ジャガー・Cタイプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャガー・C-TypeJaguar C-Type )はイギリスの高級車メーカージャガーより1951年から1953年の間販売されたレーシングカーである。

Cタイプ

概要[編集]

1948年に発表されたジャガー・XK120はその流麗なスタイリングと高性能さ、また同程度の性能を持つアストンマーチンベントレーと比べて圧倒的に安価だったことから大人気となり、ジャガーのイメージを決定付ける重要なモデルとなった。

そこで会長であるサー・ウィリアム・ライオンズ(Sir William Lyons )はスポーティなイメージをより決定的なものにするため、XK120をベースに改造したレーシングカール・マン24時間レースへ参戦することを決定した。そのために開発されたのがC-Type[1]である。XK120Cとも呼ばれるこのマシンはライオンズの思惑通り1951年および1953年にル・マンで優勝を果たし、ジャガーのイメージ向上に大きく貢献した。

メカニズム[編集]

エンジンは3.4リッターの直列6気筒DOHCで、160イギリス馬力のジャガー・XK120から205イギリス馬力にチューニングされた。4速マニュアルトランスミッションチューブラー・フレームにオールアルミボディをかぶせ、前輪のみとはいえレーシングカーとしては初のディスクブレーキを搭載した高性能車であった。

生産台数・当時の販売価格[編集]

54台が製作されたと言われている。当時の価格は6000ドルで、これはノーマルのジャガー・XK120の約2倍であった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ CはCompetition(競技)の頭文字。