シャーロック・ホームズ最後の挨拶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
His Last Bow.jpg

シャーロック・ホームズ最後の挨拶』(シャーロック・ホームズさいごのあいさつ、His Last Bow)は、イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルによる短編集。シャーロック・ホームズシリーズの一つで、五つの短編集のうち4番目に発行された作品である。1917年の発行で、イギリスの『ストランド・マガジン』1908年9月号から1917年9月号にかけて発表された7の短編、あるいは1893年1月号に発表された短編も含む8編を収録している[1]

イギリスでの初版はジョン・マレイ社から1917年10月22日に、アメリカでの初版はジョージ・H・ドーラン社から10月に出版された。短編の配列は発表順と異なり、「ウィスタリア荘」「ボール箱」「赤い輪」「ブルースパーティントン設計書」「瀕死の探偵」「フランシス・カーファックス姫の失踪」「悪魔の足」「最後の挨拶」の順番で、全8編となっていた。初版以降では、「ボール箱」の扱いが出版社によって異なる。「ボール箱」は第2短編集『シャーロック・ホームズの思い出』へ収録されることがあり、その場合はこの短編集に含まれず、全7編となる[2]。また、発表順(執筆順)に配列し直した版も発行されている。 日本語版での「ボール箱」は、翻訳の底本に使用した版により、『シャーロック・ホームズの思い出』と『シャーロック・ホームズ最後の挨拶』のどちらに収録されるかが異なっている。

短編集の冒頭にはジョン・H・ワトスンの署名が入った短い前書きがあり[3]シャーロック・ホームズが探偵業を引退し、サセックスの農場で晴耕雨読の生活をしていることが記されている。これは、「ワトスンが物語の世界から出て、読者に直接語りかけた唯一の例」である[2]

収録作品[編集]

日本語版では訳者により様々な訳題が使用されている。括弧内は『ストランド・マガジン』掲載号。

脚注[編集]

  1. ^ ジャック・トレイシー『シャーロック・ホームズ大百科事典』日暮雅通訳、河出書房新社、2002年、151頁
  2. ^ a b コナン・ドイル著、オーウェン・ダドリー・エドワーズ注・解説『シャーロック・ホームズ全集 第8巻 シャーロック・ホームズ最後の挨拶』小林司・東山あかね、高田寛訳、河出書房新社、2000年、307-308頁
  3. ^ 日本語版では出版社により収録されていないことがある。
  4. ^ この題は単行本へ収録される際、新たに付けられた。