ジャガー・XKSS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャガー・XKSS
XKSS
Jaguar XKSS 1957.jpg
販売期間 1957年
乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン 直列6気筒DOHC3,442cc
変速機 4速MT
駆動方式 FR
サスペンション 前 ダブルウィッシュボーン+トーションバー
後 トレーリングリンク+トーションバー
全長 3,990mm
全幅 1,660mm
全高 1,120mm
ホイールベース 2,300mm
車両重量 920kg
-自動車のスペック表-

XKSSは、イギリス自動車メーカージャガー1957年に生産した2座席のスポーツカーである。

概要[編集]

1954年から製造されたレーシングカーDタイプのショートノーズ版をベースに一般路上向けロードゴーイングバージョンとして製作された。エンジンやメカニズムはDタイプと全く同じだが、日常での使用を考慮しボディおよび内装に手が加えられていた。外装ではフィンと、運転席と助手席を隔てていたフレームが取り払われ、助手席側にもドアが設けられた。ただしトランクルームは設置されず、テール部分にはクロームメッキのトランクキャリアが取り付けられた。風防はフロントウインドウに取って代わられ、ソフトトップも備えた。内装は快適性を向上させるべく革張りのシートが用意された。

1957年2月12日夜に発生したブラウンズレイン工場の火災により在庫も治具も焼失してしまい、生産中止を余儀なくされた。そのため生産台数は16台(加えてDタイプからのコンバージョンが2台製作された)に過ぎない。そのため、現在ではクラシックジャガーの中でも最も稀少価値のある車の中の1台として知られている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『ワールドカーガイド12ジャガー』ネコ・パブリッシングISBN4-87366-105-6