アレクサンドル・アファナーシェフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アファナーシエフ

アレクサンドル・ニコライェヴィチ・アファナーシエフАлександр Николаевич Афанасьев1826年7月11日 - 1871年10月23日)はロシア民俗学者。ロシア民話研究の第一人者で、「ロシアのグリム兄弟」とも称される。

600以上の民話伝承を編纂しており、その数は世界で最も多い。[1]

生涯[編集]

ヴォロネジのギムナジウムからモスクワ大学法学部へ進学し、[2]コンスタンチン・カヴェーリンティモフェイ・グラフノスキーから講義を受ける。彼は中世ロシア史の研究を行っていたが、セルゲイ・ウヴァーロフに反抗したため、大学での研究を続けられなくなった。

公文書館で働くが、活動家のアレクサンドル・ゲルツェンとの接触があったことから職を失う。貧しい暮らしの中で結核にかかり45歳でこの世を去る。

民話編纂[編集]

アファナーシエフは1850年頃からロシア民話への関心を強めた。ウラジーミル・ダーリロシア地理学協会の資料などを基に編纂し、1855年から1863年にかけて『ロシア民話集』を刊行した。1865年から1869年にかけては、スラヴ人の自然観についてまとめた『スラヴ人の詩的自然観』を刊行した。『ロシア滑稽譚』は猥雑さや教会批判などから検閲を免れられないため、ジュネーヴで刊行された。[3][4]

重要性[編集]

アファナーシエフ以前はロシア民俗研究はあまり成されなかった。10世紀に教会スラヴ語で記録されるようになったが、教会の慣習にかかわるものが主であり、19世紀頃まで民俗的物語は文字に残されなかった。アファーナシェフの編纂は民俗研究にとって価値の高いものであり、ニコライ・リムスキー=コルサコフイーゴリ・ストラヴィンスキーの芸術作品にも大きな影響を与えている。[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Riordan, James. “Russian Fairy Tales and Their Collectors.” A Companion to the Fairy Tale. Ed. Hilda Ellis Davidson and Anna Chaudhri. Cambridge: D.S. Brewer, 2003. Page 221.
  2. ^ Zipes, Jack. Afanasyev, Aleksander. "The Oxford Companion to Fairy Tales." Oxford: Oxford University Press, 2000.
  3. ^ Zipes, Jack. Afanasyev, Aleksander. "The Oxford Companion to Fairy Tales." Oxford: Oxford University Press, 2000.
  4. ^ Haney, Hack V. :Mr Afanasiev's Naughty Little Secrets: Russian Secret Tales." SEEFA Journal, Vol. III, No. 2, Fall 1998. 21 April 2007 [1].
  5. ^ Riordan, James. “Russian Fairy Tales and Their Collectors.” A Companion to the Fairy Tale. Ed. Hilda Ellis Davidson and Anna Chaudhri. Cambridge: D.S. Brewer, 2003. Page 219.