ジャガー・XK120

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャガー・XK120
ロードスター
Jaguar XK120 front.jpg
Jaguar XK120 back.jpg
クーペ
Jaguar XK120 Fixedhead Coupé 1954.jpg
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドアロードスタークーペ
エンジン 直列6気筒DOHC3,442cc
160ps/5,000rpm
変速機 4速MT・フロア
駆動方式 FR
サスペンション 前:独立 ウィッシュボーン トーションバー
後:固定 半楕円リーフ
全長 4,270mm
全幅 1,550mm
全高 1,270mm
ホイールベース 2,590mm
車両重量 1,143kg
最高速度 193km/h
生産台数 12,055台
先代 ジャガー・SS100
後継 ジャガー・XK140
-自動車のスペック表-

ジャガー・XK120Jaguar XK120 )は、イギリス自動車メーカージャガーが1948年から1954年まで生産した2座席のスポーツカーである。

第二次世界大戦後では初のジャガー・スポーツカーの新型車として、1948年ロンドン自動車ショーで発表され、翌1949年に発売された。車名の「XK120」はこの車で初めて用いられ、1980年代まで生産された直列6気筒DOHCエンジンの型式名「XK」と、公称最高速度「120マイル」(193km/h)を意味する[1]。性能・デザインとも高い完成度を実現したことで、米国市場をはじめとする各国で、ジャガーの国際的名声を確立したモデルである。

概要[編集]

生産は1948年末から始まった。最初の242台はアルミニウム製であったが、生産台数を増やすためその後はスチール製となった。[2]

ボディデザインはジャガーの創業者・ウイリアム・ライオンズによるもので、ライオンズの得意とする美しいプロポーションとエレガントな曲線は戦前のSS100同様のものであった。当初はロードスターのみ、1951年にフィクストヘッドクーペ(FHC)が、1953年には巻き上げ式ウィンドウと内張付きソフトトップを持つドロップヘッドクーペ(DHC)が加わった。

エンジンはアルミ製シリンダーヘッドにツインSUキャブレターを装備した直6 DOHCと、当時としては進んだ設計で、排気量は3,442cc、XKエンジンと呼ばれ、標準の圧縮比8:1で160馬力を発揮した[3]。XKエンジンのハイスペックと大排気量は、性能確保に必要な出力から逆算して設定されたもので、大排気量車への課税が厳しいイギリス市場よりも、アメリカ市場での商品性を視野に入れたクラス設定であった。このエンジンはその後3,800cc、4,200ccに拡大され、また逆に縮小版の2,400cc型も作られるなどして、1980年代半ばのジャガー・XJ6の時代までのジャガー各車種に使われ続けた。

サスペンションは前輪独立、ボール循環式ステアリングはコラムの長さが調節可能だった。ブレーキはディスクブレーキ開発前の時代であり、四輪油圧ドラム式であったが、やはり高性能をフルに発揮するとフェード現象が起きやすかった。ドアには取っ手がなく、内側の紐を引いて開閉した。

ワイヤホイールは1951年以降オプション装着品であったが、その場合センターロックナットが干渉するため、リアフェンダーのスパッツは装着されなかった。もう一つのオプションはSE(Special Equipment)と呼ばれるパッケージで[4]、高出力エンジン、固められたサスペンション、デュアルエグゾーストシステムを装着していた。

自動車雑誌「ザ・モーター」が1949年にロードスターを計測したところ、最高速度は200.5km/h(124.6mph}、0-60マイル加速10.0秒の高性能を記録、当時の価格は£1,263であった。2,000ccで性能的にはやや劣ったアストンマーチン・DB2が4シータークーペとはいえ£1,914もしたことを考えれば性能の割りに格安という、戦前SS車以来のジャガーの伝統は生きていた[5]。 

卓越した高性能を誇るXK120はモータースポーツにも活躍し、1950年のル・マン24時間レース12位入賞[6]や、有名なワークス・ラリーカーの登録番号「NUB120」による1950-1951年のアルパイン・ラリー連続優勝など、多くの戦果を挙げ、速度記録も樹立した。

XK120は1954年に改良型のジャガー・XK140にバトンタッチされるまでに12,120台が生産され、外貨不足に悩んでいた当時の英国の事情から、その90%以上がアメリカを中心に海外輸出された。アメリカでは当時のスポーツカーブームの中心車種の一つとなり、ハリウッドスターのハンフリー・ボガートイングリッド・バーグマンクラーク・ゲーブルらもXK120を愛用した。当時の日本にも駐留米軍人らが比較的多数持ち込み、当時の自動車マニアの垂涎の的となった。

注釈[編集]

  1. ^ 本文にある通り、フロントスクリーンを倒せば200km/hに達し、当時最速の生産車の一つであった。
  2. ^ ドア・ボンネット・トランクリッドはその後もアルミ製だった。
  3. ^ ガソリンの質が低い地域向けには圧縮比7:1も用意された。
  4. ^ アメリカでは「Mバージョン」と呼ばれた。
  5. ^ 1949年5月31日の生産型記者発表の日、出席者たちは空路ベルギーに招かれ、当時欧州大陸最良の舗装直線路であったヤベック(Jabbeke )の公道でのデモンストレーションに立ち会った。白の左ハンドル型ロードスター(車台番号670002)はテストドライバーのロン・サットンの操縦により213.393km/h(132.596mph)に到達、さらにその直後、XKエンジンの柔軟性を披露するため、出席者たちの前をトップギアのまま16km/h(10mph)で走行した。XKはロングストローク型エンジンで、極めてフレキシビリティに富む特性を備えていたのである。
  6. ^ ウイリアム・ライオンズはこの健闘ぶりを見て、XK120ベースのレーシングスポーツカー・Cタイプの開発を決断し、1951年・1953年に優勝を飾った。

参考文献[編集]