シャーロック・ホームズの事件簿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シャーロック・ホームズの事件簿』(シャーロック・ホームズのじけんぼ、The Case-Book of Sherlock Holmes)は、イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルによる短編集。シャーロック・ホームズシリーズの一つで、五つの短編集のうち最後に発行された作品である。1927年の発行で、イギリスの『ストランド・マガジン』1921年10月号から1927年4月号にかけて発表された12の短編を収録している[1]

イギリスでの初版はジョン・マレイ社から1927年6月16日に、アメリカでの初版はジョージ・H・ドーラン社から同日に出版された。短編の配列は発表順と異なり、「高名な依頼人」「白面の兵士」「マザリンの宝石」「三破風館」「サセックスの吸血鬼」「三人ガリデブ」「ソア橋」「這う男」「ライオンのたてがみ」「覆面の下宿人」「ショスコム荘」「隠居絵具師」の順番となっていた[2]

短編集の冒頭にはドイルによる前書きがある[3]。内容は、人気のピークを過ぎた歌手が引き際を誤ったために、いつまでも引退できない例とホームズシリーズとを重ねた危惧を述べ、シリーズ執筆の経緯を解説し、読者に対しこれでホームズとはお別れであると記して終わる。これは『ストランド・マガジン』1927年3月号に掲載されたもので、元はドイルの短編自選12作品を読者が当てる企画「シャーロック・ホームズ・コンペティション」のために書かれたものだった。そのため、短編集に収録される際、コンペティションに関する記述の削除などが行なわれている[2]

収録作品[編集]

日本語版では訳者により様々な訳題が使用されている。括弧内は『ストランド・マガジン』掲載号。

脚注[編集]

  1. ^ ジャック・トレイシー『シャーロック・ホームズ大百科事典』日暮雅通訳、河出書房新社、2002年、152頁
  2. ^ a b コナン・ドイル著、W・W・ロブスン注・解説『シャーロック・ホームズ全集 第9巻 シャーロック・ホームズの事件簿』小林司・東山あかね、高田寛訳、河出書房新社、2002年、431-432頁
  3. ^ 日本語版では出版社により収録されていないことがある。