ブラッド・グザン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラッド・グザン Football pictogram.svg
Brad Guzan vs Belgium 1.jpg
2013年、アメリカ代表でのグザン
名前
本名 Bradley Edwin Guzan[1]
カタカナ ブラッドリー・エドウィン・グザン
ラテン文字 Brad Guzan
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 1984年9月9日(29歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 イリノイ州エバーグリーン・パーク
身長 193cm
体重 95kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 アストン・ヴィラFC
ポジション GK
背番号 1
利き足 左足
ユース
2003-2004 アメリカ合衆国の旗 サウスカロライナ・ゲームコックス男子サッカー部
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004 アメリカ合衆国の旗 シカゴ・ファイアー・プレミア 13 (0)
2005-2008 アメリカ合衆国の旗 チーヴァスUSA 79 (0)
2008- イングランドの旗 アストン・ヴィラ 74 (0)
2011 イングランドの旗 ハル・シティ (loan) 16 (0)
代表歴2
2008 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 U-23 5 (0)
2006- アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 24 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年3月17日現在。
2. 2013年10月20日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj
2009年8月、UEFAヨーロッパリーグ 2009-10敵地SKラピード・ウィーン戦前にアストン・ヴィラの同僚達と整列するグザン(黄色の服)

ブラッドリー・エドウィン "ブラッド"・グザンBradley Edwin "Brad" Guzan, 1984年9月9日 - )は、アメリカ合衆国イリノイ州エバーグリーン・パーク出身のサッカー選手アメリカ代表。ポジションはGKプレミアリーグアストン・ヴィラFC所属。

経歴[編集]

クラブ[編集]

アメリカ[編集]

イリノイ州エバーグリーン・パークに生まれホーマー・グレンで育ったグザンは、少年時代に在籍したシカゴ・マジックSCから、2003年に卒業したプロヴィデンス・カトリック高校までゴールキーパーと並んで守備的ミッドフィルダーやセンターバックも務め、高校の上級生時代にはフィールドプレイヤーとして州選手権でチームを優勝に導き、オールミッドウェストとオールステートに選出される活躍を見せた[2]。しかし、大学レベルでプレイする能力が足りないと感じた[3]ためにサウスカロライナ大学でゴールキーパーに本格的にゴールキーパーとして転向し、2年生の時にオールアメリカン2軍に選出された[4]。また、大学サッカーで活動すると同時にUSLプレミアデベロップメントリーグシカゴ・ファイアー・リザーブズにも所属し、レギュラーシーズン全18試合中13試合に出場。合計僅か5失点・リーグ最多の8試合完封の活躍を見せ、出場した全試合の勝利に貢献[5]し、チームを中央地区ハートランド・ディヴィジョン優勝にしてプレーオフ進出に貢献した[6]。最終的にプレーオフを勝ち抜くことは出来なかったものの、リーグのベストイレブンに選出された[7]

メジャーリーグサッカーアメリカ合衆国サッカー連盟が共同で若手発掘を目的としたプロジェクト40en)と2005年に契約することで大学生活から別れを告げると共に同年のスーパードラフトで1巡目・全体の2番目でチーヴァスUSAから指名されて入団[8]。プロ3年目の2007年シーズンには、トニー・メオラen)に次ぐリーグ歴代2位となる13試合完封を達成する活躍等から年間最優秀GK英語版に選出された[9]

アストン・ヴィラ[編集]

移籍が噂されるアルトゥール・ボルツの後釜として、2008年1月に推定移籍金100万ポンドスコットランド1部セルティックFCからオファーを受け[10]、その後、セルティックの練習に参加したことで契約を締結するかと思われる中、今度は28日にスコット・カーソンの後釜として、移籍金200万ポンドでイングランド1部アストン・ヴィラFCからオファーが届いた[11][12]。どちらのクラブと契約するか注目を集めていたが、最終的に労働許可証の申請が許可されずに破談となった[13]。しかし、グザンを諦めきれずにいたアストン・ヴィラ側から2008年夏の移籍市場でオファーを受け、7月14日に移籍金65万ポンドで合意に達した。なお、前回のオファーからの大幅な減額は、チーヴァスUSAとの契約は残り半年であり、2009年1月の移籍市場で自由契約選手としてアストン・ヴィラへの加入が可能だったために起こったことだった[14]。8月1日に労働許可証が許可されて晴れて正式に一員となった[15]

アストン・ヴィラでは、同時期に加入した同胞のブラッド・フリーデルの存在と北京オリンピックに参加していたため、9月25日のフットボールリーグカップでのクイーンズ・パーク・レンジャーズFC戦まで公式戦初出場を待たなくてはならなかった[16]。欧州カップ戦初出場を飾った2008年11月6日のUEFAカップ 2008-09敵地SKスラヴィア・プラハ戦での無失点に抑えるパフォーマンスは、マーティン・オニール監督から「偉大なゴールキーパーであり、彼が労働許可証を所持していて良かった」と称賛された[17]。その後、2009年2月18日のヴィラ・パークでのPFC CSKAモスクワとの第1戦で先発出場をし、3月22日のリヴァプールFC戦(0-5)でフリーデルがレッドカードを貰ったことにより途中出場でリーグ初出場を飾っている[18]

2009-10シーズン前に行われたピースカップでは、正GKとしてアトランテFCFCポルトユヴェントスFC戦の全試合に出場。特にユヴェントスとの決勝戦のPK戦ヴィンチェンツォ・イアクインタアレッサンドロ・デル・ピエロニコラ・レグロッターリエのシュートを防ぐ活躍を見せ、優勝に貢献した[19]。なお、チームは唯一グループリーグのマラガCF戦で敗北しているが、その試合にグザンは出場していなかった。このようにシーズン前に出色の出来を見せていたにもかかわらず、ウィガン・アスレティックFCとの新シーズン開幕戦をフリーデルに譲り、昨季同様にカップ戦要員に甘んじることとなったが、2009年10月27日のスタジアム・オブ・ライトでのサンダーランドAFCとのリーグカップベスト16で通常の時間帯で1度、PK戦で3度ものペナルティーキックを防ぐ活躍を見せた[20]。だが、マンチェスター・ユナイテッドFCとの決勝戦という重要な一戦では、オニール監督は経験豊富のフリーデルを選択したことで出場することはなかった[21]

ハル・シティへの期限付き移籍
2011年、ハル・シティAFCでのグザン

2010年12月31日に同国2部ハル・シティAFCに1ヶ月の期限付き移籍をする[22]。ハル・シティでは、アーセナルFCから期限付き移籍をしていたヴィト・マンノーネの故障もあって正GKを務めることとなり、2011年1月1日のレスター・シティFC戦(0-1)で早速初出場を飾る[23]と、次のポーツマスFC戦(3-2)にも出場し、バーンズリーFC戦で移籍後初完封を達成した[24]。加入してからすぐさまチームに順応しての活躍が評価され、1月25日に2月まで期限付き期間が延長され[25]、最終的に2月28日にアストン・ヴィラへ復帰するまでの間でリーグ戦11試合に出場した[26]

しかし、マンノーネがまたしても負傷したことで緊急融資によって3月7日にハル・シティと再契約を締結[27]し、翌8日のバーンリーFC戦で復帰後初出場をする[28]。4月9日の敵地でのワトフォードFC戦(2-1)が最後の試合だった[29][30]

アストン・ヴィラ復帰

2011-12シーズンは、長年のライバルであるフリーデルがトッテナム・ホットスパーFCへ移籍するも、入れ替わりに加入したシェイ・ギブンの存在から暫くの間控えだったが、2011年12月3日のマンチェスター・ユナイテッド戦でギブンが負傷したために途中出場にしてプレミアリーグ2度目の出場を果たした[31]。以後、ハムストリングを負傷したギブンに代わって1ヶ月ゴールを守ることとなり、その間の試合では敵地でのチェルシーFC戦で強豪相手に勝利を本拠地では未勝利とチーム全体で見ると低迷したものの、グザン個人としてはFAカップブリストル・ローヴァーズFC戦でのPKストップ等でギブンの穴を埋める活躍を見せたことでアレックス・マクリーシュ監督から「ギブンが元の位置に戻れる保証はない」と称賛された[32]。しかし、ギヴンが復帰すると再び控えに落ち着いており、その状況に不満を持ったことでマクリーシュ監督から契約延長を示唆された[33]ものの、自身の代理人と相談の末に退団することを決意[21]し、そして6月の契約満了に伴い放出されることがクラブ側から発表された[34]

アストン・ヴィラ退団後は、イングランドとドイツのクラブから関心を寄せられていたために交渉を開始しようとした矢先、アストン・ヴィラがマクリーシュ監督を解雇してポール・ランバート監督を就任させたことで復帰を検討し始め、ランバート監督と会談した際に重要な戦力と告げられて復帰に至る[21]。そして、2012年7月16日に正式に契約する[35]と共にランバート新監督の下でアメリカへの合宿メンバー25人に含まれていることが確認された[36]2012-13シーズンもギブンの控えとしてのスタートだったが、開幕から2連敗をしたことを機に第3節のセント・ジェームズ・パークでのニューカッスル・ユナイテッドFC戦(1-1)で再契約後初にして先発出場を果たす[21]と、1度の失点こそ許しているが2度の決定機を見事に防いで同試合の最優秀選手に選出され[37]、次のスウォンジ・シティAFC戦(2-0)では、初の完封勝利を達成して自身の能力とランバート監督の判断の正しさを証明した。その一方で12月23日のチェルシー戦(8失点)と26日のトッテナム戦(4失点)の2試合で12失点を許したことで疑問視される場面も見られたが、依然としてランバート監督からの信頼は厚く[38]、シーズン終了まで全試合に先発出場をしてポジションを守り抜いた。残留争いに巻き込まれるチームの中にあって随所に好守を披露して危機を救ったことが評価され、シーズン終了後に選手とサポーターの投票による2つの最優秀選手に選出された[39]。また、正GKとしての地位を確立したことで背番号1を継承し、7月6日に新たに4年契約を締結した[40]

2013年9月28日のマンチェスター・シティ戦ではゴールキックからアンドレアス・ヴァイマンの決勝点をアシストした[41]

代表[編集]

アメリカ代表としては、2006年2月19日のグアテマラとの親善試合で初出場を飾った[42]が、この年は同試合に出場したのみに終わり、2006 FIFAワールドカップのメンバーに選出されることもなかった。

ワールドカップ終了後は、主にティム・ハワードケーシー・ケラーの控えとして2007 CONCACAFゴールドカップコパ・アメリカ2007に参加し、前者では出場機会が訪れなかったが、後者のコロンビア戦(0-1)で代表2試合目を飾り、敗戦こそしたものの、PKを含め幾つかの決定機を防ぎ奮闘した[43]。アメリカ代表史上最大差勝利試合となった2008年8月16日の2010 FIFAワールドカップ・北中米カリブ海予選2次予選第2戦でのバルバドス戦(8-0)でワールドカップ予選初出場を飾り、その後の同大会では、最終予選のトリニダード・トバゴ戦(1-2)とグアテマラ戦(2-0)に先発出場し、ハワードの累積警告での出場停止によってエルサルバドル戦(2-2)でもゴールを守った。FIFAコンフェデレーションズカップ2009では、エジプト戦(3-0)の1試合に出場。2010 FIFAワールドカップではメンバー入りを果たしたが出番はなかった。

以降はハワードに次ぐ2番手としての地位を確固としている中、ハワードが背中の怪我を療養してる間に2013年3月の2014 FIFAワールドカップ・北中米カリブ海予選最終予選のディックス・スポーティング・グッズ・パークでのコスタリカ戦(1-0)とエスタディオ・アステカでのライバルメキシコ戦との2試合で先発を務め、2試合共に無失点に抑えた。

また、2008年には北京オリンピックでFWのブライアン・マクブライド、DFのマイケル・パークハーストen)と共にオーバーエイジ枠でメンバー入りをしており、グループリーグの3試合全てに出場している[44]

タイトル[編集]

代表
個人

脚注[編集]

  1. ^ "Premier League Clubs submit Squad Lists" The Football Association
  2. ^ "Not the finished product yet"
  3. ^ "Brad Guzan: "I used to play almost as a holding midfielder. I used to go round smashing people.""
  4. ^ "Soccer's Brad Guzan Garners All-America honors"
  5. ^ "South Carolina's Brad Guzan Earns PDL All-League Honors"
  6. ^ "Undefeated Chicago Fire Reserves Enter the PDL Playoffs"
  7. ^ "PDL All-League Team announced" pdl.uslsoccer.com
  8. ^ "Chivas USA picks GK Brad Guzan - MLS SuperDraft 2005"
  9. ^ "Chivas USA's Guzan wins top goalkeeper award; Parkhurst gets Fair Play honor"
  10. ^ "Guzan mulling over Celtic offer"
  11. ^ "Aston Villa offers $4 million for Guzan"
  12. ^ "Aston Villa makes close to $4 million bid for Guzan"
  13. ^ "Guzan to return to MLS after work permit denied"
  14. ^ "Sooner the better for American Brad Guzan"
  15. ^ "Villa Given Guzan Work Permit"
  16. ^ "No joy for Guzan on Aston Villa debut"
  17. ^ "Slavia Prague 0-1 Aston Villa" BBCスポーツ
  18. ^ "Gerrard and his rampaging Reds relaunch the title race"
  19. ^ "Aston Villa win Peace Cup after beating Juventus"
  20. ^ "Sunderland 0 - 0 Aston Villa" BBCスポーツ
  21. ^ a b c d "Surrendering His Front-Row Seat"
  22. ^ "Aston Villa loan out No 2 keeper Brad Guzan to Championship side Hull City"
  23. ^ "Hull 0 - 1 Leicester" BBCスポーツ
  24. ^ "Hull 2–0 Barnsley"
  25. ^ "Hull City extend the loan of Villa keeper Brad Guzan"
  26. ^ "Hull City sign David Amoo but Brad Guzan exits"
  27. ^ "Hull City re-sign Aston Villa keeper Brad Guzan on loan"
  28. ^ "Hull 0–1 Burnley" BBCスポーツ
  29. ^ "Watford 1 Hull 2: Brad Guzan's had a Hull of a good time"
  30. ^ "Guzan seeks Villa talks"
  31. ^ "Aston Villa 0 - 1 Man Utd" BBCスポーツ
  32. ^ "McLeish keeping options open"
  33. ^ "Brad Guzan offered new Aston Villa contract"
  34. ^ "Aston Villa releases Brad Guzan"
  35. ^ "Brad Guzan signs three-year Aston Villa contract"
  36. ^ "USA Tour: Confirmed Villa party set for flight"
  37. ^ "Brad attitude: Guzan determined to keep Given out of the Villa team"
  38. ^ "Brad Guzan backs Aston Villa to survive despite Christmas humblings"
  39. ^ "Guzan named Aston Villa's Player of the Year"
  40. ^ "Aston Villa goalkeeper Brad Guzan signs new four-year deal"
  41. ^ "Premier League: Aston Villa stun Manchester City with a 3-2 win at Villa Park"
  42. ^ "Johnson finds net as U.S. cruises past Guatemala 4-0"
  43. ^ "Colombia completes winless Copa America for U.S."
  44. ^ "Brad GUZAN" FIFA.com

外部リンク[編集]