ボブ・ブラッドリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボブ・ブラッドリー Football pictogram.svg
Bob-bradley-07-04-09.jpg
名前
本名 ロバート・ブラッドリー
愛称 Bob
カタカナ ボブ・ブラッドリー
ラテン文字 Bob Bradley
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 1958年3月3日(56歳)
出身地 ニュージャージー州
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ボブ・ブラッドリーBob Bradley 1958年3月3日 - )は、アメリカニュージャージー州生まれのサッカー指導者。

来歴[編集]

1981年、22歳の時にオハイオ大学でサッカー指導者としてのキャリアを開始する。1983年、彼の前のアメリカ代表監督だったブルース・アリーナに誘われ、バージニア大学で彼の元でアシスタントコーチを務める。1984年プリンストン大学で監督に就任。同大学を11年にも亘り指導する。 1996年、新しくスタートしたメジャーリーグサッカー(MLS)のD.C. ユナイテッドで再びブルース・アリーナの元でアシスタントコーチを務める。

1998年、新しくMLSに加入したシカゴ・ファイアーの監督に就任。チームをMLSカップUSオープンカップの2冠に導き、その年のMLSのコーチ・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀監督)を受賞する。 その後、メトロスターズ(現ニューヨーク・レッドブルズ)、チーヴァスUSAの監督を歴任。チーヴァスUSAでは前年最下位だったチームをプレーオフまで導き、自身2度目となるコーチ・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀監督)を受賞した。

2006年12月、2006 FIFAワールドカップでの成績の責任を取り退任したブルース・アリーナの後任としてアメリカ代表監督に就任。2007年6月にアメリカで行われた2007 CONCACAFゴールドカップで見事に4回目の優勝を果たし評価を高めるが、その直後に行われたベネズエラで行われたコパ・アメリカ2007ではグループリーグ全敗で終えて批判を受ける。

2009年6月、北中米代表としてFIFAコンフェデレーションズカップ2009に出場。グループリーグを辛くも突破し、準決勝でスペインを撃破[1]。決勝でもブラジルを相手に2点をリードしあと一歩のところまで追い詰めたものの、2-3で敗れた。

2010 FIFAワールドカップでは一時グループリーグ敗退の危機もあったが、最終的にはグループリーグを1位突破してベスト16を成し遂げる。2010年8月、契約を4年延長した。

2011 CONCACAFゴールドカップでの低パフォーマンスが要因で、2011年7月28日にアメリカ合衆国サッカー連盟により解任された[2]

同年9月14日、エジプト代表監督への就任が決定した。しかし、2014 FIFAワールドカップ・アフリカ3次予選においてガーナとの一戦で2試合合計スコア3-7と敗北しワールドカップ出場権を獲得出来ず解任された。

2014年1月2日ノルウェースターベクIFの監督に就任。

人物 [編集]

  • サッカー選手のマイケル・ブラッドリーは実子。2006年から2011年まで在任していたアメリカ代表では父親が監督、息子が選手という形で活躍していた。
  • ブラッドリーには2人の弟がいる。2歳年下のスコットは1980年代にシアトル・マリナーズに在籍した経験を持つ元メジャーリーガーであり、年齢差は不明だがもう一人の弟ジェフはスポーツ雑誌ESPN The Magazineの記者である。

指導歴 [編集]


脚注[編集]

  1. ^ この試合までスペインは国際Aマッチ15連勝中、35戦無敗としており、無敗の世界記録の更新がかかっていた。
  2. ^ ブラッドリー代表監督を解任 米国サッカー協会 - スポーツナビ 2011年7月30日閲覧

関係項目[編集]