ペルシティツァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯42度05分 東経24度55分 / 北緯42.083度 東経24.917度 / 42.083; 24.917

ペルシティツァ
Перущица
ペルシティツァの位置(ブルガリア内)
ペルシティツァ
ペルシティツァ
ブルガリア内のペルシティツァの位置
ブルガリアの旗 ブルガリア
州(オブラスト) プロヴディフ州
基礎自治体 ペルシティツァ
自治体全域の人口 5374 [1]
(2011年12月15日現在)
町の人口 5374 [1]
(2011年12月15日現在)
ナンバープレート PB
標高 437 m
標準時 EETUTC+2
夏時間EESTUTC+3

ペルシティツァブルガリア語:Перущица / Perushtitsa)は、ブルガリア中部の町、およびそれを中心とした基礎自治体であり、プロヴディフ州に属する。ロドピ山脈のふもとに位置し、プロヴディフから22キロメートルの距離にある。

ペルシティツァ近くの赤の聖堂Red Church

1876年、オスマン帝国支配に対する4月蜂起の中で戦場となったことで知られており、帝国の非正規兵(バシ・ボズク Bashi-bazouk)によって住民の過半が虐殺された。フランスのジャーナリストIvan de Woestyneは1876年に町を訪れたときのことをフィガロ紙に記しており、2千人の住民のうち生き残っているのは老人と子ども150人のみであると書かれている[2]

「ペルシティツァ」の名は、スラヴ神話の神ペルーンに由来するペリスティツァ(Peristitsa)から来ている[3]

ペルシティツァではマヴルッドMavrud)種のブドウが栽培されており、ブルガリア・ワインの生産地である。ペルシティツァの中心部から2キロメートル南には、5世紀から6世紀にかけてのキリスト教聖堂の遺跡・赤の聖堂Red Church)があり、ペルシティツァの象徴となっている。

町村[編集]

ペルシティツァ基礎自治体(Община Перущица)に属する町村(集落)は、ペルシティツァのみである。

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Таблица на населението по постоянен и настоящ адрес” (ブルガリア語). Главна Дирекция - Гражданска Регистрация и Административно Обслужване (2011年12月15日). 2012年1月18日閲覧。
  2. ^ de Woestyne, Ivan (1876). Voyage au pays des Bachi-Bouzoucks. Bachelin-Deflorenne, Paris. 
  3. ^ Панайотов, Иван (1974). Върховръх. Мединица и Физкултура.