四つの署名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
四つの署名
著者 コナン・ドイル
発表年 1890年
出典 四つの署名
依頼者 メアリー・モースタン
発生年 1888年
事件 バーソロミュー・ショルトー殺人事件
テンプレートを表示

四つの署名』(よっつのしょめい、The Sign of Four)は、アーサー・コナン・ドイルによるシャーロック・ホームズシリーズの長編小説の一つ。ホームズ作品の第2作で、第1作『緋色の研究』に目をつけたアメリカの出版社の依頼によって1890年に書かれ、『リピンコット・マガジン』に発表された[1]。『緋色の研究』と同じく2部構成で、第1章から第11章までで事件を、最後の12章で犯行に至った動機を描いている。

この小説の最後でジョン・H・ワトスンメアリー・モースタンと結婚し、ホームズとの共同生活を一度終わらせたことになっている。

題名[編集]

作品の題名として、ドイルは『四つのサイン』または『ショルトー一族の問題』という2つの候補を考えており、リピンコット・マガジンの編集長であるジョウゼフ・スタッダートに決定を委ねた。掲載時には2つを同時に使用した『四つのサイン、もしくはショルトー一族の問題』(The Sign of the Four; or, the Problem of the Sholtos)という題名となった[1]

その後、イギリスで初めて出版されたスペンサー・ブラケット社の版をはじめ、ジョン・マレイ社、ダブルデイ社など主要な出版社で『The Sign of the Four』から、冠詞の“the”が省かれた『The Sign of Four』が使用されている[1][2]

日本語の題名[編集]

日本語の題名は、新潮文庫が最初に出した訳本での『四つの署名』が定着しているが、本来 "Sign" は必ずしも署名(Signature, Autograph)を指すものだけでなく、原語では多様な解釈を許すことがミステリとしての妙味につながっているのにそれを減殺しているのではないかと意見もある。河出書房新社の訳本では『四つのサイン』という題名をとしている[3]。また、原題『The Sign of Four』とは事件にかかわった4人の符号として決めたサイン、すなわち四人の印であり、『四つの署名(サイン)』では原題が『Four Signs』となるはずであることから、『四人の署名』が原意にもっとも即したタイトルであるとする意見もある。

あらすじ[編集]

覚醒剤で退屈しのぎをしていたシャーロック・ホームズを、メアリー・モースタンが相談のために訪れた。メアリーは10年前に父親が失踪した後、6年前から年に1回正体不明の人物から真珠が贈られており、さらに面会を求める手紙が届いた話をした。ホームズとワトソンは面会に同行し、手紙の主であるサディアス・ショルトーからメアリーの父、モースタン大尉についての話を聞いた。

モースタン大尉とサディアス・ショルトーの父であるショルトー少佐は軍務でインドに駐留し、財宝を手に入れたがショルトー少佐はそれを独占した。モースタン大尉が分配を求めてショルトー少佐と口論をしている最中に事故で死亡し、ショルトー少佐は死体と財宝を隠した。父の遺言で事情を聞いたバーソロミューとサディアスの兄弟は財宝を探しつつメアリーに毎年真珠を送った。兄のバーソロミューが財宝を発見し、サディアスは反対する兄を説得してメアリーに分配することに決めた。

屋敷を訪れると、バーソロミューは密室で毒死しており、財宝は消えていた。死体の傍らには四つの署名が残されていた。ホームズとワトソンはクレオソートの匂いを利用して犬のトビーを使い追跡を行ったが、川岸から石炭ランチに乗った為、犯人の行方は判らなかった。

捜索の結果、テムズ河の造船所にいることを突き止めたホームズたちは脱出する犯人を警察船で追いかけた。毒矢を使うアンダマン諸島生まれの男・トンガは射殺され、ウスターシャー出身のジョナサン・スモールは逮捕された。スモールは逃走中に財宝を全てテムズ河に捨てており、逮捕後は事件の内容を全てホームズたちへ語った。

インド大反乱に遭遇したスモールは3人のシーク教徒と共に、ムガルの財宝を運んでいた商人を殺害し財宝を隠した。しかし見張り役の存在で殺人が明るみになり、4人は終身刑となりアンダマン諸島の刑務所に入れられたが財宝の存在は発覚しなかった。アンダマン諸島の軍を指揮していたショルトー少佐とモースタン大尉が賭けで借金を抱えていることを知ったスモールは、脱走の手助けの代わりに財宝を分配する取引を行ったがショルトー少佐は裏切り、財宝を独占した。瀕死の状態から介抱したアンダマン諸島の原住民トンガの協力で脱走したスモールは復讐の為にイギリスへ戻ったが、ショルトー少佐は病死した。バーソロミューが隠された財宝を見つけたことを知り、取り返すために侵入した際トンガがバーソロミューを殺害してしまった。

脚注[編集]

  1. ^ a b c アーサー・コナン・ドイル 『四つのサイン』 小林司、東山あかね訳、河出書房新社、1998年ISBN 4-309-61042-0 216-224頁(クリストファー・ローデンの解説)
  2. ^ アーサー・コナン・ドイル 『四つのサイン』 小林司,東山あかね訳、河出書房新社、1998年ISBN 4-309-61042-0 179-180頁(オックスフォード版の注釈)
  3. ^ アーサー・コナン・ドイル 『四つのサイン』 小林司、東山あかね訳、河出書房新社、1998年ISBN 4-309-61042-0 268頁(訳者によるあとがき)

関連項目[編集]