ストランド・マガジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ストランド・マガジン(1894年版)

ストランド・マガジン』(The Strand Magazine )は、かつてイギリスで出版されていた月刊誌。ジョージ・ニューンズ(George Newnes1851年 - 1910年)により、家族で愉しめるように一般大衆向けに創刊され、1891年1月から1950年3月までの60年間発刊した。

略史[編集]

創刊当時、全てのページに挿絵を入れ、キャッチフレーズは「6ペンスの値段で、中身は1シリング分の月刊誌」(A monthly magazine costing six pence but worth a shilling )であった。

『ストランド・マガジン』は第二次世界大戦中に紙の配給制限を受け、雑誌のサイズ縮小などで対処するもコスト高となり、資金調達ができなくって1950年に廃刊に至る。その後、半世紀を経て『ストランド・マガジン』の名は『ストランド・ミステリー・マガジン』に変更され、世紀を越えてミステリー雑誌として出版が再開された。

作家[編集]

コナン・ドイル[編集]

コナン・ドイルによるシャーロック・ホームズシリーズを初めて掲載した雑誌として紹介される向きも多いが、1887年に第1作の長篇『緋色の研究』、1890年に第2作の長篇『四つの署名』が掲載されたのは他の雑誌である。これらは当時あまり評判にならず、第3作に当たる短篇『ボヘミアの醜聞』が『ストランド・マガジン』の1891年7月号に掲載されてから読者の支持を得るようになり、引き続き同誌から発表・連載されていく。最終的には1927年までの約35年の間に、56作がシリーズとして『ストランド・マガジン』に掲載され、ドイルとホームズは不動の人気を得ることになる。

多くの寄稿者[編集]

ドイル以外の寄稿者としては、19世紀を代表する小説家たちが名を連ねている。

挿絵画家[編集]

『ストランド・マガジン』の人気を支えた功労者として、鹿撃ち帽インヴァネス・コートという服装のシャーロック・ホームズの容貌を決定付けた挿絵画家シドニー・パジェットの存在がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]