ミヤビランベリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミヤビランベリ
Miyabi Ranveli 20090712P1.jpg
2009年7月12日 福島競馬場
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 2003年3月28日
登録日 2005年11月3日
抹消日 2011年11月12日
オペラハウス
アステオン
母の父 ホリスキー
生国 日本の旗 日本北海道静内町
生産 原武久
馬主 村上義勝
調教師 加藤敬二栗東
競走成績
生涯成績 25戦7勝
獲得賞金 2億9789万8000円
テンプレートを表示

ミヤビランベリ日本中央競馬会 (JRA) に登録されていた競走馬。おもな勝ち鞍は七夕賞(2勝)、目黒記念アルゼンチン共和国杯。馬名の由来は冠名+モルディブの公用語ディベヒ語で「金の砂」。

経歴[編集]

2006年[編集]

5月7日京都の未勝利戦でデビューし、3着惜敗。5月28日中京の未勝利戦は2番人気に推され、逃げて5馬身差の圧勝で初勝利を飾った。しかしその後怪我で1年半近く戦線離脱することになった。

2007年[編集]

10月7日の京都戦で復帰。3着になったがその後の500万戦は1番人気に応え勝利した。その後の1000万特別戦(八瀬特別)は1番人気も3着に惜敗した。

2008年[編集]

小倉、京都、福島の1000万特別戦の出走も勝ちきれなかった。5月17日の鴨川特別を人気に応え、準オープンに昇級した。その後の準オープン戦(関ヶ原ステークス)は初めて13着に大敗した。そして、7月13日七夕賞を準オープンの身で吉田豊鞍上で出走。7番人気だったが果敢に逃げて1着となり重賞初勝利となり、オープンに昇級した。その後小倉記念は5着、新潟記念は9着となり2008年サマー2000シリーズの覇者となった。

2009年[編集]

第45回七夕賞 2009年7月12日

初戦は中山中山金杯で3着。その後小倉大賞典(3着)、新潟大賞典(6着)に出走。5月31日目黒記念に出走。不良馬場をものともせず直線抜け出して重賞2勝目をあげた。そして7月の七夕賞も勝利して七夕賞2連覇、重賞2連勝を飾った。続く8月23日札幌記念では好位集団で追走するも4コーナー付近で失速し14着と大敗した。その後、11月8日アルゼンチン共和国杯では11番人気という低評価だったが、逃げ切り勝ちを収め、重賞4勝目をあげた。そして、GI初参戦となった12月27日有馬記念では2番手で追走したが直線で失速し11着と大敗した。

2010年[編集]

3月31日に右第3中手骨々折が判明し、8ヶ月休養。復帰戦となった12月11日中日新聞杯では2番手で追走したが直線で失速し18着と大敗した。

2011年[編集]

初戦は1月23日アメリカジョッキークラブカップ。押し出されるように先頭に立つとスローペースで逃げてトーセンジョーダンの2着と粘った。2月19日ダイヤモンドステークスでは前走同様スローペースで逃げたが直線で脚色が鈍って12着。続く4月2日日経賞では3番手を追走するが直線で失速し9着。11月12日付けで競走馬登録を抹消され、中京競馬場で乗馬になった。翌2012年3月の中京競馬リニューアルに合わせて誘導馬としてデビューすることになっている。

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名 頭数 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
3F
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2006 5. 7 京都 3歳未勝利 12 34.6(7人) 3着 川原正一 56 芝2000m(稍) 2:03.9 (37.1) 0.4 レジェンドプレイス
5. 28 中京 3歳未勝利 16 3.5(2人) 1着 武幸四郎 56 芝2500m(良) 2:34.9 (36.9) -0.8 (アグネスグレイス)
2007 10. 7 京都 3歳上500万下 17 47.9(10人) 3着 北村友一 56 芝2000m(良) 1:59.2 (36.3) 0.3 サンライズマックス
10. 27 京都 3歳上500万下 16 3.6(1人) 1着 岩田康誠 57 芝2000m(稍) 2:01.3 (34.8) -0.4 (シルバーブレイズ)
11. 17 京都 八瀬特別 10 2.0(1人) 3着 武豊 57 芝2400m(良) 2:25.4 (34.7) 0.1 ダイシンハーバー
2008 1. 27 京都 許波多特別 16 2.4(1人) 6着 武豊 57 芝2200m(良) 2:16.2 (37.8) 1.0 ロードアンセム
2. 9 小倉 皿倉山特別 13 3.1(1人) 4着 C.ルメール 57 芝2600m(良) 2:42.7 (36.7) 0.7 ドリームフライト
4. 19 福島 奥の細道特別 16 5.8(2人) 2着 中舘英二 57 芝2600m(不) 2:49.7 (38.5) 0.2 セタガヤフラッグ
5. 17 京都 鴨川特別 13 3.0(1人) 1着 幸英明 57 芝2000m(良) 1:59.1 (35.5) -0.2 (マイネルクルーガー)
6. 7 中京 関ヶ原S 16 6.6(3人) 13着 幸英明 56 芝2000m(良) 2:00.4 (36.2) 1.3 キャプテンベガ
7. 13 福島 七夕賞 GIII 15 19.2(7人) 1着 吉田豊 53 芝2000m(良) 1:59.8 (35.8) -0.1 (ミストラルクルーズ)
8. 3 小倉 小倉記念 JpnIII 15 8.7(4人) 5着 岩田康誠 55 芝2000m(良) 1:58.9 (36.0) 1.0 ドリームジャーニー
8. 31 新潟 新潟記念 GIII 18 22.6(10人) 9着 吉田豊 55 芝2000m(良) 1:58.7 (35.5) 1.2 アルコセニョーラ
2009 1. 4 中山 中山金杯 GIII 16 38.9(11人) 3着 吉田豊 55 芝2000m(良) 1:58.6 (35.9) 0.1 アドマイヤフジ
2. 7 小倉 小倉大賞典 GIII 16 9.9(5人) 3着 福永祐一 55 芝1800m(良) 1:45.0 (34.6) 0.1 サンライズマックス
5. 9 新潟 新潟大賞典 GIII 16 31.6(9人) 6着 北村友一 55 芝2000m(良) 1:57.7 (34.9) 0.8 シンゲン
5. 31 東京 目黒記念 GII 18 19.4(8人) 1着 北村友一 55 芝2500m(不) 2:39.0 (38.0) -0.8 ジャガーメイル
7. 12 福島 七夕賞 GIII 16 4.6(1人) 1着 北村友一 57 芝2000m(良) 2:00.2 (35.1) -0.1 (アルコセニョーラ)
8. 23 札幌 札幌記念 GII 16 10.4(3人) 14着 福永祐一 57 芝2000m(良) 2:02.4 (37.3) 1.7 ヤマニンキングリー
11. 8 東京 アルゼンチン共和国杯 GII 18 25.1(11人) 1着 吉田隼人 57.5 芝2500m(良) 2:30.9 (34.7) -0.2 アーネストリー
12. 27 中山 有馬記念 GI 18 14.7(7人) 11着 吉田隼人 57 芝2500m(良) 2:32.8 (38.7) 2.8 ドリームジャーニー
2010 12. 11 小倉 中日新聞杯 GIII 18 27.7(8人) 18着 丸山元気 58 芝2000m(良) 2:00.9 (36.0) 2.2 トゥザグローリー
2011 1. 23 中山 AJCC GII 11 20.3(6人) 2着 吉田隼人 57 芝2200m(良) 2:14.3 (35.2) 0.1 トーセンジョーダン
2. 19 東京 ダイヤモンドS GIII 16 7.0(3人) 12着 吉田隼人 58 芝3400m(良) 3:35.0 (38.4) 3.1 コスモメドウ
4. 2 阪神 日経賞 GII 10 31.0(5人) 9着 吉田豊 57 芝2400m(良) 2:27.5 (36.5) 2.1 トゥザグローリー

血統表[編集]

ミヤビランベリ血統サドラーズウェルズ系ノーザンダンサー系)、Northern Dancer 3×5=15.63%)

*オペラハウス
Opera House 1988
鹿毛 イギリス
Sadler's Wells 1981
鹿毛 アメリカ
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Fairy Bridge Bold Reason
Special
Colorspin 1983
鹿毛 イギリス
High Top Derring-Do
Camenae
Reprocolor Jimmy Reppin
Blue Queen

アステオン 1996
鹿毛
ホリスキー 1979
黒鹿毛
マルゼンスキー Nijinsky
*シル
オキノバンダ *オンリーフォアライフ
メジロビーナス
ピアレスレデイ 1979
鹿毛
*テスコボーイ Princely Gift
Suncourt
イーストサイド *パーソロン
ミスハクリュウ F-No.12

主な近親[編集]

外部リンク[編集]