僧坊荘園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
僧坊荘園
著者 コナン・ドイル
発表年 1904年
出典 シャーロック・ホームズの帰還
依頼者 ホプキンズ警部
発生年 1897年
事件 ブラックンストール殺人事件
テンプレートを表示

僧坊荘園」(そうぼうしょうえん、"The Adventure of the Abbey Grange")は、イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルによる短編小説。シャーロック・ホームズシリーズの一つで、56ある短編小説のうち36番目に発表された作品である。イギリスの『ストランド・マガジン』1904年9月号、アメリカの『コリアーズ・ウィークリー』1904年12月31日号に発表。1905年発行の第3短編集『シャーロック・ホームズの帰還』(The Return of Sherlock Holmes) に収録された[1]

訳者により「アベ農園」「アベイ農場」などの邦題も使用される。

また、ワトスンはこの話を最後にふたたびホームズに関する執筆をやめるつもりだった事が、「第二の汚点事件」冒頭で語られている。


あらすじ[編集]

1897年の冬、「僧坊荘園」の屋敷でユースタス・ブラックンストール卿が殺害された。ホームズワトスンはホプキンズ警部からの依頼を受け、事件の調査に当たる。

ホプキンズはランダルの3人組による連続強盗殺人の一つだと推測するが、ホームズは事件現場に残されていたワイングラスの澱と、ちぎれた呼び鈴の紐に不審を抱き、事件の真相を解明する。

脚注[編集]

  1. ^ ジャック・トレイシー『シャーロック・ホームズ大百科事典』日暮雅通訳、河出書房新社、2002年、28頁