ジョージ・ヴィリアーズ (初代バッキンガム公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
初代バッキンガム公爵
ジョージ・ウィリアーズ
George Villiers
1st Duke of Buckingham
GeorgeVilliers.jpg
ルーベンス画のバッキンガム公
生年月日 1592年8月28日
出生地 イングランド王国の旗 イングランド王国レスターシャーブルックズビー英語版
没年月日 1628年8月23日(満35歳没)
死没地 イングランド王国の旗 イングランド王国ハンプシャーポーツマス
出身校 ビレスデン・スクール
称号 初代バッキンガム公爵ガーター勲章勲章士(KG)、枢密顧問官(PC)

任期 1616年 - 1628年
国王 ジェームズ1世
チャールズ1世

任期 1619年 - 1628年
国王 ジェームズ1世
チャールズ1世
テンプレートを表示
バッキンガム公

初代バッキンガム公爵、ジョージ・ヴィリアーズ: George Villiers, 1st Duke of Buckingham, KG, PC1592年8月28日 - 1628年8月23日)は、イングランドの政治家、貴族。

ステュアート朝初代国王ジェームズ1世と第2代国王チャールズ1世の2代にわたって重臣として仕え、イングランドの国政を主導した。海軍卿(在職1619年-1628年)等の官職を歴任した。はじめ議会プロテスタント勢力から人気のある政治家だったが、戦争指導の失敗が続いたため、批判を受けることが多くなり、1628年には議会から突き付けられた「権利の請願」を受け入れることを余儀なくされ、課税には議会の同意が必要であることや臣民の自由を侵害してはならないことを政府として再確認した。同年に暗殺された。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

1592年8月28日ジョージ・ヴィリアーズ英語版と二番目の妻メアリー英語版(旧姓ボーモント)の三男としてレスターシャーブルックズビー英語版に生まれる[1][2]。ヴィリアーズ家はフランス系中産階級だった[3]

13歳の時に父が死去した[2]。母は幼少期からジョージを廷臣にしたがっており、そのために剣術とダンスを習わせ、さらにフランスへ留学させた[2]

急速な昇進[編集]

1614年にロンドンへ帰国した際、国王ジェームズ1世の引見を受けたが、それをきっかけに王の寵愛を得るようになり、以降酌人英語版として宮仕えるようになった[2]1615年には寝室侍従長英語版に任じられるとともにナイトに叙される。1616年には北トレントの巡回裁判官英語版(在職1616年-1619年)、主馬頭英語版(在職1616年-1628年)やバッキンガムシャー知事英語版(在職1616年-1628年)などの官職を得る[1]。また同年、ガーター勲章を受勲し、ウィリアーズ子爵とワッドン男爵英語版に叙された[4][1]。1617年には枢密顧問官(PC)に列し、バッキンガム伯爵に叙される[1]1618年にはバッキンガム侯爵に叙される[4]1619年には海軍卿や南トレントの巡回裁判官となる[1]。以降、海軍卿を主任務としつつ、内政や外交などあらゆる分野に影響力を及ぼすようになった[4]

このヴィリアーズの短期間での急速な昇進の背景には国王の寵愛だけではなく、国王秘書長官英語版ラルフ・ウィンウッド英語版侍従長英語版ペンブルック伯爵ウィリアム・ハーバート英語版ら宮中内の改革派(プロテスタント強硬派)による後押しがあった。1610年に財政改革案「大契約」が議会から否決されて以降、王庫の財政は危機的状況に瀕していた。1614年に議会が再招集され、政府は議員買収や派閥工作などで議会懐柔に努めたが、国王秘書長官ウィンウッドが議会対策に不慣れであり、また政府内でも財政改革案について意見が分裂していたため、政府と議会の和解は難しい情勢になっていた。そうした中でジェームズ1世が、財政援助を受けるためだけにスペイン王室との婚姻に動く恐れがあり、それを恐れたプロテスタント強硬派が、国王を抑える人物としてヴィリアーズを昇進させようとしたのである[5]

ヴィリア―ズはその期待にこたえ、国王を大蔵卿英語版サフォーク伯爵トマス・ハワード英語版ら親スペイン派から引き離しただけでなく、1618年にはサフォーク伯爵を失脚にまで追い込んでいる[3]

スペイン渡航[編集]

ヨーロッパ大陸で発生した三十年戦争をめぐってジェームズ1世は参戦に消極的ながらスペインに占領されたプファルツの原状回復には前向きだった。しかし1621年に召集された議会はその費用を認めなかったため、実施が不可能だった。そうした中で皇太子チャールズ(後のチャールズ1世)は自分とスペイン王女マリアとの結婚を進めることで彼女の持参金としてファルツ回復をスペイン王フェリペ3世に認めさせることを考えた。バッキンガム公は次期国王への影響力を確保しようという意図からチャールズの構想を支持した[6]

1623年2月、チャールズ皇太子とバッキンガム公は国王に相談することもなく独断でスペイン・マドリードへ渡った[7]。二人は半年間マドリードに滞在してスペインと交渉にあたったが、スペイン側からはチャールズのカトリック改宗とイングランドの反カトリック法撤廃を求められたため、交渉は暗礁に乗り上げた[4]。プファルツ回復を持参金とする確約も得られなかった[8]。二人は何の成果の無いまま、1623年9月に帰国の途に就いた。しかしこのスペイン訪問でバッキンガム公はスペインの狙いがイングランドとの交渉を長引かせてイングランドを三十年戦争の枠外に置いておくことだと見抜いた。そのためこれ以降のバッキンガム公は反スペイン派の筆頭に転じた[3]

議会で人気が高まる[編集]

1624年2月に召集された議会において、バッキンガム公は反スペイン派の英雄として称賛された[4][8]。議会は用途をスペインとの戦争に限るという条件付きで30万ポンドの課税を許可した。ただ議会の多数派はエリザベス時代と同じく対カトリック戦争を想定し、戦術も私掠船による海上決戦を志向したのに対し、バッキンガム公はあくまでプファルツ回復とハプスブルク君主国拡大阻止のみを目的とし、そのためにはプロテスタント諸国だけではなくカトリックのフランスとも同盟を結ぶ必要があると考えていた[9]

もっとも今議会の最大の論争は外交問題ではなく、大蔵卿ミドルセックス伯爵英語版ライオネル・クランフィールド英語版の財政改革への批判であった。宮廷内の最大派閥の指導者となっていたバッキンガム公も今や既得権益を守る立場に転じ、財政改革に否定的になっていたため、議会のミドルセックス伯爵糾弾に加わった。国王はミドルセックス伯爵を擁護したが、それもむなしく、伯爵は収賄罪を犯したとされてロンドン塔へ幽閉され、失脚した[10]。これについて国王は「スティーニー(バッキンガム公の渾名)よ、お前は何と言う馬鹿者だ。お前はすぐにこの愚行を後悔する時が来るだろう。人気に溺れてお前は将来自分を叩く鞭を自分でこしらえたのだ」とつぶやいたという[4]

フランスとの同盟[編集]

バッキンガム公の肖像画(1625年、ピーテル・パウル・ルーベンス画)

1624年中にチャールズとフランス王女アンリエットの婚約を成立させ、プファルツを占領するスペインとの戦いに協力する見返りにイングランドの反カトリック法の緩和を約束した[11]

ところが、反スペイン機運の高まるイングランドではカトリックを弾圧すべきとの意見が強まっていたため、反カトリック法の緩和を議会に認めさせるのは不可能であった。バッキンガム公は止む無くチャールズの家庭内だけでカトリックに寛容な態度を取るということで妥協を図ろうとしたが、これをきっかけに二枚舌としてバッキンガム公への人気が低下した。おまけに1624年末に英仏軍事同盟の締結に伴って大陸へ派遣された遠征軍も疫病で自滅したため英仏同盟も不安定になっていった[12]

チャールズ即位から二カ月後の1625年5月にはアンリエットを迎えに訪仏したが、フランス王ルイ13世はもはや英仏同盟に乗り気ではなくなっていたらしく、祝典を欠席している。またこの訪仏の際にルイ13世の不在をいいことにバッキンガム公はフランス王妃アンヌと恋愛騒動を起こして問題となった[13]

議会での人気の急落[編集]

1625年3月に即位したチャールズ1世のもとでも寵臣として権勢をふるい続けたが、同年6月に召集された議会では税制問題やプファルツ奪還作戦の失敗、国王がアルミニウス主義[注釈 1]を奉じていることなどについて宮廷(特にその中心人物であるバッキンガム公)批判が高まった[15]

バッキンガム公はそうした批判を懐柔しようと、1625年10月に議会が志向するスペインとの海上決戦を目指してカディス遠征を実施したが、敗北した。これはバッキンガム公の無能さというより、軍艦の技術が高くなりすぎて武装商船では対抗できなくなっていたことが原因だった。つまり議会が志向する海上決戦の構想自体がもともと無理があったのだが、議会はそれを斟酌せず、バッキンガム公批判を強めた[16]

また当時のイングランドではフランスがイングランドから借りた軍艦をユグノー弾圧に使ったために反仏世論が高まっていた。国王とバッキンガム公もフランスがスペインと積極的に戦おうとしないことに苛立っていたので1625年末に至って外交方針を転換し、オランダと同盟を結んでフランスのユグノーを援助することを決定した。国王とバッキンガム公はこの方針ならプロテスタント強硬論に立つ議会多数派から支持が得られると踏んでいたが、1626年2月に召集された議会は完全に反バッキンガム公ムードに傾いており、かつてはバッキンガム公支持派だったサー・ジョン・エリオット英語版議員の主導で大々的なバッキンガム公批判を展開した。結局、チャールズとバッキンガム公は目的を達成できないまま、議会を解散することになり、国王と国民代表の距離が広がっていることを顕在化させただけに終わった[17]

1627年3月にフランスがスペインと和解し、国内のユグノー弾圧を強化するようになった。これに反発したバッキンガム公は1627年6月からラ・ロシェルのプロテスタントを支援すべく出兵したが、フランス軍にサンマルタン要塞に籠城され、イングランド軍はそこを陥落させられず、11月に撤退に追い込まれた。この惨敗により庶民院議員の間で更にバッキンガム公批判が激しくなった[18]

「権利の請願」[編集]

財政は苦しくなる一方で1627年末にはこれ以上の戦争継続が困難となった。政府は強制借り上げ金徴収と軍隊宿泊強制で乗り切ろうとしたが、これは議会の同意のない私有財産侵害にあたるとして反対運動が巻き起こった。政府は反対運動を主導した者を逮捕したが、裁判所は裁判の中で国王による強制借り上げ金を合法と認めなかった。これに不満を抱いた法務次官が判決を勝手に改竄して裁判所が強制借り上げを合法と判決したかのように見せかけた[19]

1628年3月に召集された議会は、法務次官による判決の改竄に驚愕し、「イングランド人の自由が恣意的課税・恣意的逮捕によって脅かされようとしている」と批判し、改めて臣民の自由を確認する法律の制定が必要との認識を強めた。困窮を深める国王とバッキンガム公としては議会と対立するわけにはいかず、特別税を議会が承認することと引き換えに議会が求める「権利の請願」を認めることとなった。「権利の請願」は、議会の同意なき課税の禁止、恣意的逮捕からの臣民の自由、軍隊強制宿泊の禁止、民間人への軍法適用禁止などを内容とする。内容的にはすでに明文化されていた臣民の権利の再確認に過ぎなかったが、臣民からは広く歓迎され、ロンドンではお祭り騒ぎになったという[20][21]

暗殺[編集]

死去したバッキンガム公を描いた絵画(1855年オーガスタス・エッグ英語版画)

「権利の請願」を認めたことで議会から多額の補助金を手に入れたバッキンガム公は再びラ・ロシェル遠征を開始しようとしたが[22]1628年11月27日ポーツマスで遠征準備中に海軍軍人ジョン・フェルトン英語版[注釈 2]に暗殺された。遺体はウェストミンスター寺院に埋葬された[1]

バッキンガム公の死後、チャールズ国王は有能な側近を持つことなく親政を開始し、王妃やその取り巻きに頼って現実的な政治から遠ざかるようになり、最終的には議会との対立が激化してピューリタン革命で処刑されることになる。

栄典[編集]

バッキンガム公の肖像画(1625年、ダニエル・デュモンスティアー英語版画)。

爵位[編集]

勲章[編集]

名誉職その他[編集]


家族[編集]

バッキンガム公と家族を描いた絵画(ヘラルト・ファン・ホントホルスト画)

1620年に第6代ラトランド伯爵英語版フランシス・マナーズ英語版の娘キャサリン・マナーズ英語版と結婚し、彼女との間に以下の4子を儲けた[1]

ヴィリアーズ家はバッキンガム公以外にも栄達した人物が多く、同母弟クリストファーはアングルシー伯に叙任、異母兄エドワードの孫で又姪に当たるバーバラ・パーマーはチャールズ2世の愛人の1人として権勢を振るいクリーヴランド公に叙爵された。バーバラの従弟エドワードはジャージー伯に叙任、エドワードの妹エリザベスはチャールズ2世の甥ウィリアム3世の愛人となった末に遠縁のオークニ-伯ジョージ・ダグラス=ハミルトン(同母姉スーザンの曾孫)と結婚、ジョージは後にイギリスの陸軍元帥になった。


地名に見るヴィリヤーズ[編集]

1620年代、ヴィリアーズはヨーク・ハウスという邸宅を所有していた。この建物は、イングランド内戦後も残り、長男で同名の第2代バッキンガム公ジョージ・ヴィリアーズにより1672年に3万ポンドで売り払われた。この周辺には、バッキンガム公にちなんでジョージ通り、ヴィリアーズ通り、デューク通り、バッキンガム通りという地名が残った。

人格の評価[編集]

スペインとの外交で露見したように、ヴィリアーズは横柄で傲慢な性格であった。彼の肖像画を描いたルーベンスは、こう評している。

「気まぐれで傲慢なバッキンガム公のことを考えると、若い王(チャールズ1世)が気の毒でなりません。とんでもない助言者のおかげで、彼の王国はまっしぐらに破滅に向かおうとしているのです」(タッシェン:ニューベーシック・アートシリーズ「ルーベンス」より)

フィクションの中のバッキンガム公[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ アルミニウス主義とは宮廷に支持者が多かったプロテスタントの宗派のひとつ。ピューリタンはアルミニウス主義のことを「カトリックへの接近を図っている」として批判していた[14]
  2. ^ フェルトンはピューリタンで、処遇に不満を持っている将校だった[23][14]

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

公職
先代:
第4代ウスターシャー伯爵英語版
イングランドの旗 主馬頭英語版
1616年 - 1628年
次代:
初代ホランド伯爵英語版
先代:
エルズミーア男爵英語版
Flag of Buckinghamshire.svg バッキンガムシャー知事英語版
1616年 - 1628年
次代:
初代モンゴメリー伯爵英語版
先代:
サー・フランシス・フォーテスキュー
Flag of Buckinghamshire.svg バッキンガムシャー首席治安判事英語版
1617年 - 1628年
次代:
ブリッジウォーター伯爵英語版
先代:
初代ノッティンガム伯爵英語版
イングランドの旗 海軍卿
1619年 - 1628年
次代:
委員会制に変更
(第一卿:初代ポートランド伯爵英語版
先代:
初代ウォルトン男爵英語版
Flag of Kent.svg ケント知事英語版
1620年
次代:
第2代レノックス公爵英語版
先代:
委員会制
FlagOfMiddlesex.PNG ミドルセックス知事英語版
1622年 - 1628年
次代:
第4代ドーセット伯爵英語版
初代ホランド伯爵英語版
先代:
初代エクセター伯爵英語版
Flag of Rutland.svg ラトランド首席治安判事英語版
1623年 - 1628年
次代:
ノエル卿
名誉職
先代:
第11代ズーチ男爵英語版
Lord Warden Cinque Ports (Lord Boyce).svg 五港長官英語版
1625年1628年
次代:
第2代サフォーク伯爵英語版
司法職
先代:
第7代シュルーズベリー伯爵英語版
巡回裁判官英語版
北トレント

1616年 - 1619年
次代:
第6代ラトランド伯爵英語版
先代:
初代ノッティンガム伯爵英語版
巡回裁判官
南トレント

1625年 - 1628年
次代:
第3代ペンブルック伯爵英語版
イングランドの爵位
先代:
創設
Coat of arms Sir George Villiers, 1st Duke of Buckingham, KG.png 初代バッキンガム公爵
1623年1628年
次代:
ジョージ・ヴィリアーズ英語版
先代:
創設
Coat of arms Sir George Villiers, 1st Duke of Buckingham, KG.png 初代バッキンガム侯爵
1618年1628年
先代:
創設
Coat of arms Sir George Villiers, 1st Duke of Buckingham, KG.png 初代バッキンガム伯爵
1617年1628年
先代:
創設
Coat of arms Sir George Villiers, 1st Duke of Buckingham, KG.png 初代ヴィリアーズ子爵
1616年1628年