プライオリ学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プライオリ学校
著者 コナン・ドイル
発表年 1904年
出典 シャーロック・ホームズの帰還
依頼者 ソーニークロフト・ハックスタブル博士
発生年 不明。1900年から1903年の間
事件 ホルダーネス公爵の息子の誘拐事件
テンプレートを表示

プライオリ学校」(プライオリがっこう、"The Adventure of the Priory School")は、イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルによる短編小説。シャーロック・ホームズシリーズの一つで、56ある短編小説のうち29番目に発表された作品である。イギリスの『ストランド・マガジン』1904年2月号、アメリカの『コリアーズ・ウィークリー』1904年1月30日号に発表。1905年発行の第3短編集『シャーロック・ホームズの帰還』(The Return of Sherlock Holmes) に収録された[1]


あらすじ[編集]

私立プライオリ学校の創立者・校長のハックスタブル博士がシャーロック・ホームズの住む下宿へ訪れるが、居間へ入るなり疲労のあまり気を失ってしまう。気を取り直した博士は、彼の学校の寄宿舎から、ホルダーネス公爵の一人息子であるソルタイア卿が誘拐されたと話す。

ソルタイア卿のほか、教師のハイデッガーも失踪しており、彼の自転車もなくなっていた。

自転車のタイヤ跡[編集]

ホームズは自転車のタイヤ跡を見て、(学校へ向かったのではなく)学校から来た跡であると断言している。このように自転車の走った方向がタイヤ跡からわかるのかどうかは、研究家たちの間で議論の的となっている。作中でホームズは、勾配を通るとき前輪と後輪のどちらに重みがかかっているかでわかると説明している。ドイルが後に釈明したところによると、下り坂より上り坂のほうが通過に時間がかかるのでよりタイヤ痕が深くなり、どちらに走ったかは判断できるという。

脚注[編集]

  1. ^ ジャック・トレイシー『シャーロック・ホームズ大百科事典』日暮雅通訳、河出書房新社、2002年、285頁