マンション管理士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マンション管理士
実施国 日本の旗 日本
資格種類 国家資格
分野 管理業務
認定団体 国土交通省
等級・称号 マンション管理士
公式サイト 財団法人マンション管理センター
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

マンション管理士(マンションかんりし)は、マンション管理組合コンサルタントに必要とされる一定の専門知識を有している事を証明する国家資格であり、マン管とも呼ばれる。

概説[編集]

マンション管理士は、専門知識をもってマンション管理組合の運営、大規模修繕等を含む建物構造上の技術的問題、その他マンションの維持・管理に関して、管理組合の管理者等又はマンションの区分所有者などの相談に応じ、適切な助言や指導、援助等のコンサルティング業務を行う。マンション管理のスペシャリストとして、主に管理組合の立場でマンション管理に関する様々な問題の解決をサポートする。

マンション管理士になるには、マンション管理士試験に合格し、マンション管理士として登録することが必要である。

マンション管理士は「名称独占資格」である為、マンション管理士以外の者がマンション管理士又はこれに紛らわしい名称を使用(名刺にマンション管理士と記載したり、看板でマンション管理士と表示)することは、その方法を問わず認められない。なお、名称の使用制限に違反して、マンション管理士でないのに、マンション管理士又はこれに紛らわしい名称を使用した者は、30万円以下の罰金に処せられる。ただし、マンション管理士は独占業務では無く、管理組合に助言する等の行為にマンション管理士の資格は必要がない。

戸田聡子が2004年に約1500人のマンション管理士に対して、他に所有している資格を調査したところ、宅地建物取引主任者が81.6%、管理業務主任者が73.9%であった。

派遣モデル事業[編集]

国土交通省がマンション管理士派遣のモデル事業創設
この事業は、平成19年度国庫補助事業として、分譲マンションストックの質の維持向上等及び専門家の能力向上のために、財団法人マンション管理センターが事業主体となり地方公共団体と連携し、マンション管理士を管理組合に派遣するなどし、マンション管理に対するアドバイス等を行うことで、地域における適正管理の基盤形成を促進するための措置を講じ、また、モデル的派遣による支援を受けた管理組合が管理状況の全部又は一部を登録・公開(簡易登録)することにより、「市場環境の整備」も図ることを目的としている。

この事業は平成19年度からの3か年計画で、初年度の平成19年度のモデル候補地域は、千葉県埼玉県大阪府東京都福岡県の市区となっている。なお、平成19年10月1日時点において、千葉県内5市と東京都内6区で実施されている。

マンション管理士試験[編集]

試験主体は国土交通大臣で、公益財団法人マンション管理センターを指定試験機関として実施する。

  • 受験資格
年齢・性別・学歴等の制限は一切ない。
  • 実施時期
年1回(通常11月の最終日曜日)
  • 実施地域
札幌市仙台市、東京都、名古屋市大阪市広島市福岡市那覇市並びにこれらの周辺地域
年度 受験申込者数 受験者数 合格者数 合格率 合格点
平成13年度
109,520人
96,906人
7,213人
7.4%
38点
平成14年度
62,124人
53,317人
3,719人
7.0%
36点
平成15年度
43,912人
37,752人
3,021人
8.0%
38点
平成16年度
36,307人
31,278人
2,746人
8.8%
30点
平成17年度
30,612人
26,184人
1,909人
7.3%
34点
平成18年度
25,284人
21,743人
1,814人
8.3%
37点
平成19年度
23,093人
19,980人
1,479人
7.4%
36点
平成20年度
22,462人
19,301人
1,666人
8.6%
37点
平成21年度
21,935人
19,120人
1,444人
7.6%
34点
平成22年度
20,348人
17,704人
1,524人
8.6%
37点
平成23年度
19,754人
17,088人
1,587人
9.3%
36点
平成24年度
18,894人
16,404人
1,498人
9.1%
34点
平成25年度
17,700人
15,383人
1,265人
8.2%
38点

マンション管理士試験の合格率は7~8%前後と、合格率の観点から見ると一級建築士(学科:15.1%、製図41.7%、総合8.1%/H20)、土地家屋調査士(8.03%/H20)等と並ぶ難関試験である。なお管理業務主任者試験合格者には、マンションの管理の適正化の推進に関する法律等の出題分の5問免除の規定があるため、管理業務主任者試験の合格者による受験が多くなっている(平成22年度マンション管理士試験受験者の32.4%が管理業務主任者試験の合格者)。しかし、受験者の総数は、試験開始当初(平成13年)から年々減少傾向にある。また一般に、宅地建物取引主任者および管理業務主任者を受験するために必要な勉強時間が300時間程度といわれているのに対して、マンション管理士は600時間程度といわれている。現在の合格者総数は全国で約2万人で、実際の登録者数(マンション管理士の名称を用いる事が出来る者)は約1万5千人。

類似資格[編集]

マンション管理士と名称が類似している資格として、「区分所有管理士」「賃貸不動産管理士」「賃貸不動産経営管理士」「賃貸住宅管理士」等が存在するが、これらはいずれの資格も国家資格ではなく、マンション管理士とは異なる資格である。

  • 区分所有管理士:受験者数334名合格者173名合格率 51.80%(平成22年度)累積合格者4955名
  • 賃貸不動産管理士:講習(2日間)を受講し、終了時に行われる試験に合格すれば、登録可能。
  • 賃貸不動産経営管理士:講習(2日間)の受講後、基本講習修了時試験に合格し、合格者を対象とした登録講習(1日)を受講。その修了者を資格者として認定。
  • 賃貸住宅管理士:1次研修(2日間)、2次研修(1日のみ)を受講し、各修了試験に合格した後、登録手続き

関連項目[編集]

外部リンク[編集]