ベイジル・ラスボーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベイジル・ラスボーン
Basil Rathbone
Basil Rathbone
本名 Philip St. John Basil Rathbone
生年月日 1892年6月13日
没年月日 1967年7月21日(満75歳没)
出生地 トランスヴァール共和国の旗 トランスヴァール共和国ヨハネスブルグ
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
国籍 イギリスの旗 イギリス
身長 187 cm[1]
職業 俳優
ジャンル 映画・テレビ
活動期間 1921年 - 1967年
配偶者 Ethel Marion Foreman (1914 - 1926) ※離婚
Ouida Bergère (1926 - 1967)

ベイジル・ラスボーン(Basil Rathbone、1892年6月13日 - 1967年7月21日)は、トランスヴァール共和国(現在の南アフリカ共和国北部)ヨハネスブルグ出身のイングランド人で、主にアメリカで活躍した俳優。アメリカでは最高のシャーロック・ホームズ俳優として高名である。怪奇ホラーのスターとしても知られる。

経歴[編集]

南アフリカのヨハネスブルグ出身のイギリス人。イギリスで教育を受けた後、1910年代にイギリスの舞台で俳優として活動を始め、第一次世界大戦への従軍を挟んで、1920年代にはアメリカに渡り、ブロードウェイの舞台に立つようになる。その後、ハリウッドにおいて『ロミオとジュリエット』(1936年)、『放浪の王者』(1938年)でアカデミー賞助演男優賞にノミネート。『フランケンシュタインの復活』(1939年)では、ボリス・カーロフベラ・ルゴシの2大怪奇スターを脇に配して主演するなど、トーキー映画初期のスターの一人であった。

1939年、『バスカヴィル家の犬』の映画化作品でワトソン医師役のナイジェル・ブルースと共にシャーロック・ホームズを演じ、以降、1946年まで14本の映画でブルースとのコンビでホームズを演じた、その後もラジオドラマ等でホームズを演じ、アメリカでは最高のホームズ俳優として、現在に至るまで伝説的存在である。

しかし、彼自身はホームズの人気が先行することに不服だった。彼は、ラスボーンでなく「シャーロック・ホームズ」のサインをもとめられる様な扱いに耐え続けなくてはならなかった。ワーナー・ブラザース社とラジオの放送局との契約が同時に切れたのを好機として、ホームズ役を降板、多くのファンとナイジェル・ブルースを嘆かせた。

その後、ハリウッドでいくつかのシェイクスピア映画に主演、俳優として一定の成功をおさめると、ホームズもまた自分の重要な役歴のひとつとして受け入れるようになり、いくつかのラジオドラマでホームズ役を演じている。

夫人との結婚記念日を記念したオリジナルの舞台が、ホームズを演じた最後になった。この時、ナイジェル・ブルースにもワトソン役を依頼し、ブルースもおおいに乗り気だったが開幕の数週間前に病に倒れ(1953年没、58歳)、名コンビの復活は果たされなかった。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1925 新妻の秘密
The Masked Bride
アントワーヌ
1926 死線を潜りて
The Great Deception
リジオ
1930 近代恋愛帖
The Lady Surrenders
エドワード
1935 孤児ダビド物語
The Personal History, Adventures, Experience, & Observation of David Copperfield the Younger
マードストーン氏
アンナ・カレニナ
Anna Karenina
カレーニン
ポンペイ最後の日
The Last Days of Pompeii
ポンティウス・ピラトゥス
嵐の三色旗
A Tale of Two Cities
Marquis St. Evremonde
海賊ブラッド
Captain Blood
Levasseur
1936 ロミオとジュリエット
Romeo and Juliet
ティボルト
沙漠の花園
The Garden of Allah
フェルディナンド・アンテオニ伯爵
1937 血に笑ふ男
Love from a Stranger
ジェラルド・ロヴェル
告白・殺意の瞬間
Confession
マイケル
トヴァリッチ
Tovarich
Dimitri Gorotchenko
1938 マルコ・ポーロの冒険
The Adventures of Marco Polo
アフメド
ロビンフッドの冒険
The Adventures of Robin Hood
ガイ・オブ・ギスボーン
放浪の王者
If I Were King
ルイ11世
突撃爆撃隊
The Dawn Patrol
ブランド
1939 フランケンシュタインの復活
Son of Frankenstein
ウォルフ・フォン・フランケンシュタイン男爵
恐怖のロンドン塔
Tower of London
リチャード(グロスター公)
1940 快傑ゾロ
The Mark of Zorro
エステバン・パスケレ
1944 世紀の女王
Bathing Beauty
ジョージ・アダムス
情炎の海
Frenchman's Creek
ロッキンガム公
1945 シャーロック・ホームズ 緑の女
The Woman in Green
シャーロック・ホームズ
1946 シャーロック・ホームズ 闇夜の恐怖
Terror by Night
シャーロック・ホームズ
シャーロック・ホームズの殺しのドレス
Dressed to Kill
シャーロック・ホームズ
1954 豪傑カサノヴァ
Casanova's Big Night
ルシオ/ナレーター
1955 俺たちは天使じゃない
We're No Angels
アンドレ
1956 ダニー・ケイの黒いキツネ
The Court Jester
サー・ラヴェンハースト
悪魔の生体実験
The Black Sleep
サー・ジョエル・カドマン
1958 最後の歓呼
The Last Hurrah
ノーマン・キャス・シニア
1962 魔法の剣
The Magic Sword
ロダク
黒猫の怨霊
Tales of Terror
カーマイケル
1965 原始惑星への旅
Voyage to the Prehistoric Planet
ハートマン教授
1966 ヘブンリービキニ
The Ghost in the Invisible Bikini
レジナルド・リッパー

備考[編集]

シャーロック・ホームズ役を演じた時期が主に第二次世界大戦中であった為に、日本では1本も劇場公開されなかったのみならず、テレビ放映の記録もない。その為、日本ではホームズ俳優としての認知度は高くない。21世紀になって、オリジナル作品『シャーロック・ホームズの殺しのドレス』(1946年)が廉価版DVDとしてリリースされた。

脚注[編集]

  1. ^ How tall was Basil Rathbone” (英語). How-Tall.com. 2014年3月2日閲覧。

外部リンク[編集]