ファンタズミック!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ファンタズミック! (Fantasmic!) は、世界各地のディズニーパークで公演されているエンターテイメントショーである。

歴史[編集]

1992年にカリフォルニアのディズニーランドで公演が開始され、その後1998年にフロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート内のディズニーMGMスタジオ(現ディズニー・ハリウッド・スタジオ)、2011年4月28日から東京ディズニーシーで公演が開始された[1]

内容[編集]

眠れる森の美女』に登場するマレフィセントと対決するミッキーマウスや、名前を思い出すことができず混乱するほどディズニーキャラクターが出演することで有名。エンディングでは、『美女と野獣』に登場するベルをはじめとするディズニープリンセスアラジンやエリック王子達などのお馴染みのディズニーキャラクターが船に乗って総出演する。レーザー光線花火パイロテクニクスウォータースクリーンに映し出されるアニメーション、巨大なドラゴンのロボットなどの特殊効果を使用する数多くの特殊効果をはじめ、お馴染みのディズニーソングを使用したりするなど幻想的なステージとされている。

各パークの情報[編集]

ディズニーランド[編集]

アナハイム・ディズニーランドのファンタズミック。2010年7月4日撮影

ディズニーランドディズニーランド・リゾート)内のフロンティアランドのアメリカ河にて公演。 非常に人気のあるショーであり20年近く公演されている

2009年6月15日に映像・演出技術・セット(メインのドラゴンのオーディオアニマトロニクスを交換。より原作に近い見た目になった)・花火の特殊効果などを全面リニューアルした。(ストーリー自体は変更はない)

エンディングのキャラクター総出演で使用される船は、日中アトラクションとしても利用される蒸気船マークトウェイン号。 リニューアルされたドラゴンは、ショーに登場するオーディオ・アニマトロニクスとしては最大である。

ディズニー・ハリウッド・スタジオ[編集]

オーランド・ハリウッドスタジオのファンタズミック。2008年12月27日撮影

ディズニー・ハリウッド・スタジオウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート)内のサンセット・ブルバードにある「ハリウッドヒルズ・アンフィシアター」という専用のオープンシアターにて公演。

湖に浮かぶ島を舞台にしており、かなりの大きさである。島の頂上に立つミッキーが豆粒のように見えるほどの大きさであり、火薬や水を大量に使用できるのもこの島の大きさの空間があるためという。

オープニング部分はディズニーランド版とほぼ一緒だが、場面転換・一場面のシーンが変更されていたり新しく導入された部分がいくつかある。2010年9月頃に照明効果・映像効果・花火の特殊効果を多少リニューアルしフィナーレシーンの終わり方が、ディズニーランド版とほぼ一緒になった。(セットは以前のままである。)

エンディングのキャラクター総出演で使用される船は、蒸気船ウィリーのウィリーリバーボート。

東京ディズニーシー[編集]

東京ディズニーシー東京ディズニーリゾート)内のメディテレーニアンハーバーの海上にて公演。『ファインディング・ニモ』など、他パークのファンタズミックより後に公開された映画を演出に加える等、2つのパークとは演出が異なっており、ウォータースクリーンの他に円筒状や球体状のスクリーンを使う等、シーン・セット・特殊効果・花火・映像技術を大幅に変更した。音楽にも大幅なアレンジが加わっている。 ディズニーヴィランズのシーンではミッキーが魔法の鏡に閉じ込められるというストーリーが追加され、ミッキーマウス、ウィックドウィッチアースラの映像が新しく書き起こされた。 メインを張るヴィランズはアナハイム版と同じだが、禿山の一夜のシーンでジャファーハデスが一瞬だけ登場する。 また、同シーンには『ノートルダムの鐘』の音楽も使用されている。 クライマックスに登場するドラゴンは、計4回と3カ国のバージョンの中で最も多く炎を吐く。

総工費は約30億円。当初は東京ディズニーシーの開園10周年記念の一環として、2011年4月23日から公開予定だったが、東日本大震災の影響で東京ディズニーシーが休園となっていたため、運営を再開した4月28日から公開された。また、このショーの導入に伴い、「ブラヴィッシーモ!」は2010年11月13日に終了した。

東京パークにおいては、過去東京ディズニーランドにおいて実施する計画があったが、広大な水上スペースを確保出来ない為、パレード形式にアレンジし「ディズニー・ファンティリュージョン!」として公演を行った経緯がある[1]

エンディングのキャラクター総出演で使用される船は、球体スクリーンを立ち上げる複数の船。

4月28日初日から音声と映像がずれるなどのハプニングが起こる事態となってしまった。また、現在は公演開始時から比べミッキーの出るタイミングなどを変え、一部ショーの演出が変更されている。

脚注[編集]

  1. ^ 東京ディズニーシー®「ファンタズミック!」