トムソーヤ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トムソーヤ島[1]Tom Sawyer Island )は世界のディズニーパークにあるアトラクション。ただし、パークによって名称や内容は異なる。

このアトラクションが存在するパーク[編集]

概要[編集]

トムソーヤ島Tom Sawyer Island)は、小説『トム・ソーヤーの冒険』をモチーフ[1]にした散策型施設で、ウォルト・ディズニー自身が直接設計に関わった唯一のアトラクションとされている。オリジナル版には、インジャンジョーの洞窟[2]、トムソーヤのツリーハウス、サムクレメンズ砦[3]などがあり、当初のディズニーランド(DL)版、マジック・キングダム版、東京ディズニーランド(TDL)版はいずれもそのような内容となっている。

一方、後発のディズニーランド・パリ版はテーマが『トム・ソーヤーの冒険』から『ピーター・パン』や『ロビンソン・クルーソー』などが混在した冒険一般に変更され、また、香港ディズニーランド(HDL)版はアニメ映画『ターザン』をテーマにした「ターザンのツリーハウス」と統合されている。これらはアトラクション名も異なっている。

更に、現在のDL版は、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズをモチーフに改装され、財宝を隠した洞窟など、同映画に登場する施設が追加され、映画のストーリーに沿って宝探しが楽しめるようになっている。これにより、本来の『トム・ソーヤーの冒険』の世界観とは異なるものになっている。

「トムソーヤ島いかだ」との関係[編集]

  • パリ以外のパークでは、島へは橋がかかっておらず、「いかだ」を利用しなくては行くことができない。
  • パークによっては、オフィシャル名案内では、「島」ではなく、「いかだ」のほうをアトラクションとして紹介し、島そのものについてはアトラクションとして別途紹介していないところもある(TDLなど)。
  • HDLでは、「いかだ」の名称は島の名称に合わせて「ターザン島いかだ」となっている。

各施設紹介[編集]

ディズニーランド[編集]

トムソーヤ島のパイレーツの隠れ家
Pirate's Lair on Tom Sawyer Island
オープン日 2007年5月25日
スポンサー なし
利用制限 Hight Requirement.JPG なし
ファストパス Fastpass availability icon.svg 対象外
シングルライダー Single rider line availability icon.svg 対象外

ディズニーランドのトムソーヤ島は、2007年5月25日にトムソーヤ島のパイレーツの隠れ家Pirate's Lair on Tom Sawyer Island)の名称でリオープンした。映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』の世界を再現したアトラクションとして生まれ変わっている。

これに伴い、トムソーヤ島に渡るいかだのデザインも変更されている。いかだでは、子供のキャスト向けに探検すべき場所を記した海賊の宝の地図がお土産として配られる。キャストは、これを見ながら島内の各海賊ゆかりの地点を探検することができる。

なお、アトラクションの日本名について、日本語公式サイトのメインページでは「トムソーヤ島のパイレーツの隠れ家」と表記されているが、PDFのパークマップでは「トムソーヤ島(パイレーツの隠れ家)」と表記されている。ここでは前者に従って表記する。

改装に伴い新たに島に設置された施設は以下の通り。

  • 上陸地点
  • ラフィートの酒場
  • W.ターナーの鍛冶屋
  • 死者の洞窟
  • 密輸業者の入り江
  • キャッスル・ロック
  • 海賊の穴-難破船
  • 船長の宝


マジック・キングダム[編集]

トムソーヤ島
Tom Sawyer Island
オープン日 1971年10月1日(マジック・キングダムと同時にオープン)
スポンサー なし
利用制限 Hight Requirement.JPG なし
ファストパス Fastpass availability icon.svg 対象外
シングルライダー Single rider line availability icon.svg 対象外


東京ディズニーランド[編集]


ディズニーランド・パリ[編集]

アドベンチャー島
Adventure Isle
オープン日 1992年4月12日(ユーロ・ディズニーランド(当時)と同時にオープン)
スポンサー なし
利用制限 Hight Requirement.JPG なし
ファストパス Fastpass availability icon.svg 対象外
シングルライダー Single rider line availability icon.svg 対象外

アドベンチャー島Adventure Isle)は、子どものためのプレイグラウンド。他のパークの「トムソーヤ島」に相当するアトラクション。

骸骨岩、フック船長のガレー船、大地の胎内、宝島の4つの探検エリアから構成される島で、島全体が子どもが楽しめるように様々な仕掛けて工夫されている。東京ディズニーランドのトムソーヤ島に似ているが、橋で繋がっているため、イカダなどに乗らずとも歩いて島に渡ることができる。

骸骨岩、フック船長のガレー船の2つのエリアは、向かい合っているカリブの海賊の砦と共に、ピーターパンのフック船長ないし海賊の世界観を構成しているのに対し、大地の胎内、宝島の2つのエリアはロビンソン・ツリーハウスと共にロビンソン・クルーソーの世界観を構成している。

4つの探検エリア
骸骨岩(Skull Rock
ピーターパンに出てくるネバーランドをモチーフとしたガイコツの形をした巨大な岩。中を探検することができる。
パイレーツ・ビーチ (Pirates’ Beach)
子どものためのプレイグラウンド。フック船長の海賊船(Captain Hook's Galley)と砂浜から構成されており、子どもが楽しめるための様々な仕掛けがなされている。海賊船は身長制限があり身長140cm以上の大人は入れない。
大地の胎内 (Le Ventre de la Terre)
複雑に入り組んだ洞窟。ロビンソン・クルーソーの漂着した島をモチーフにしており、内部を探索することができる。トムソーヤー島のインジャン・ジョーの洞窟に似ている。
宝島 (L'ile au Tresor)

ジャングルが広がる南の島。ロビンソン・クルーソーの漂着した島をモチーフにしている。吊橋や樽橋、洞窟、滝などがあり、探検することがえきる。このエリアが全体的にトムソーヤ島に似ている。

香港ディズニーランド[編集]


脚注[編集]

  1. ^ a b 小説の邦題は『トム・ソーヤーの冒険』だが、東京ディズニーランド公式サイトの当該アトラクションのページの表記はトムソーヤ島である。
  2. ^ インジャン・ジョー(「インジャン」はインディアンのこと)は『トム・ソーヤーの冒険』に登場する殺人犯で、彼が隠れている洞窟での冒険が物語のクライマックスになっている。
  3. ^ サムクレメンズ(Sam Clemens)ことサミュエル・ラングホーン・クレメンズ(Samuel Langhorne Clemens)とは、『トム・ソーヤーの冒険』や『ハックルベリー・フィンの冒険』の原作者マーク・トウェインの本名である。

関連項目[編集]