マット・ジロード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マット・ジロード (Matthew Scott "Matt" Giraud1985年5月11日 - ) は、アメリカ合衆国シンガーソングライターミュージシャンミシガン州カラマズー出身。リアリティ番組アメリカン・アイドルシーズン8のファイナリストで第5位となった。Judges' Save により残った最初の出場者である。

生い立ち[編集]

ミシガン州ディアボーンで生まれたが、イプシランティで育ち、2003年、リンカーン高等学校を卒業。父親はダニエル・ジロード、母親はKami Zoltanski 、姉妹はエイプリル[1]。イプシランティの教会でドラム演奏と歌を始めた。

Western Michigan University を卒業[2]したカラマズーのクラブで演奏を始めた[3]。大学在学中Gold Company のジャズ・ヴォーカル・プログラムを受けた。

アメリカン・アイドル[編集]

概要[編集]

ケンタッキー州ルイビルで『アメリカン・アイドル』シーズン8のオーディションを受けた。ハリウッド予選では審査員に気に入られ、ランディ・ジャクソンは彼のお気に入り5名に入ると語った。ハリウッド予選中、後に優勝者となるクリス・アレンを含む出場者で構成されるWhite Chocolateというグループでジャクソン5の『帰ってほしいの』を歌った。当初ジロードはハリウッド予選を順当に通過できなかったが、Wild Card により復活。オリジナルはThe Miracles でジャクソン5でヒットした『Who's Lovin' You 』を歌い、審査員は満場一致で称賛し、アヌープ・デサイミーガン・ジョイジャスミン・マーレイと共にトップ13となった。また2009年4月15日、彼はこの審査員メンバーにより復活された最初で唯一の出場者となった。トップ13でのマイケル・ジャクソンの『ヒューマン・ネイチャー』演奏後、審査員のカーラ・ディオガルディは「これから毎週聴きたい」と述べた[4]。トップ11となった際キャリー・アンダーウッドの『So Small 』を演奏したが審査員には不評でサイモン・コーウェルは「このオーディションに出場する資格があるとは思えない」と言い、マイケル・ブーブレと比較した[5]。トップ8ではスティーヴィー・ワンダーの『パートタイム・ラヴァー』を演奏し、審査員のポーラ・アブドゥルは時間の都合で短いながらも「2語だけ。スタンディング・オヴェーション」と称賛した[6]。しかしながら翌週のトップ7の際、ジャクソンとディオガルディから酷評を受け、翌日の投票結果発表では最下位の得票数となった。しかし『アメリカン・アイドル』史上初めて審査員により残留が決定され、敗退から免れた。シーズン8から新しく設置されたルールを使用したものであった[7]。この結果、トップ7のオーディションが2週に亘って行なわれた。2週目のトップ7の際、ビージーズの『ステイン・アライヴ』を演奏し、賛否両論となった。にも関わらず、充分な投票数を得て最下3位から逃れた。2009年4月29日、敗退し第5位となった。その後のインタビューで、「審査員が残留を決めてくれたことは決して無駄ではなかった」と語った。彼はジョエル・メイデンのお気に入りであり[8]、またレディ・ガガは彼の敗退の放送を観て非常に残念だったと語った[9]

演奏曲および結果[編集]

その後[編集]

4月30日、『ザ・トゥナイト・ショー・ウィズ・ジェイ・レノ』と『トゥデイ』、5月4日、『エレンの部屋』と『Access Hollywood 』、5月6日、『Live! with Kelly and Michael 』に出演した。また2009年5月25日、『ラリー・キング・ライブ』でこのシーズンのトップ10に入った出場者が出演し『アメリカン・アイドル』に焦点を当てた番組が放送され、彼は「クラスで一番のお調子者」で彼らの中では一番の浮気者と表現された。7月から9月まで、『アメリカン・アイドル』シーズン8の他の出場者と共に『アメリカン・アイドル・ライヴ・ツアー』に出演[10]オーティス・レディングの『Hard to Handle 』、レイ・チャールズの『我が心のジョージア』、ザ・フレイの『ユー・ファウンド・ミー』を歌った[11]。2010年3月11日、アメリカン・アイドル『Results Show 』でビリー・ジョエルScott MacIntyre の『Tell Her About It 』を演奏した。

経歴[編集]

2003年、アルバム『Perspective 』、2006年、アルバム『Mind Body and Soul 』を発表[2]

2010年1月29日、ミシガン州グランドラピッズForest Hills Fine Arts Center で初めてのソロ・ツアーが開始された[12]

Anna Wilson と共に『You Don't Know Me 』のカヴァー曲をレコーディング[13]

2010年8月9日、ジム・ブリックマンの曲『Thank You 』に出演[14]

テネシー州ナッシュビルグランド・オール・オープリーAnna Wilson の『Countrypolitan Duets 』の発表に合わせ出演。

プライベート[編集]

ジロードはキリスト教徒であり[15]Gracespring Bible Church (旧Richland Bible Church )に通っている[16]

受賞歴[編集]

部門 結果
2009 ティーン・チョイス・アワード 夏のコンサート・ツアー (『アメリカン・アイドル』シーズン8トップ10の1人として) ノミネート

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.mlive.com/news/kalamazoo/index.ssf/2009/05/opinion_column_matt_giraud_is.html
  2. ^ a b Los Angeles Times (2009年2月12日). “The Contenders: Meet Matt Giraud”. The Los Angeles Times. http://latimesblogs.latimes.com/americanidoltracker/2009/02/the-contende-28.html 2009年3月14日閲覧。 
  3. ^ http://www.mlive.com/news/kzgazette/index.ssf?/base/news-32/123459063858410.xml&coll=7
  4. ^ MJs Top 13 Performances Recap & Review.”. 2009年3月10日閲覧。
  5. ^ MJs Top 11 Performances Recap & Review.”. 2009年3月17日閲覧。
  6. ^ MJs Top 8 Performances Recap & Review.”. 2009年4月7日閲覧。
  7. ^ "American Idol" Judges Save Matt Giraud.”. 2009年4月16日閲覧。
  8. ^ http://tvwatch.people.com/2009/04/30/idols-matt-giraud-counts-joel-madden-as-a-fan/
  9. ^ http://www.rollingstone.com/rockdaily/index.php/2009/05/06/american-idol-s-matt-giraud-on-winning-over-lady-gaga-dancing-with-paula-abdul/
  10. ^ [1]
  11. ^ [2]
  12. ^ [3]
  13. ^ [4]
  14. ^ [5]
  15. ^ http://www.one21music.com/2009/02/3-new-christians-to-follow-on-american-idol-watch-tonight/
  16. ^ http://www.mlive.com/tv/index.ssf/2009/04/richland_church_hosts_party_to.html

外部リンク[編集]