ホルス (スラヴ神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホルス古東スラブ語: Хърсъロシア語: Хорс。Kghors、またはHors/Hurs)は、スラヴ神話太陽神

その詳細については不明な点が多く、その名も『原初年代記』などいくつかの年代記に見られるのみであり、ウラジーミル1世による、キリスト教導入以前の宗教政策において、スラヴ外から持ち込まれた神だといわれている。その出所に関しては、おそらくイランの太陽神に起源を持つと推測されている[1]

ホルスの信仰についても同様に不明瞭であり、冬の太陽であるホルスは春になると新たな神格に生まれ変わるとか、病平癒や健康・長寿の神などと説明されることもある。また疫病、狩猟の神という説もある[2]

ウラジーミル1世の建てた「キエフの丘」の6体の神像のひとつである[3]

出典[編集]

  1. ^ 清水睦夫「ロシア国家の起源」p44
  2. ^ 清水睦夫「ロシア国家の起源」p47
  3. ^ 『神の文化史事典』、白水社、2013年、497頁より引用

参考文献[編集]

  • 清水睦夫「ロシア国家の起源」//『世界歴史体系 ロシア史 1 -9世紀~17世紀-』、田中陽兒・倉持俊一・和田春樹編、山川出版社、1995年。