アリスの不思議なラビリンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アリスの不思議なラビリンスAlice’s Curious Labyrinth)はディズニーランド・パリにあるアトラクション

このアトラクションが存在するパーク[編集]

概要[編集]

アリスの不思議なラビリンスAlice’s Curious Labyrinth)は、生垣でできた迷路を入口から出口まで歩いて脱出するウォーク型アトラクション。映画「不思議の国のアリス」の最後のシーンがモチーフとなっており、途中にはチェシャ猫やドードー鳥などアリスに登場するキャラクターが複数設置されている。出口付近にはハートの女王のお城があり、登ることができる。迷路そのものの難易度は高くない。

ディズニーランド・パリのオリジナルアトラクションで、他のディズニーパークでは見ることができない。

各施設紹介[編集]

ディズニーランド・パリ[編集]

アリスの不思議なラビリンス
Alice’s Curious Labyrinth
アリスの不思議なラビリンス
オープン日 1992年4月12日(ユーロ・ディズニーランド(当時)と同時にオープン)
スポンサー なし
利用制限 Hight Requirement.JPG なし
ファストパス Fastpass availability icon.svg 対象外
シングルライダー Single rider line availability icon.svg 対象外

アリスの不思議なラビリンスAlice’s Curious Labyrinth)は、生垣でできた迷路を入口から出口まで歩いて脱出するウォーク型アトラクション。映画「不思議の国のアリス」の最後のシーンがモチーフとなっており、途中にはチェシャ猫やボーボー鳥などアリスに登場するキャラクターが複数設置されている。出口付近にはハートの女王のお城があり、登ることができる。迷路そのものの難易度は高くない。

2008年9月はメンテナンスのため1ヶ月閉鎖されていた。



Trivia[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]


外部リンク[編集]