マリー・ド・ロアン=モンバゾン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリー・ド・ロアン
シュヴルーズ公爵夫人
シュヴルーズ公爵夫人
生誕 1600年
死没 1679年8月12日
パリ
国籍 Flag of France.svg フランス王国
職業 フランス貴族
配偶者 1:シャルル・ダルベール・ド・リュイヌ
2:クロード・ド・ロレーヌ
子供 1:ルイ=シャルル・ダルベール
2:アンヌ=マリー・ド・ロレーヌ
3:アンリエッタ・ド・ロレーヌ
4:シャルロット=マリー・ド・ロレーヌ
モンバゾン公爵、エルキュール・ド・ロアン

マリー・ド・ロアンMarie Aimée de Rohan, 1600年 - 1679年8月12日)は、フランスの貴族。シュヴルーズ公爵夫人。フランスの17世紀前半における陰謀の中心として活躍した。

生涯[編集]

最初の結婚[編集]

「マドモアゼル・ド・モンバゾン」とも呼ばれたマリーは1600年、ブルターニュアンジューに広大な領地を持つロアン家(fr)のエルキュール・ド・ロアンの娘として生まれた。1617年9月、ルイ13世の寵臣であり、グラン・コンスタブル(フランス軍の最高指揮官)であったシャルル・ダルベール・ド・リュイヌ(後にリュイヌ公)と結婚した。ダルベールは非良心的な政治的陰謀のため、マリーに教養を習得させた。それにより、宮廷で国王たちの信頼を得ることになった。

1618年12月、ルイ13世はマリーを王妃アンヌ・ドートリッシュの監督者と呼び、同年にアンリ・ド・モンモランシー(fr)を追放している。また、マリーは王妃に対して強い影響力を持っていた。1620年代、彼女が長男ルイ=シャルル・ダルベールを出産すると、ルイ13世はその子の名付け親になっている。

再婚[編集]

1621年、夫のリュイヌ公がユグノーとの戦争で戦死。翌1622年4月21日、マリーはシュヴルーズ公クロード・ド・ロレーヌと再婚した。この再婚によって、彼女は3人の娘をもうけている。そのうち長女と3女は信仰心が深く、いずれも女子修道院長になっている。次女についてはコンティ公アルマンとの結婚することは失敗したものの、枢機卿(fr)の愛人となり、フロンドの乱で重要な役割を果たした。

転落と陰謀[編集]

シュヴルーズ公爵夫人となったマリーは引き続き王妃の友人であり腹心であった。しかし、1622年に王妃の妊娠中にルーヴル宮殿の廊下で馬鹿騒ぎを起こし、これが原因で王妃を流産をさせてしまう。そのためマリーは宮廷を追放されてしまい、夫のシュヴルーズ公爵は彼女を宮廷に戻すために様々な工作をすることになった。

シュヴルーズ公爵夫人

シュヴルーズ公爵夫人は宮廷での地位を取り戻すため、バッキンガム事件(1623年 - 1624年)などを引き起こしている。この事件は、マリーの愛人にしてリシュリューに対抗していたイングランドの有力貴族、ホランド伯ヘンリー・リッチen)に働きかけて行ったものであり、1625年にフランスを訪問したイングランドのバッキンガム公ジョージ・ヴィリアーズと王妃の恋愛関係が疑われ、王妃の立場を危険に晒すこととなった。

さらに、愛人であったシャレー伯アンリ・タレーラン=ペリゴール(fr)と共に、ルイ13世とその弟のオルレアン公ガストンの地位を入れ替える陰謀を企てた。その陰謀に連座して1626年10月19日、シャレー伯は斬首刑に処せられている。なお、シュヴルーズ公爵夫人はこの時期ロレーヌに逃亡していて、その地でロレーヌ公シャルル4世と情交関係を持ったとされているためか、ロレーヌ公は彼女がフランスに戻れるように便宜を図っている。

ディエゴ・ベラスケス作 『扇を持つ貴婦人』は、シュヴルーズ公爵夫人の肖像画とされる。もっとも、他の現存する彼女の絵とは、その特徴が異なっている。

シュヴルーズ公爵夫人はフランスを巡る外国の陰謀の全てに付いて、その中心にいたとされる。ロレーヌ公国とスペインの交渉を担当したシャトーヌフ侯爵(fr)は彼女と共に陰謀を企てたが、結局彼女に変わって身を滅ぼした(1633年)。1637年、アンヌ・ドートリッシュがスペインと行っていた密書の存在が暴露されたとき、シュヴルーズ公爵夫人はスペインに国外退去するよう命じられ、イングランド、最終的にはフランドルに行き着いている。さらに、1641年にソワソン伯爵ルイ・ド・ブルボン(fr)の陰謀にも加担した。ルイ13世が崩御した時、公爵夫人がフランスに帰国することを禁じる条項を定める遺言が作成されたものの、高等法院の決定により、この条項は破棄された。

リシュリューの死後、フランスに帰国したシュヴルーズ公爵夫人は、1643年、ふたたび党派を率いて陰謀の中心となり宰相マザランと敵対した。しかし、ヴァンドーム公セザール・ド・ブルボンが追放されると、シュヴルーズ公爵夫人もまた逃亡を余儀なくされた。フロンドの乱のさい、彼女はマザランに接近したが(1649年-1650年)、1651年にフロンドの議会派および貴族派が同盟を結んだ際、貴族派に転向した。

1679年、シュヴルーズ公爵夫人は現在のセーヌ=サン=ドニ県にある修道院で死去した。

物語など[編集]

シュヴルーズ公爵夫人の波乱に満ちた生涯は、物語作家にとって好まれるところとなった。アレクサンドル・デュマ・ペールの『三銃士』や『二十年後』に彼女は登場し、作中では銃士の1人であるアトスと密通し、ラウルをもうけている。このラウルは、のち『ブラジュロンヌ子爵』の主人公となった。

ガエターノ・ドニゼッティの悲劇『Maria di Rohan』はシュヴルーズ公爵夫人とシャレーの陰謀を題材にしており、1843年6月5日にウィーンで初上演された。この作品は同年11月、パリでも上演されて成功を収めている。

その他、彼女を出演させる作品は何作か作られており、2002年にはドクター・フーの番組内で彼女が扱われた。

子女[編集]

  • アンヌ・マリー(1624年 - 1652年) - ポントーダム女子修道院長
  • シャルロット・マリー(1627年 - 1652年) - 枢機卿の愛妾
  • アンリエット(1631年 - 1693年) - ジュアール女子修道院長