ロジャーラビットのカートゥーンスピン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロジャーラビットのカートゥーンスピン(Roger Rabbit's Car Toon Spin)は、世界のディズニーパークにあるアトラクション

このアトラクションが存在するパーク[編集]

概要[編集]

ロジャーラビットのカートゥーンスピン(Roger Rabbit's Car Toon Spin)は、ディズニー映画『ロジャー・ラビット』をモチーフにしたライド型アトラクション。イエローキャブタクシー)型のライドに乗り、同作の世界を巡る。ライドにあるハンドルを使って、自分たちでライドを回す事ができる。

アトラクション名の「カートゥーン」は、「Cartoon」ではなく「Car」+「Toon」の洒落。

ストーリー[編集]

悪党イタチたちにさらわれた、ロジャーラビットの妻・ジェシカを助けに行ったロジャーラビットを追って、イエローキャブのレニーに乗ってトゥーンタウンの裏通りや路地を走る。 しかし、出発した途端、悪党イタチたちに遭遇してしまいディップでイエローギャブのタイヤを溶かされ、ハンドルがきかなくなり車体が滑ってしまいレストランの壁を突き破ったりビルから落ちたりと破茶滅茶なドライブをする。最終的に悪党イタチたちに追われ、逃げ場を失うが、ロジャーが「インスタント穴」をレンガの壁に取り付けてくれてその穴から逃げ出す。

歴史[編集]

当初ディズニーランドでは、メインストリートUSAの背後にロジャー・ラビットをメインキャラクターとした新たなテーマランド「ハリウッドランド」の建設を計画し、「ロジャーラビットのカートゥーンスピン」はそのメインアトラクションとして設計されていた。また、ディズニー・ハリウッド・スタジオおよび東京ディズニーランドでも、ロジャーラビットをメインキャラクターとしてアトラクションの導入が計画されていた。

しかし、その後ユーロ・ディズニーランド(現:ディズニーランド・パリ)の経営状態悪化などにより、ディズニー社が大規模投資を見送ったため、新ランドの建設は白紙撤回された。ただ、「ロジャーラビットのカートゥーンスピン」のみは、トゥーンタウンのアトラクションとしてオープンすることとなった。また、東京でも、トゥーンタウンの導入と同時にそのアトラクションの1つとしてオープンすることとなった。

他のパークでは現在に至るまで導入されていない。

各施設紹介[編集]

ディズニーランド[編集]

ロジャーラビットのカートゥーンスピン
Roger Rabbit's Car Toon Spin
オープン日 1994年1月26日
スポンサー なし
定員 1台3名
利用制限 Hight Requirement.JPG なし
ファストパス Fastpass availability icon.svg
シングルライダー Single rider line availability icon.svg 対象外

世界のディズニーパークの中で最初に設置されたもの。当初は、新テーマランド「ハリウッドランド」のメインアトラクションとなる予定であったが、「ハリウッドランド」計画そのものが中止されたため、このアトラクションのみトゥーンタウンに組み込まれる形で存続した。

東京ディズニーランド[編集]

ロジャーラビットのカートゥーンスピン
オープン日 1996年4月15日
スポンサー なし
定員 1台2名
利用制限 Hight Requirement.svg 補助無しで座っていられること
ファストパス Fastpass availability icon.svg 対象外
シングルライダー Single rider line availability icon.svg 対象外

ユーロ・ディズニーランド(当時)およびディズニー・ハリウッド・スタジオでの採用が中止となったが、東京ではトゥーンタウンのオープンと共に採用された。ライドの定員はアナハイム版より少なく1台2名であり、アナハイム版と異なりファストパスには対応しない。その他の内容はアナハイム版とほぼ同一。

7歳未満の子供が搭乗するには保護者との同乗が必要。

登場キャラクター/声の出演[編集]

メイン
  • ロジャー・ラビット:山寺宏一 - 「人を笑わせること」が生き甲斐の陽気なウサギ。
  • ジェシカ・ラビット:一城みゆ希 - ロジャーの妻。イタチ軍団に誘拐される。
  • ベニー・ザ・キャブ:不明 - ロジャーの親友で生きたタクシー。猛毒「ディップ」によりタイヤが溶けてしまう。
イタチ軍団
  • スマート・アス:龍田直樹 - イタチ軍団のボス。宿敵ロジャーを抹殺しようと悪巧みをする。
  • グリージー:辻親八 - 緑色のスーツを着たイタチ。ボスにべったりで何かとお世辞を言う。
  • ウィージー:不明 - タバコばかり吸っている、毛色が灰色のイタチ。喘息もちで咳をしながら喋る。
  • サイコ:不明 - 目がギラギラして、つんつん頭の拘束衣を着たイタチ。甲高い笑い声が特徴。
  • スチューピッド:不明 - 青と白の縞模様のTシャツを着た、肥満型のイタチ。間延びした喋り方が特徴。
その他
  • ゴリラ:郷里大輔 - 会員制ナイトクラブの番人。待ち列の途中でゲストに話しかけてくる。
  • ベビー・ハーマン:石森達幸 - 赤ん坊の姿をしているが、中身は50代のオヤジ。待ち列の途中で新聞を読んでいる。
ロジャー、ジェシカらの声優は映画版の吹き替えと同様だが、イタチ軍団やゴリラ等、脇役キャラの声優は映画版と異なる。

トリビア[編集]

入口のナンバープレート
「2N TOWN」トゥーンタウン
「1D N PTR」ウェンディーアンドピーター(ピーター・パン (アニメ映画)
「CAP 10 HK」キャプテン・フック(ピーター・パン (アニメ映画)
「2PD 2DA」ジッパ・ディ・ドゥ・ダー(南部の唄
「FAN T C」ファンタジー
スマート・アス指名手配のポスター和訳
"ずる賢い男"のイタチ
以下のために13の州で指名手配中。
・トゥーン誘拐
・銃器による襲撃
・窃盗罪
・すごい窃盗罪
・ものすっごい窃盗罪
TOBYという亀のポスター
映画「ロジャーラビット」作中、トゥーンタウンの路地裏にも同じものが貼られている。
ロビン・フッド_(1973年の映画)」にもトビーという名前の亀が登場する。
ゴリラがゲストに話しかけてくる
ゴリラとの合言葉は映画「ロジャーラビット」では「ウォールトデズニー」だったが、アトラクション内の設定では、映画の後、少し時がたち、合言葉が変更された。(ゴリラが言っていた。)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]