六つのナポレオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
六つのナポレオン
著者 コナン・ドイル
発表年 1904年
出典 シャーロック・ホームズの帰還
依頼者 レストレード警部
発生年 不明
事件 ナポレオン像損壊事件
テンプレートを表示

六つのナポレオン」(むっつのナポレオン、"The Adventure of the Six Napoleons")は、イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルによる短編小説。シャーロック・ホームズシリーズの一つで、56ある短編小説のうち32番目に発表された作品である。イギリスの『ストランド・マガジン』1904年5月号、アメリカの『コリアーズ・ウィークリー』1904年4月30日号に発表。1905年発行の第3短編集『シャーロック・ホームズの帰還』(The Return of Sherlock Holmes) に収録された[1]

あらすじ[編集]

ロンドンでナポレオン・ボナパルトの石膏胸像が連続して壊される事件が発生した。1つめの像はケニントン・ロードのモース・ハドソンの店に置いてあったもの。2つめと3つめの像は、ハドソンの店から胸像を買ったバーニコット医師の自宅と、分院で壊されていた。個人的によく訪れるようになったレストレード警部からこの事件の話を聞き、ホームズは興味を持つ。

その翌日、ピット街の新聞記者ホレス・ハーカー氏の家から4つめのナポレオン像が盗み出され、更には同家の玄関先で男が殺されているのが発見された。盗み出された像は、現場から少し離れた空き地でやはり壊されていた。

レストレード警部は殺された男の身元を追い、ホームズは壊された像がどこで作られたものかを調査する。それぞれの調査の結果は1つの事実を導き出し、コロナ王女の寝室より盗まれた「ボルジアの黒真珠」を巡るベルーチ・ファミリーの悲劇を浮き彫りにする。

脚注[編集]

  1. ^ ジャック・トレイシー『シャーロック・ホームズ大百科事典』日暮雅通訳、河出書房新社、2002年、354頁