スリークウォーター失踪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スリークウォーター失踪
著者 コナン・ドイル
発表年 1904年
出典 シャーロック・ホームズの帰還
依頼者 シリル・オーヴァートン氏
発生年 不明
事件 ストーントン失踪事件
テンプレートを表示

スリークウォーター失踪」(スリークウォーターしっそう、The Adventure of the Missing Three-Quarter)は、イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルによる短編小説。シャーロック・ホームズシリーズの一つで、56ある短編小説のうち35番目に発表された作品である。イギリスの「ストランド・マガジン」1904年8月号、アメリカの「コリアーズ・ウィークリー」1904年11月26日号に発表。1905年発行の第3短編集『シャーロック・ホームズの帰還』(The Return of Sherlock Holmes) に収録された[1]


あらすじ[編集]

ケンブリッジ大学の名スリークウォーター、ゴドフリー・ストーントンがオックスフォード大学とのラグビーの定期戦を前に突然失踪してしまった。

伯父のジェームズ卿の財産を狙った誘拐事件か、ストーントンが以前お金を支払っていたというアームストロング博士はこの事件にどう関わっているのか。

そして、ホームズの捜査は難航を極め、ストーントンの行方もつかめないまま、定期戦は行われてしまう。

事件の起こった時期について[編集]

正典には7~8年ほど前(初出の1904年を基準とすると、1896~1897年か)の2月の事件と書かれているが、この当時(1890年代)のケンブリッジとオックスフォードのラグビーの定期戦は12月に行われていたという記録がある。研究家たちはこの事件が12月に起こったと考えるものが多い。

脚注[編集]

  1. ^ ジャック・トレイシー『シャーロック・ホームズ大百科事典』日暮雅通訳、河出書房新社、2002年、185頁