ギリシャ語通訳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギリシャ語通訳
著者 コナン・ドイル
発表年 1893年
出典 シャーロック・ホームズの思い出
依頼者 メラス氏
発生年 不明
事件 ギリシャ娘とその兄の誘拐事件
テンプレートを表示

ギリシャ語通訳」(ギリシャごつうやく、The Greek Interpreter)は、イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルによる短編小説。シャーロック・ホームズシリーズの一つで、56ある短編小説のうち22番目に発表された作品である。イギリスの「ストランド・マガジン」1893年9月号、アメリカの「ハーパーズ・ウィークリー」1893年9月16日号に発表。同年発行の第2短編集『シャーロック・ホームズの思い出』(The Memoirs of Sherlock Holmes) に収録された[1]

ワトスンシャーロック・ホームズの兄であるマイクロフト・ホームズに初めて出会う作品でもある。

あらすじ[編集]

ホームズはワトスンを連れて兄マイクロフトのいるディオゲネス・クラブへ向かい、そこでマイクロフトと同じアパートの住人でギリシャ語通訳の仕事をしているメラス氏から不可解な事件の話を聞かされる。

メラス氏は得体の知れない男に目隠しをされたままある家に連れて行かれ、通訳として脅迫の手助けをさせられた上、依頼を済ませて解放される際にも口止めをされ、そこで見たことを他人に漏らせば自分たちにはすぐにわかる、と脅されたと言う。

その話の内容から、ホームズとワトスンはギリシャから来た娘とその兄が誘拐され、何かの書類にサインすることを強要されているのだと考える。実はマイクロフトはホームズたちが来るよりも先に手がかりを掴むため新聞に広告を出しており、程無く娘の現在の居場所を知っているという情報が彼らの元に届いたのだが……。

[編集]

  • 作品の途中に、事件の犯人の一人が、棍棒ポケットから取り出すシーンがあるが、当時の洋服のポケットは、棍棒が入るほどの広さや深さがあったのか、この点が謎である。
  • 犯人の2人が、どのような経緯でコンビを組むようになったかは、最後まで明らかにされていない。

脚注[編集]

  1. ^ ジャック・トレイシー『シャーロック・ホームズ大百科事典』日暮雅通訳、河出書房新社、2002年、98頁