ジェレミー・ブレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェレミー・ブレット
Jeremy Brett
本名 Peter Jeremy William Huggins
生年月日 1933年11月3日
没年月日 1995年9月12日(満61歳没)
出生地 イングランドの旗 イングランドウォリックシャー
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 俳優
活動期間 1954年 - 1995年
配偶者 アンナ・マッセイ(1958年 - 1962年)
ジョアン・ウィルソン(1976年 - 1985年)
主な作品
映画
マイ・フェア・レディ
テレビドラマ
シャーロック・ホームズの冒険

ジェレミー・ブレットJeremy Brett, 本名:Peter Jeremy William Huggins, 1933年11月3日 - 1995年9月12日) は、イギリス俳優

来歴・人物[編集]

生い立ち[編集]

イングランドウォリックシャー州(現在はウェスト・ミッドランズ)バークスウェルに、州地方長官の息子として生まれる。出生年月は諸説あり、1933年11月3日または12月3日に生まれたとされる。1935年に生まれたとの出典も存在する。

一族は食品会社キャドバリー社の経営者一族であったため、ブレットは恵まれた環境で育った。パブリック・スクールの名門イートン校に進むが、在学中はディスレクシアのために苦労したという。

舞台・映画での活動[編集]

セントラル・スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマで演技を学び、1954年マンチェスターで初舞台を踏む。俳優となったことでの家名の不名誉を避けるべしとの父の要求により、初めて着たスーツのラベルに書かれていた「Brett & Co.」という店名に因み「ジェレミー・ブレット」という芸名を名乗る。ナショナル・シアター・カンパニーに参加したこともあり、舞台出演が多い。1980年、舞台でジョン・H・ワトスンを演じたこともある(シャーロック・ホームズ役はチャールトン・ヘストン)。

1958年に女優のアンナ・マッセイ(俳優レイモンド・マッセイの娘)と結婚したが、1962年に離婚。マッセイによると、離婚の理由はバイセクシャルのブレットが男性と不倫したためだという。マッセイとの間に生まれた息子のデイヴィッド・ハギンズはイラストレーター小説家となった。

ブレットは1960年代から多くのテレビドラマにも出演した。1966年の『三銃士』や、ローレンス・オリヴィエがシャイロックを演じた1973年の『ヴェニスの商人』などが有名である。

また、1964年に出演した映画『マイ・フェア・レディ』では、オードリー・ヘップバーン演じる主人公に思いを寄せる若き貴族フレディを演じた。ちなみに、ブレット演じるフレディがイライザの住む家を見上げるシーンで、有名なナンバー「君住む街角」(On the Street Where You Live)が歌われている。

1969年の映画『女王陛下の007』ではジェームズ・ボンド役の候補に名前が挙がるが、結局ジョージ・レーゼンビーがボンド役を獲得した。また、『007 死ぬのは奴らだ』のオーディションも受けたが、結局ボンド役を得ることはなかった。

1969年から1976年まで俳優のゲイリー・ボンド英語版と交際する。1970年代後半にはポール・シナー英語版とも交際した。

シャーロック・ホームズ[編集]

舞台や映画などで幅広く活動を展開したブレットだが、1984年より放映されたグラナダテレビ版(日本ではNHKで放映)の『シャーロック・ホームズの冒険』でのシャーロック・ホームズ役が特に有名である。

原作からイメージされるホームズの風貌や仕草、性格を完璧に体現し、これ以上のハマり役はいないと高く評価された。ブレットのホームズは史上最高であると高く評価されており、伝説のホームズ俳優であるウィリアム・ジレットや、英国のホームズファン協会の公認する唯一の俳優といわれたピーター・カッシング、数多くの映画でホームズを演じたベイジル・ラスボーンをも凌ぐとされる。アメリカ合衆国の著名な演劇評論家であるメル・ガッソウ英語版は「息を呑むほどの分析力、奇怪な変装術、落ち着いた雰囲気、複雑極まりない事件を解決するという熱意。ブレットこそは理想的なホームズである」とブレットのホームズ役を絶賛している。

1976年にはアメリカ人のプロデューサー、ジョアン・ウィルソンと再婚。1985年にウィルソンが癌で亡くなった後は再婚することはなかった。

双極性障害の悪化[編集]

ブレットは双極性障害を患っており、症状はウィルソンの死後に悪化した。不幸なことに、ウィルソンの晩期と「ホームズの死」がテーマとなる放送回を撮影していた時期とが重なってしまい、そのことがブレットをより精神的に困難な状況に導いた。ウィルソンの死後、約1年間『シャーロック・ホームズ』の撮影を休んだ。1986年には新しいエピソードの撮影を開始するが、過酷な撮影スケジュールが深い悲しみの中にいたブレットをますます混乱させ消耗させる結果になった。

人生の最後の10年間では、完全な躁鬱病となる。医者からリチウム錠を処方されたブレットは、この薬が自分にとって何の助けにもならないとは知りながらも、病気と少しでも上手く付き合うために服用を続けた。やがて精神的に危機的状態を迎えたブレットは、何度か入退院を繰り返す。『シャーロック・ホームズ』シリーズの完結に向かいながらも、ブレットの健康はますます損なわれ、その影響はブレットの外観にも明らかに現れるようになった。

リチウム塩副作用によって体重増加と水分貯留が起こり、次第にブレットの動きは緩慢なものとなる。それによって、劇中でのホームズとしての演技も変化した。

ブレットの心臓弁には幼少期にかかったリウマチ熱による後遺症があり、ブレットの心臓は通常の成人男性のおよそ2倍の大きさであった。これらの健康上の問題からホームズを演じることはますます困難となり、撮影セットでは酸素マスクを手放せなくなる。そのような中でも、ブレットはたった一言「But, darlings, the show must go on(直訳:しかし諸君、ショーは続けねばならない)」とだけ答えたという。

晩年[編集]

最晩年の数年間にはブレットは率直に病気について語り、人々が病の兆候を認識し必要な助けを求めるよう励ましを送り続けた。

1995年9月12日心不全のためロンドンの自宅で亡くなる。享年61。ブレットが亡くなった1か月後の同年10月12日には、元恋人のゲイリー・ボンドも後天性免疫不全症候群のために亡くなった。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビドキュメンタリー[編集]

  • More Loverly Than Ever
※『マイ・フェア・レディ』のメイキング番組。ホストとして出演。DVD『マイ・フェア・レディ スペシャル・エディション』に収録されている。NHKで放送されたこともあった。

外部リンク[編集]