ペルーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴォーロスを打ち負かすペルーン。
ペルーンの木像。ウクライナキエフにて。

ペルーン (Perun) またはペルンは、スラヴ神話主神であり、雷神[1]ポーランド語ではピョルンチェコ語ではペラウンスロバキア語ではペロンという名前で呼ばれる[2]。名前の語源は最古のアーリア族時代に求められる[2]

神話[編集]

スラヴ神話における最高神と考えられている。その名には「雷で打つ者」を意味するという説もある[3][1]。名前については、近隣のバルト地方で信仰されていた神ペルクーナスやペールコンスと語源が近いとも、前述のように、アルバニアのペレンディや北欧神話フィヨルギュンといった印欧神話の神々の名前と語源学や神話学の面で近いとも考えられている[4]

類似する多くの雷神と同じように、髭を生やした中年男性の姿をしている。[要出典]19世紀の民俗学者アファナーシェフが紹介するところでは、ペルーンは雷と稲妻を武器とし、敵対者に向かって炎の矢を降らせる。その乗り物は翼のあるが引く馬車で、空を駆け、農地に雨をもたらすという[5]1202年に書かれた『言語母論』においては、ペルーンは「ジュピター」という名前で訳されている[2]。こうした点から、19世紀以降、研究者はペルーンを、ギリシア神話で稲妻を用いるゼウスや北欧神話で鎚を振るうトールと同様の雷神とみなすことが多い[6]。またペルーンは、後に旧約聖書の預言者エリヤに結び付けられた[1]

ペルーンの神話では、天空に座するペルーンと大地に座するヴォーロスがしばしば対立している。その一騎打ちに勝利を収めたペルーンは、水や家畜や女性を解放し、農作物の実りを豊かにする慈雨をもたらす。そのため、雷や雨、それによってもたらされる豊穣の神と解釈され、南スラヴの降雨儀式の中に、その痕跡が残っている[1]

信仰[編集]

ペルーンは、『ルーシ原初年代記』980年の項目の一番に名前が挙がり、ルーシの侯と従士団がペルーンと武器に誓いを立てる場面が3箇所にみられるなど、守護神として、また軍神として崇められていた[1]。キエフ大公オリガと彼女の率いる戦士達が、戦場へ赴くにあたって、ペルーンの加護を祈った、またイーゴリ大公が、ペルーンの偶像の立つ岡の上に、己の装備していた武器と盾、及び黄金を置いた、などの伝承がある[7]

ペルーンへの信仰は東スラヴの各所に存在したと言われている[8]。キエフ大公ヴラジーミルが建てた、キエフの丘の神殿に立つ6体の神像のうち1体もペルーンであった[9][1]。頭部は銀、髭は金で彩られた神として表現されていたという。このキエフの丘には、他にも5柱の神(ストリボーグダジボーグホルスモコシセマルグル)が祀られていた。人々はこれらの神像に、家族で集って参拝し、生贄も捧げていた[9]

988年、ヴラジーミルは古来の宗教からキリスト教ビザンチンのギリシャ正教)へ改宗することを決め、家臣達にも洗礼を受けさせた。ペルーンを主として信仰していた支配階層が改宗していったことで、ペルーンへの信仰は失われ、その像はドニエプル川に投棄されたという。そして古来の神々は異教とみなされ、排斥されていった[10]。しかし一般の人々は、不思議なを持つ力強い農夫の姿をした神として、ペルーンの事を語り継いでいった[11]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 中堀 2003 pp. 479-480.
  2. ^ a b c アレグザンスキー 1993 p. 57.
  3. ^ 伊東 2002, pp. 51-52.
  4. ^ 伊東 2002, p. 52.
  5. ^ 清水 1995 p. 103.
  6. ^ ワーナー 2004 p. 18.
  7. ^ アレグザンスキー 1993 p. 60.
  8. ^ ワーナー 2004 p. 17.
  9. ^ a b ワーナー 2004 p. 8.
  10. ^ アレグザンスキー 1993 p. 64.
  11. ^ アレグザンスキー 1993 pp. 64-65.

参考文献[編集]

関連項目[編集]