コンスタンチン・カヴェーリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンスタンチン・カヴェーリン

コンスタンチン・ドミトリエヴィチ・カヴェーリンКонстантин Дмитриевич КавелинKonstantin Dmitrievich Kavelin1818年11月4日 - 1885年3月5日)は、ロシア歴史学者法学者社会学者。しばしばロシア自由主義の初期における主要な創設者、主導者と称される[1]

サンクトペテルブルクの古い貴族の家系に生まれる。モスクワ大学法学部を経て、1839年ペテルブルク大学で法学を専攻する。チモフェイ・グラノフスキーアレクサンドル・ゲルツェンと並び「西欧派」の指導的思想家となる。1855年ゲルツェンはカヴェーリンが提唱した農奴解放案を公表したが、このことはカヴェーリンを皇太子付き家庭教師の職から遠ざけることにつながった。1860年代にはカヴェーリンは徐々に右傾化し、自由経済協会の会長に就任する。カヴェーリンは「西欧派」から「スラブ派」に転向し、1887年にはスラブ派の立場から『ロシア史短観』を著し、ロシア国民の歴史装置としての国家を称揚している。

何人かの研究者によって、カヴェーリンがレフ・トルストイの小説『アンナ・カレーニナ』の登場人物、スティバ・オブロンスキーのプロトタイプになったと主張されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ パシュカーニス『法の一般理論とマルクス主義』(稲子恒夫訳,日本評論社,1958年)人名索引1頁