背中の曲がった男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
背中の曲がった男
著者 コナン・ドイル
発表年 1893年
出典 シャーロック・ホームズの思い出
依頼者 オルダーショット警察?
発生年 不明
事件 バークレー大佐殺人事件
テンプレートを表示

背中の曲がった男」(せなかのまがったおとこ、The Crooked Man)は、イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルによる短編小説。シャーロック・ホームズシリーズの一つで、56ある短編小説のうち20番目に発表された作品である。イギリスの「ストランド・マガジン」1893年7月号、アメリカの「ハーパーズ・ウィークリー」1893年7月8日号に発表。同年発行の第2短編集『シャーロック・ホームズの思い出』(The Memoirs of Sherlock Holmes) に収録された[1]

新潮文庫旧版での題名は「かたわ男」。

あらすじ[編集]

バークレー大佐の殺人事件をシャーロック・ホームズが調査する。大佐が死亡する前、夫人と激しく口論する声が聞こえ、大佐の死体が発見された横では夫人が気を失って倒れていた。

大佐の死体はモーニングルームという、庭に出られる部屋で発見された。事件のあった晩、夫人がモーニングルームに入り、女中にお茶を持ってくるように頼む。その間に大佐が帰ってきたのだが、お茶を持ってきた女中が、部屋には鍵がかけられ、大佐と夫人が激しく口論しているのを聞く。女中は料理女と馭者を呼びに行ったが、まだ激しい口論は続いていた。突然、恐ろしい男の叫び声とガシャンという音、そして女の悲鳴が聞こえたので、馭者は外から部屋に入り、大佐が頭から血を流して死んでいるのを見る。

警察は夫人を第一容疑者として捜査を開始するが、ホームズは夫人が事件の起こった夜、ある背の曲がった男と会っていたという事実を、夫人といっしょに外出したモリソン嬢から聞き出す。その男に会ったことで、バークレー夫人が急に夫を憎むようになったのだろうと推理し、ホームズはその男、ヘンリー・ウッドを探し出す。ホームズはワトソンを連れてヘンリーに会い、事件の真相を聞き出す。

脚注[編集]

  1. ^ ジャック・トレイシー『シャーロック・ホームズ大百科事典』日暮雅通訳、河出書房新社、2002年、343頁