1990年12月1日[2] - )は、米国出身のファッションモデル[3]178センチメートル[4]81-58-84[4]。本名を“シャネル・イマン・ロビンソン”(Chanel Iman Robinson)といい、アフリカ系アメリカ人朝鮮民族との混血[5]

2000年代後半以降の西洋ファッション界にあって突出した人気を有するモデルの一人で、ファッションブランド『ビクトリアズ・シークレット』の“エンジェル”(広告塔モデル)の一員としての活動がおそらくなにより著名[6]。いわゆるスーパーモデル[7]

アドリアナ・リマなどの高名なモデルらを擁する“ビクトリアズ・シークレット・エンジェル”のなかでも際立った細身の持ち主として注目を集めており、それについては生まれ持っての代謝能力の高さが指摘されるなどしてきた[8]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

米国ジョージア州アトランタに出生[9]。父はアフリカ系アメリカ人で、母はアフリカ系アメリカ人と朝鮮人との混血であった[10]。1999年に家族でロサンゼルスへ移住[9]。以降ロサンゼルスのカルバーシティに育った[11]

モデル業[編集]

13歳当時の2004年モデル事務所のフォードモデルズと契約、ロサンゼルスを本拠にモデル業を開始した[12]。2006年にフォードモデルズ主催の『スーパーモデル・オブ・ザ・イヤー』大会で準々優勝し、さっそく2月にアナ・スイマーク・ジェイコブスショーを歩いてプロデビュー[9]

デビューの翌年にあたる2007年にさっそく米版『ヴォーグ』の表紙に登場し、次期“世界のトップモデル”の一候補として特集の対象へ[9]ナオミ・キャンベルリヤ・ケベデに続くいわゆる黒人の大型新人として注目を集め、数多のハイファッションブランドのショーの仕事をこなすようになった[13]

ランウェイをゆくイマン、2008年

ビクトリアズ・シークレットとの契約を獲得したのは2009年のことで、エマニュエラ・デ・パウラリンジー・エリンソンキャンディス・スワンポールロージー・ハンティントン=ホワイトリーという4名と並んでの『エンジェル』入りであった[14]

以降、『ヴォーグ』、『エル』、『ハーパース・バザー』などといった有名雑誌の世界各国語版の表紙に登場しつつ、バーニーズ・ニューヨークボッテガ・ヴェネタDKNYドルチェ&ガッバーナギャップH&Mジャン・ポール・ゴルチエロード・アンド・テイラーラルフ・ローレンサックス・フィフス・アベニューユナイテッド・カラーズ・オブ・ベネトン、そしてビクトリアズ・シークレットを含む多くのブランドの広告の仕事をこなしてきた[4]

ファッションウィークに笑顔を見せるイマン、2007年、ニューヨーク

2011年からはユマ・サーマンジーナ・デイビスならびにジョシュ・ハートネットの3名とともに米国国際開発庁のいわゆる“アフリカの角”向け慈善事業の広告塔に抜擢され、事業開幕となった11月にはホワイトハウスで演説[15]。慈善事業関連ではさらに、同年暮れからDKNY主導の飢饉撲滅運動事業に参画しており、その事業のために同ブランドが制作した大量のダイヤモンドサファイアを散りばめた香水の瓶を片手に広報活動を行うなどしている[16]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『<08年春夏コレクション・モデル特集>シャネル・イマン』 2007年11月28日 AFPBB News
  2. ^ 『Chanel Iman, Top Model | FashionTV 15th Anniversary Special』 2012年4月16日 Fashion TV (英語)
  3. ^ 『シャネル・イマン特集』 2011年6月13日 ファッションTV
  4. ^ a b c 『Chanel Iman』 ファッションモデル・ディレクトリ (英語)
  5. ^ 『Top Models - Chanel Iman Robinson』 Fashion TV (英語)
  6. ^ 『Chanel Iman』 イギリス版グラマー (英語)
  7. ^ 『人気モデル、シャネルの意外な素顔。』 2009年7月8日 ヴォーグ
  8. ^ 『Victoria's Secret Fashion Show 2011: Chanel Iman PUT ON 15lbs』 2011年11月10日 デイリーメール (英語)
  9. ^ a b c d 『Chanel Iman』 ニューヨーク・マガジン (英語)
  10. ^ 『Chanel Iman: New York's Next Top Model (1/2)』 2009年1月25日 ニューヨーク・ポスト (英語)
  11. ^ 『Steven Meisel: Hit Girls Vogue Feature Story』 スタイル・コム,ヴォーグ (英語)
  12. ^ 『ABOUT ME』 公式ウェブサイト Chanel Iman - Official Website (英語)
  13. ^ 『シャネル・イマン』 2008年2月14日 エル・オンライン
  14. ^ 『Five Models Just Got a Lot More Famous』 2009年11月4日 ニューヨーク・マガジン (英語)
  15. ^ 『Dr. Jill Biden Joins USAID and Ad Council to Debut FWD Campaign for the Crisis in the Horn of Africa』 2011年10月26日 PRニュースワイアー (英語)
  16. ^ 『Chanel Iman Helps DKNY Reveal Golden Delicious Million Dollar Fragrance Bottle (PHOTOS)』 2011年12月6日 ハフィントン・ポスト (英語)

外部リンク[編集]